夏の赤ちゃんは肌着なしでもOK?赤ちゃんの夏の服装を解説

夏の暑い時期は、赤ちゃんにたくさん衣類を着せると暑いのではないかと心配になってしまうママもいるのではないでしょうか。

夏は肌着なしで過ごしても大丈夫ではないかと感じることもあることでしょう。

ここでは、夏の赤ちゃんの服装についてお伝えします。夏の気温が高くなる時期の肌着や服装、まだ気温が上がる前の初夏の服装など、肌着と服装のポイントについてお伝えします。

大切な赤ちゃんの体調を管理するためにも、ママが愛情を持ってお世話してあげてください。

赤ちゃんは自分で体温を調節することができません。ママが大切に育ててあげることで、赤ちゃんを元気に育ててあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

たくあんが黄色いのはなぜ?たくあんが黄色いのにはこんな理由が

たくあんが黄色なのはどうしてかを知っていますか?なぜ、白い大根が黄色に!?これにはき...

腹筋のやり方は呼吸が大切!正しい呼吸法をマスターしましょう

お腹周りが気になってきたことが原因で「腹筋を始めよう」と思う人も多いでしょう。しかし、正しい...

夏の赤ちゃんのお風呂はシャワーのみでOK?赤ちゃんの夏の入浴

夏の暑い時期は、赤ちゃんをお風呂に入れることを大変に感じてしまうこともありますよね。気温が低い時期に...

ダンスのヒップホップにふさわしい髪型って何がある

ダンスは数多く種類がありますが、その中でもヒップホップは服装や髪型もクールにすることで、より魅せるダ...

車とのすれ違いのコツと注意点を掴んで安全運転しよう

初心者や運転が慣れないペーパードライバーの場合、狭い道で対向車とすれ違いをするときって、ぶつからない...

カプチーノの美味しい作り方、簡単にフワフワ泡を作るコツ

カプチーノは女性を中心に人気の飲み物ですよね。コーヒーにふんわりとした泡がクリーミーで美味しいド...

免許返納は若者にメリットはある?免許返納の方法や特典について

免許を返納する高齢者が増えてきていますが、免許を若者が返納することも可能なのでしょうか?実は...

家で趣味を女性一人でも楽しむ!インドア派向けのオススメを紹介

家でできる趣味なら女性一人でも簡単に楽しむことができます。家に居るとついダラダラしてしまうという人も...

風船を割る方法とは静かに割る方法や確実に早く割る方法をご紹介

幼稚園や小学校の運動会、クラスレクなどでよく行われる風船割り。風船をすばやく割る方法にはどのようなも...

価値観を押し付ける親に困ったときの対処法と抜け出す方法とは

価値観を押し付けてくる親に対して、どうしたらいいのか悩んでいる人もいるかもしれませんね。では...

家庭菜園の大根が辛い原因と甘い大根を育てるコツ

家庭菜園で作った大根を食べると、いつもスーパーで食べる大根とは違い、びっくりするくらい辛い大根になっ...

絶品焼きおにぎりをバーベキューで食べるためには下準備が必要

バーベキューの最後に食べる焼きおにぎりはとても美味しいですよね。でももっとおいしく食べるため...

スイカを収穫するタイミングを見分ける方法と美味しい食べ方

スイカを育てている人は、一番美味しいタイミングでスイカを収穫したいと思いますよね!熟した状態のスイカ...

豚肉の炒め物はお弁当に最適!冷めても美味しい!野菜も一緒に!

お弁当を作る時に気を付けていることはありますか?やはり肉・魚・野菜のバランスではないでしょう...

レザーのバッグの臭いが臭い!臭いを取り除く方法とお手入れ方法

久しぶりに取り出してレザーのバッグを使おうと思ったら「なんだか臭い!」こんな経験をしたことがある人も...

スポンサーリンク

夏は暑いから肌着なしでもOK?赤ちゃんは夏でも肌着が必要

「赤ちゃんの服装は、大人より1枚薄いくらいで丁度良い。」
出産した病院や育児書などで、そのような話を耳にしたことはありませんか?
寒い季節なら大人より1枚薄着にすることが出来ますが、暑い夏の季節になると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

夏場の大人の服装は、「肌着+夏服」ということが多いですよね。
ここから1枚減らすとなると、肌着だけ、もしくは夏服一枚ということになってしまいます。
大人の感覚で行くと、減らすなら肌着となってしまいますよね。

汗をたくさんかく夏や行事こそ、赤ちゃんに肌着は必要です。

肌着には汗を吸い取るという役割があります。
特に赤ちゃんの場合は、身体も小さく未熟で、一定の体温を保つことが難しいのです。
肌着が無くて汗が肌に残ったままでは、汗が乾く時に体温を奪われてしまい、体調を崩す原因になってしまいます。赤ちゃんだけではなく、体を冷やしやすい大人にも、肌着はとてもおすすめです。

夏の赤ちゃんの服装・家の中は肌着なしOK?家の中は肌着のみでもOK

赤ちゃんの服装でママが悩むのは、寒い季節よりも夏の暑い時期の方が多いのでは無いでしょうか。

薄着にしてあげたいけど、「大人よりも一枚薄い」を基準にすると迷ってしまいますよね。
しかし、それほど悩む必要はありません。
大人だから洋服を着ているべきと思ってしまうだけです。

夏の暑い時期には、赤ちゃんなら肌着一枚が良いでしょう。

ハイハイもまだの低月齢の赤ちゃんなら、尚更です。
この時期は外に出る機会もそう多くはありませんよね。
自宅で過ごすことが多いので、短肌着一枚が快適に過ごせる服装でしょう。

新生児の時には短肌着となりますが、それ以降におすすめなのはロンパース型の肌着です。
私の子供が赤ちゃんの時に愛用していました。
赤ちゃんが少し動き出すようになると、短肌着ははだけてしまいお腹の冷えが気になりませんか?
ロンパース型ならお腹をしっかりとカバーできますし、短肌着よりも可愛いデザインが多いのでとてもおすすめです。

しかし、どんなに可愛いデザインでも肌着だけで外出というのは躊躇してしまいますよね。
外出の時には、「肌着+ベビー服」が良いでしょう。
出来るだけ生地が薄く通気性の良いベビー服を選んでくださいね。
熱がこもるような服は、暑い季節にはおすすめできません。

また、汗を吸い取って湿った肌着を着たままでは、肌着を着せている意味が失くなってしまいます。
出かける時には、着替え用の肌着を一枚持って出るのがおすすめですよ。

もしも、汗をかいたらいつでも汗を拭き取って着替えが出来るというなら、ベビー服だけでも良いかもしれません。
重ね着するよりも1枚の方が涼しいのは事実です。

ただし、肌着よりもベビー服の方が持ち運びでかさばるのは否めません。
また、肌の弱い赤ちゃんの場合には、肌に直接ベビー服を着るよりも肌着の方が良いとされています。

肌着なしはNG?赤ちゃんの肌着は素材や形で選ぼう

夏場の暑い時期には、赤ちゃんも暑そうなので肌着なしで良いのかなと思いがちですが、暑くて汗をかいてしまう時期ほど、肌着が大切です。

では、どの様な肌着が良いでのでしょうか?

もっともメジャーなのは綿100%の商品でしょう。
通気性や吸水性、保温性に優れています。

しかし、夏の暑い季節という点を考慮するなら、通気性と速乾性の高いメッシュ生地やガーゼ生地などもおすすめです。

また、パイル生地で出来た肌着もあります。
メッシュやガーゼに比べると吸水性に優れていますが、保温性も高い商品です。
綿やパイル生地の肌着は、保温性も高いのでとても暑い日には1枚だけ着る方が良いかもしれません。

赤ちゃん用肌着では素材の他に形にも気をつけたいですね。

ランニング型などはとても涼しそうですが、脇の汗を吸収出来ないというデメリットがあるので、半袖型の方がおすすめです。

また、赤ちゃんの肌はとてもデリケートですから、縫製にも注意しましょう。
タグや縫い目が表側になっているものがおすすめです。

夏の気温に併せて赤ちゃんの服装を決めよう

赤ちゃんの服装を決める時には、気温や環境を考慮して選ぶのがおすすめです。

自宅で過ごす時には肌着一枚がやはり、もっとも過ごしやすい服装でしょう。
しかし、同じ家の中でもしっかりとエアコンが効いて居るような場所なら、もう一枚着るのが良いでしょう。
初夏位の厚さならドレスオールやカバーオールなどでも良いと思います。
しかし真夏の暑い日なら、ドレスオールやカバーオールでも薄手のものにするか、ロンパースが良いでしょう。

外出時には、徒歩の他にも、移動に電車やバス、車などを使うと思います。
家の中とは違って環境がどんどん変わりますから、いつでも調節できるようにサッと羽織れる物を用意しておくのがおすすめです。

汗っかきの赤ちゃんは肌着と背中の間にガーゼを挟んであげるのもおすすめ

赤ちゃんは体温調整がまだまだ未熟です。
ちょっとした汗で体を冷やしてしまいます。
なのに、あかちゃんはとても汗っかきですよね。

汗っかきな赤ちゃんとお出かけする時には、肌着を多めに持って出かけると思います。
ですが、たくさんの肌着を持つと荷物が重くなってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのは、「ガーゼ」です。
産湯で使うので、赤ちゃんのいるお宅にはたいていありますよね。

乾いたガーゼを肌着と背中の間に挟んでみてください。
ガーゼが先に汗を吸い取ってくれますよ。
ガーゼなら引き抜くだけで取り除けますし、新しいガーゼを入れるのもそれほど手間がかかりませんよね。
さらに、持ち運びも肌着よりはずっと軽くコンパクトにすることが出来ます。

また、家でもお役立ちですよ。
赤ちゃんは寝汗も凄いですよね。
ガーゼなら着替えさせなくても、そっと抜き取るだけでOKなんです。

外遊びで汗をかくような時にもお役立ちの方法で、カーゼを薄手のタオルなどに替えると幼稚園くらいまで使える裏技です。

赤ちゃんの服装は、気温や環境はもちろんですが、生活スタイルも考慮して選ぶようにしましょう。
肌着は汗を吸い取るので夏にはとても重宝しますが、絶対に着なくてはいけないわけではありません。
重要なのは、汗が赤ちゃんの体についたままにならないことです。
赤ちゃんの様子を見ながら、いろいろ工夫してみてくださいね。