朝の支度が遅い子供が自分から動けるようになる方法

小さなお子様がいるご家庭の朝は、毎朝ドタバタというお宅が多いと思います。朝起きても、ボーッとして準備の進まないお子様に、「早く準備しなさい!」とか「手、止まってるよ!」とか「○○は持ったの?」など、自分の準備よりも、子供の準備にパワーを使って、ヘトヘトになってしまう方も多いと思います。そんな朝の支度が遅いお子様に、朝の準備を早くさせることはできるのでしょうか?
そこで、朝の支度が遅いお子様への接し方や、準備を早くするためのアドバイスをご紹介します。子供が、自主的に準備をしてくれるようにする方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベランダにすだれを設置する方法。マンションでも使える付け方

夏の強い日差しは室内の温度をどんどんと上げてしまいます。日本に昔からあるすだれを暑さ対策として、最近...

サッカーの練習メニューは楽しい!も取り入れると上手くなる

サッカーの練習メニューを楽しいものにするにはどうしたらいいのでしょうか?楽しい練習メニューと楽しくな...

肉じゃがの残りをお弁当に入れる時の注意点とアレンジレシピ

肉じゃがはよく食卓に上がる料理の一つですよね。和食の定番で、大人にも子供にも人気のおかずです。...

中学受験で学校説明会に行かないと後悔することになります

中学受験する子供が参加型のイベントに出席し受験が確定しているなら、親が学校説明会に行かなくてもいいの...

指しゃぶり、いつまで?中学生になってもやめられない時の対処法

指しゃぶり。赤ちゃんの指しゃぶりではなく、小学生や中学生になっても、指しゃぶりをやめられないこと...

セキセイインコの性別はいつわかる?性別がわかる時期と見分け方

セキセイインコの性別がいつわかるのか、どこをみて判断できるのかは気になるところ。でもセキセイインコの...

年収500万生活で子供2人が成り立つかは環境によって左右する

「年収500万 生活」で検索してみると、「年収500万で子供2人なんて生活が成り立たない」「専業主婦...

離婚準備で女性がすべきことは?離婚後の生活を考えよう!

「もう離婚したい、夫婦生活を解消したい・・・」夫への不満が募り、離婚を視野に行動しようと考えている女...

出産後に離婚を夫から言われる理由…多い原因と乗り切り方

出産後のママは昼夜のない生活で育児に追われます。1日24時間のうち自分の時間なんてほとんどなく、赤ち...

スイミングの選手コースのやめ時とは?子どもに決めさせよう

スイミングの選手コースはいつまで続けたらいいものなのでしょうか?親は、こどものこれからを考えてやめ時...

家で趣味を女性一人でも楽しむ!インドア派向けのオススメを紹介

家でできる趣味なら女性一人でも簡単に楽しむことができます。家に居るとついダラダラしてしまうという人も...

学校がめんどくさい・休む!は不登校のサイン?要因と対処法

もしも自分の子供が「学校に行くのがめんどくさい!休む」と言い出したら、親のあなたはどんな風に対応をし...

捨て猫の子猫についているノミを洗い流すのちょっと待った!

捨て猫を拾ったけれども子猫はお風呂にいれてもいいのでしょうか?ノミを洗い流したいけれど、猫はそもそも...

グラタンは電子レンジで何分チンするとできるのかと簡単レシピ

晩ごはんに作ったグラタンが余って次の日に食べたら、冷めているので美味しくないという場合に、美味しく温...

フライドポテトを揚げないでも美味しく食べる方法【冷凍食品】

冷凍食品のフライドポテトは油で揚げて調理するのが一般的ですよね。子供のおやつにも、何かの付け...

スポンサーリンク

朝の支度が遅い子供にイライラ、よくある朝の風景

  • 朝ごはんを食べたら、すぐに遊びだしてしまう…。
  • 着替えの途中で、テレビに夢中になり手が止まってしまう…。
  • 顔は洗ったのに、歯は磨いていない…。
  • とにかく行動が遅い…。

子供の朝の行動にイライラしているママはたくさんいるでしょう。

怒ればへそを曲げてしまい、さらに行動が遅くなるという悪循環に陥ってしまう事もあると思います。

口うるさく注意してしまう自分自身に嫌気がさすこともありますよね。

時間に余裕を持って起こしているはずなのに、結局朝はいつもギリギリになってしまうのは一体なぜなのでしょうか?

子供の朝の支度をスムーズに行わせるため、何か良い方法はないのでしょうか。

朝の支度が遅い子供へはできたことを褒めてみる

朝の支度が遅い子供に対して「早くしなさい」が口癖になっていませんか?

早く早くと急かすだけでは、子供は言う事を聞きません。

朝の支度が遅い子供に対しては、少し視点を変えてみてください。

朝の忙しい時間は、どうしても「できていない事」に目がいきがちです。

そんな時ほど「できている事」に目を向けてみましょう。

例えば「パジャマ脱げたね」とか「ご飯食べれたね」など、できているところを見つけて褒めてあげてください。

そうすると、子供の方もやる気が出てきて、朝の支度を頑張る事ができます。

怒られてばかりでは、子供は成長しません。

できない事よりできる事、怒るより褒める事を意識してみると、バタバタした朝に変化が出てくるかもしれません。

余裕がなく忙しい時間帯は、どうしてもイライラしてしまうものです。

余裕がないときに実践するのは大変ですが、まずは気付いた時だけでもこの方法を試してみてください。

朝の支度が遅い子供には「朝やること」を目に見える場所に貼っておく

毎朝やる事は決まっているのに、全然支度が進まない子供には「やることリスト」を作ってあげると良いでしょう。

毎朝やる事を紙に書いて、目に見える場所に張っておきましょう。

  • トイレに行く
  • 顔を洗う
  • 歯磨きをする
  • 着替えをする

リスト化してあげるとやるべき事が明確にわかるので、子供も自然と自分でやるようになります。

ただ紙を張るだけでは最初は効果がありませんが、朝食を食べ終わったときに「やることリストの通りに準備してね」と声を掛けてあげると、だんだんとできるようになってきます。

親がやる事をすべて言ってあげなくても、リストを見ればできるので、ガミガミ言わなくて済むので、親の負担がかなり減ります。子供が自分で支度をしてくれている間に、家事や自分自身の支度ができるので、朝の時間に余裕が生まれるでしょう。余裕ができれば、子供を褒めてあげる心のゆとりもできます。褒められれば、子供もまたやる気を出すという良い流れができるでしょう。
子供の成長と共にリストに書くことを増やしていくのがポイントです。

小学生のお子様にはホワイトボードを使って自分で記入させるのがおすすめ

小学生のお子様には、自分でやる事を記入させると良いでしょう。

100円ショップにも売っているホワイトボードを用意して、朝やる事を自分で書き出してもらいます。

なるべく子供が主導でやることリストを作るようにします。

やる事を順番に書いてもらい、できたらマグネットをずらしていくようにします。

そうすると、ゲーム感覚で楽しみながら朝の支度をすることができます。

普段口で言ってもなかなか聞いてくれないような面倒くさい事でもリストに書いてあるとやってくれる事もあるようです。

例えば、食器を下げる、布団をしまうなど、今まではやらずに学校に行っていた子供でも、リストに書いてあると自然とやるようになっていきます。

兄弟がいる場合は、どっちが先に終わるか競走しながら準備をしてくれて、ますます効率的になるようです。

慣れていったら、ゴミだしなどのお手伝いもリストに追加すると良いでしょう。

朝の支度が遅いお子様には早寝を意識して

朝の支度が苦手で、どうしても遅くなってしまうお子様は、早寝早起きをさせるようにしましょう。

朝イライラしてしまうのは、時間に余裕がない事が原因の一つです。

親も早起きして、やる事をなるべく早く終わらせるようにすれば、朝の準備中にトラブルが起きてもそこまでイライラする事はありません。

子供の頃から何でも完璧にできる子はいません。

大人が余裕を持って子供に接してあげる事が、子供の成長につながります。

早起きして時間をたっぷり確保して、じっくり子供に向き合ってあげましょう。

早起きをするためには、早く寝なくてはいけません。

夜はご飯、お風呂、などやる事があるのに、楽しいテレビなどに誘惑されて、寝るまでの支度に時間がかかってしまいます。

就寝時間をしっかり決めて、部屋を暗くしてテレビを消して、眠りやすい環境を作ってあげましょう。就寝時間に間に合うように、夕飯の時間を早めるなど工夫する事が大切です。

大人が起きていると、子供も寝たくなくなってしまいます。

朝でもできる家事は朝に回して、子供と一緒に寝てあげるようにしましょう。

家族で朝方の生活を送れば、規則正しい生活ができます。