ペットボトルは熱湯に溶ける?耐熱用ペットボトルについて

ペットボトルに熱湯をいれると溶けるのか?一般的なペットボトルは熱を加えると変形する性質があります。

しかしホット用のペットボトルは耐熱性があり、温度が高くなっても変形しにくくなっています。

そこでポイントになるのが何度までなら大丈夫なのかです。耐熱性と言っても100度の熱湯に耐えることはできません。また熱に強い耐熱性でも、電子レンジなどで温めることはできないので注意が必要です。

熱湯消毒をして再利用を試みるのもやめてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

木のまな板の黒ずみを発見!原因と対処方法をご紹介

木のまな板を使い続けていると、だんだんと黒ずみが発生してきます。この黒ずみの原因は?予想通り...

ブリーチを失敗して染め直しをするときのコツやポイント

ブリーチで失敗した後、染め直しができるのはどのくらい経ってからなのでしょうか?色ムラや明るす...

コミュニケーション能力の低い旦那との接し方や過ごし方

旦那さんのコミュニケーション能力は低いと思っている奥さんが多いようです。なぜ、こんなにもわからないの...

グラタンは電子レンジで何分チンするとできるのかと簡単レシピ

晩ごはんに作ったグラタンが余って次の日に食べたら、冷めているので美味しくないという場合に、美味しく温...

緑茶に砂糖やミルクを入れて美味しいドリンクに!緑茶アレンジ

私達日本人は、緑茶は急須で入れてそのままの緑茶の味を楽しみます。緑茶に砂糖やミルクを入れて飲...

母親の過干渉とはどう付き合えばいい?30代女性の悩みを解決

母親の過干渉なのはどうしたらいいのでしょうか?30代であっても、親からしてみれば子どもは一生、子ども...

車のエンジンかけっぱなしはバッテリーが減る?上がる理由

車はエンジンかけっぱなしにしたままだとバッテリーが上がってしまうのでしょうか?エンジンがかかっている...

上の子にイライラしてしまう…。5歳の反抗期の乗り切り方

下のお子様が産まれて赤ちゃんのお世話に追われる中で、上の子供にイライラしてしまうと感じているママはい...

家に帰りたくないと思う学生の心理・帰りたくない理由を解説!

高校生や大学生の中には、自分の家に帰りたくないと思ってしまう子供もいます。親にしてみれば、自分の子供...

訪問営業の上手な断り方!曖昧な断り方では効果なし

ピンポーンと鳴って誰かと思いきやまさかの訪問営業。あの手この手で色々話をしてくる営業マンに対して...

洗濯機で重曹を使うと故障することも!重曹の正しい使用方法

家の中の掃除やお洗濯に大活躍してくれる重曹。人の体の中に入っても安全な物質なので、掃除や洗濯に利用し...

納豆のネバネバをスッキリ洗う方法!コレでネバネバが消えます

日本人の食卓に欠かせない食べ物の一つが「納豆」ですよね。納豆は独特のネバネバがありますが、この粘り気...

旦那も喜ぶボリュームおかず料理!簡単で美味しいレシピ集

最近は、お仕事を持つ主婦が増えてきました。仕事が終わってから夕食作りだと、時間に追われながらの料...

ポーチの中身は最低限コレを入れれば大丈夫!ポーチ整頓術

ポーチの中身は最低限でいい?とにかくドッサリ化粧品を持ち歩いてはいませんか?急いでいるのに、...

おにぎりのお弁当【幼稚園向け】子供が喜ぶおにぎりアレンジ

幼稚園のお弁当は、子供が一人でも食べやすいというのが一番です。おにぎりは小さなお子さんでも食べや...

スポンサーリンク

ペットボトルは熱湯で溶けるって本当?気になる有害性について

ペットボトルって便利ですよね。蓋がついていて、全て飲み終えなくても、蓋を閉めてカバンに入れておけば、いつでもどこでも飲み物を飲むことができます。

そんな、便利なペットボトルですから、空になったとしても、再利用したいという気持ちは良くわかります。

家にあるお茶や飲み物を入れて持ち歩けば、経済的ですよね。水筒と違い、空になったペットボトルは随分と軽く、万が一カバンに入らなくても、リサイクルゴミ箱があれば捨てて持ち帰る必要もありません。

しかしです。いくら便利だからと言って、飲み終わったそのままの状態で、すぐに別の飲み物をいれる人はそういないではず。

水洗い、できれば洗剤を入れて洗ってから使用しているという人が多いと思いますが、洗剤を入れると、なかなか泡切れしにくく、すすぐのが面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

できれば、消毒したい。そんな時に、まず思い浮かぶのが熱湯です。消毒液と違い、熱湯は、無害です。昔ながらの殺菌方法でもあります。

しかし、ペットボトルは100度には耐えきれません。熱湯を入れると、縮んだり変形してしまいます。

溶けると、有害性の物質が発生するという情報も流れていますが、これはあくまでも噂に過ぎず、ペットボトル自体に有害な物質は使われてはいないという事を覚えておきましょう。

身体に影響はありませんが、やはり変形したペットボトルは使用できないでしょう。

ペットボトルに熱湯をいれると溶ける?通常と耐熱用の違い

よって、ペットボトルを熱湯で消毒するのは、間違っています。

熱に弱いペットボトル

ホット飲料に使用されている耐熱用のペットボトルを使えば、問題ないんじゃないかと考える人もいるでしょう。

実はホット飲料に使われているペットボトルの耐熱温度は85度程度です。
お気づきかもしれませんが、100度には耐えられない。そうです。熱湯には耐えられないのです。

通常のペットボトルと同じ様に、熱湯を入れると、縮んだり変形してしまいます。
良く、鍋でグツグツ水を煮立たせた中に入れて、消毒するという人もいますが、ペットボトルで、それは行なえません。溶けて、変形してしまいます。

溶ける?ペットボトルに熱湯は耐熱用でも85度以上は変形します

通常のコールド飲料用のペットボトルの耐熱温度は何度なのかご存知ですか。正解は、50度程度です。通常の耐熱温度50度程度のペットボトルに、ホット飲料を入れるのは不可能です。

よって、ホット飲料には、耐熱用のペットボトルが使われています。一瞬で、見極めができる様に、オレンジ色のキャップがついています。

しかし、オレンジのキャップが付いてるだから大丈夫だと言って、安心して100度の熱湯を入れてしまうとやはり変形してしまいます。

100度に耐えられなければ耐熱ボトルじゃないじゃないかという人もいるかも知れませんが、100度のホット飲料が売られているということは、まずありません。

耐熱用ボトルでも100度の熱湯を入れると、ペットボトルが溶けてたり変形してしまうという事を覚えて置きましょう。80度程度のお湯を入れるのであれば、問題ありません。

耐熱用でもペットボトルを電子レンジで加熱する事はできません

電子レンジを使えば、大丈夫なのでは考える人もいると思います。折角、ホット飲料を買ったのに、飲み残しを置いていたら覚めてしまったなんて経験ありませんか。

もう一度、温かく飲みたい。そんな温め直しの際に、まず、思い浮かぶのが電子レンジだと思いますが、ペットボトルは電子レンジで加熱することはできません。耐熱用ボトルであったとしてもです。

万が一、電子レンジで蓋をしたままの状態温めてしまうと、ペットボトル自体が、破裂する可能性があります。中の液体が膨張し、圧がかかって、容器が破裂してしまいます。

では、蓋を開けて加熱すれば大丈夫だと思う人もいるでしょう。これも間違っています。中の液体が熱くなり、ペットボトル自体が溶けて変形したり、破損したりすることもあります。

湯煎して、温めるのも同様な理由でダメです。ペットボトルは熱に弱いです。ですから、どうしても温めて飲みたいという時には、耐熱用のカップなどに入れて、温めるなどをしましょう。

また電子レンジの加熱の際には火傷や突沸(急に沸騰して中身が飛び散る減少)にはくれぐれも注意しましょう。

ペットボトルの熱湯消毒、飲み物を入れての再利用はやめましょう

ペットボトルは熱湯消毒は不可能です。熱湯を使うと、溶けたり変形したりしてしまうことは、お分かりいただけたはずです。

では、どの様にすれば、ペットボトル上手に消毒し、再利用することが出来るのでしょうか。

結論から言うと、ペットボトルの再利用はやめたほうが良いです。

ペットボトルは使い捨てることを想定して作成されている

洗剤を使って洗えば問題ないのではないかと思いますが、ペットボトルを上手に洗えなかったというのは、再利用しようと思った殆どの人が、経験済みではないでしょうか。

ペットボトルは、口の部分が小さく、スポンジなどが入りません。複雑な形のペットボトルも多く存在します。水ですすぐだけでは、中までしっかりと洗うことができないのです。

一度、ペットボトルに口をつけると、細菌が中に入っていきます。中の細菌は増え続けます。2時間程度で飲み切るのであれば問題はありません。

細菌が一度中に入ったペットボトルです。あなたは、上手く洗うことが出来ないのにそのペットボトルを、本当に再利用するのでしょうか。

ペットボトルは水筒ではない、使い捨て前提で作られているという意識を持つことが大切なのかもしれません。