ペットボトルは熱湯に溶ける?耐熱用ペットボトルについて

ペットボトルに熱湯をいれると溶けるのか?一般的なペットボトルは熱を加えると変形する性質があります。

しかしホット用のペットボトルは耐熱性があり、温度が高くなっても変形しにくくなっています。

そこでポイントになるのが何度までなら大丈夫なのかです。耐熱性と言っても100度の熱湯に耐えることはできません。また熱に強い耐熱性でも、電子レンジなどで温めることはできないので注意が必要です。

熱湯消毒をして再利用を試みるのもやめてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リモコンのボタンがベタベタして嫌!お掃除グッズややり方と対策

家の中にリモコンは結構ありますね。テレビやDVDやエアコンやリモコン、ゲーム機のコントローラーな...

夏の赤ちゃんのお風呂はシャワーのみでOK?赤ちゃんの夏の入浴

夏の暑い時期は、赤ちゃんをお風呂に入れることを大変に感じてしまうこともありますよね。気温が低い時期に...

男は身長が160台でも、包容力と着こなし次第で恋人はできます

男は外見ではなく中身だという女性もいますが、どうしても身長160台だと自信がないと感じる男性も多いで...

ポーチの中身で女子力がわかっちゃう!?必須アイテムをご紹介

ポーチの中身で女子力がわかる!?かわいいカバンの中身がグチャグチャなのは許せない!かわい...

ウォシュレットの水漏れがノズル本体からの場合の原因と対処法

ウォシュレットの水漏れで一番多いのがノズルです。ノズルからからチョロチョロとずっと水漏れしてしま...

友達に結婚式に呼ばれなかったショックな気持ちへの対処法とは

友達の結婚式に呼ばれると思っていたのに、呼ばれなかったときはやっぱりショックですよね。では、...

アリとハチの違いとは?その見分け方や共通点について解説

よく見るアリとハチは似ていると感じたことはありませんか?アリは土の上を歩いているし、ハチは飛...

カレーの甘口を辛くして大人の辛口カレーに!おすすめスパイス

小さなお子様がいるご家庭では、カレーを作る時にはお子様に合わせて甘口を選ぶご家庭が多いと思います。...

虫の対策方法!玄関・網戸・ベランダに虫が来ないようにする方法

温かい季節になると、色々な虫が活動的になってきますよね。玄関や網戸などに虫が寄ってきて、家の中に入っ...

家庭訪問はお茶とコーヒーどっちを出す?そもそも出すべきか解説

家庭訪問が迫ってくると、先生にお茶やコーヒーを出した方が良いのか悩むママもいますよね。出すとしたらお...

ハンバーグの下味を忘れた場合のアレンジのテクニックを紹介

今日の晩ごはんはみんなが大好きなハンバーグ。ハンバーグを焼いた後に、下味を付けるのを忘れたことに...

片栗粉と砂糖があれば簡単に作れるおやつレシピをご紹介します

子供のために手作りおやつを作ってあげたいと思ってもバターもないし時間もかかる、と思ってしまいますよね...

嫁の弁当が一番嬉しいと言わせよう!男性が喜ぶお弁当のコツ

「嫁の手作り弁当が一番嬉しいんだよね」そんな言葉があれば、毎朝苦労するお弁当作りも報われるという...

熟年離婚を後悔しています。こんなにも寂しいとは想像しなかった

熟年離婚を後悔する日々…。一人がこんなに寂しいものとは思わなかったと離婚を後悔する人、結構居...

洗濯機の排水溝から水溢れる原因・対策と排水溝を掃除する手順

洗濯機の排水溝から水溢れるのは一大事!すぐに対策を取らなくてはなりませんが、まずは水溢れる原因を知る...

スポンサーリンク

ペットボトルは熱湯で溶けるって本当?気になる有害性について

ペットボトルって便利ですよね。蓋がついていて、全て飲み終えなくても、蓋を閉めてカバンに入れておけば、いつでもどこでも飲み物を飲むことができます。

そんな、便利なペットボトルですから、空になったとしても、再利用したいという気持ちは良くわかります。

家にあるお茶や飲み物を入れて持ち歩けば、経済的ですよね。水筒と違い、空になったペットボトルは随分と軽く、万が一カバンに入らなくても、リサイクルゴミ箱があれば捨てて持ち帰る必要もありません。

しかしです。いくら便利だからと言って、飲み終わったそのままの状態で、すぐに別の飲み物をいれる人はそういないではず。

水洗い、できれば洗剤を入れて洗ってから使用しているという人が多いと思いますが、洗剤を入れると、なかなか泡切れしにくく、すすぐのが面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

できれば、消毒したい。そんな時に、まず思い浮かぶのが熱湯です。消毒液と違い、熱湯は、無害です。昔ながらの殺菌方法でもあります。

しかし、ペットボトルは100度には耐えきれません。熱湯を入れると、縮んだり変形してしまいます。

溶けると、有害性の物質が発生するという情報も流れていますが、これはあくまでも噂に過ぎず、ペットボトル自体に有害な物質は使われてはいないという事を覚えておきましょう。

身体に影響はありませんが、やはり変形したペットボトルは使用できないでしょう。

ペットボトルに熱湯をいれると溶ける?通常と耐熱用の違い

よって、ペットボトルを熱湯で消毒するのは、間違っています。

熱に弱いペットボトル

ホット飲料に使用されている耐熱用のペットボトルを使えば、問題ないんじゃないかと考える人もいるでしょう。

実はホット飲料に使われているペットボトルの耐熱温度は85度程度です。
お気づきかもしれませんが、100度には耐えられない。そうです。熱湯には耐えられないのです。

通常のペットボトルと同じ様に、熱湯を入れると、縮んだり変形してしまいます。
良く、鍋でグツグツ水を煮立たせた中に入れて、消毒するという人もいますが、ペットボトルで、それは行なえません。溶けて、変形してしまいます。

溶ける?ペットボトルに熱湯は耐熱用でも85度以上は変形します

通常のコールド飲料用のペットボトルの耐熱温度は何度なのかご存知ですか。正解は、50度程度です。通常の耐熱温度50度程度のペットボトルに、ホット飲料を入れるのは不可能です。

よって、ホット飲料には、耐熱用のペットボトルが使われています。一瞬で、見極めができる様に、オレンジ色のキャップがついています。

しかし、オレンジのキャップが付いてるだから大丈夫だと言って、安心して100度の熱湯を入れてしまうとやはり変形してしまいます。

100度に耐えられなければ耐熱ボトルじゃないじゃないかという人もいるかも知れませんが、100度のホット飲料が売られているということは、まずありません。

耐熱用ボトルでも100度の熱湯を入れると、ペットボトルが溶けてたり変形してしまうという事を覚えて置きましょう。80度程度のお湯を入れるのであれば、問題ありません。

耐熱用でもペットボトルを電子レンジで加熱する事はできません

電子レンジを使えば、大丈夫なのでは考える人もいると思います。折角、ホット飲料を買ったのに、飲み残しを置いていたら覚めてしまったなんて経験ありませんか。

もう一度、温かく飲みたい。そんな温め直しの際に、まず、思い浮かぶのが電子レンジだと思いますが、ペットボトルは電子レンジで加熱することはできません。耐熱用ボトルであったとしてもです。

万が一、電子レンジで蓋をしたままの状態温めてしまうと、ペットボトル自体が、破裂する可能性があります。中の液体が膨張し、圧がかかって、容器が破裂してしまいます。

では、蓋を開けて加熱すれば大丈夫だと思う人もいるでしょう。これも間違っています。中の液体が熱くなり、ペットボトル自体が溶けて変形したり、破損したりすることもあります。

湯煎して、温めるのも同様な理由でダメです。ペットボトルは熱に弱いです。ですから、どうしても温めて飲みたいという時には、耐熱用のカップなどに入れて、温めるなどをしましょう。

また電子レンジの加熱の際には火傷や突沸(急に沸騰して中身が飛び散る減少)にはくれぐれも注意しましょう。

ペットボトルの熱湯消毒、飲み物を入れての再利用はやめましょう

ペットボトルは熱湯消毒は不可能です。熱湯を使うと、溶けたり変形したりしてしまうことは、お分かりいただけたはずです。

では、どの様にすれば、ペットボトル上手に消毒し、再利用することが出来るのでしょうか。

結論から言うと、ペットボトルの再利用はやめたほうが良いです。

ペットボトルは使い捨てることを想定して作成されている

洗剤を使って洗えば問題ないのではないかと思いますが、ペットボトルを上手に洗えなかったというのは、再利用しようと思った殆どの人が、経験済みではないでしょうか。

ペットボトルは、口の部分が小さく、スポンジなどが入りません。複雑な形のペットボトルも多く存在します。水ですすぐだけでは、中までしっかりと洗うことができないのです。

一度、ペットボトルに口をつけると、細菌が中に入っていきます。中の細菌は増え続けます。2時間程度で飲み切るのであれば問題はありません。

細菌が一度中に入ったペットボトルです。あなたは、上手く洗うことが出来ないのにそのペットボトルを、本当に再利用するのでしょうか。

ペットボトルは水筒ではない、使い捨て前提で作られているという意識を持つことが大切なのかもしれません。