IHで揚げ物をするコツ!IHでもカラッと美味しく揚げる方法

ガスコンロよりもIHを使っているご家庭が増えていますが、火を使わないと揚げ物にムラができて美味しくできないのでは?と感じもしますし、実際上手く揚げ物が出来ないという方もいるのではないでしょうか。

IHで揚げ物をする際のコツは?てんぷらを美味しく揚げるコツはあるのでしょうか。

まずは大前提として、IHを使う場合はIH専用の鍋やフライパンを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トマトの葉っぱが黄色くなる原因は?トマトを上手に育てる方法

家庭菜園でトマトを育てている人は、トマトの葉っぱが黄色くなる症状に頭を悩ませることがあるかもしれませ...

肉じゃがの残り汁を使ったリメイクレシピ!残った汁で絶品料理

大きな鍋で作る肉じゃがは食べ終わった後にも、鍋にはたくさんの残り汁がありますよね。お肉からもいい...

納豆の美味しい混ぜ方決定版!今までとは違う味を楽しもう

納豆は●●回以上混ぜて食べると美味しいとか、タレは先に入れるとか後に入れるとかいろいろな食べ方の情報...

才能と努力の割合はどのくらい?才能は努力で育てられる

才能が開花するには努力が必要ですが割合的にはどうなのでしょうか?もともと、才能があるから一流になれた...

部活を辞めると内申に響く?内申書に書かれる内容と部活の関係

部活を辞めたいと思っているけど、辞めると内申に悪いことが書かれてしまうのではないかと心配している人も...

サッカー選手の結婚が早い理由と一般男性との大きな違い

サッカー選手は結婚が早い、そんな印象を持っている方は多いと思います。世間一般では晩婚化が進みますが、...

野菜の種類は色で決まる?緑黄色野菜の特徴やレシピを紹介

緑黄色野菜はどんな野菜の種類を言うのでしょうか?色の濃い野菜が緑黄色野菜なの?それとも、きち...

カレーのお弁当!タッパーで持っていく方法とお弁当カレーレシピ

毎日お弁当を作っている皆さん、毎日のお弁当作りってとっても大変ですよね!ご苦労さまです。お弁当の...

洗濯機で重曹を使うと故障することも!重曹の正しい使用方法

家の中の掃除やお洗濯に大活躍してくれる重曹。人の体の中に入っても安全な物質なので、掃除や洗濯に利用し...

グリーンネックレスがしわしわになる原因とは?対処方法を紹介

比較的に育てやすいと言われているグリーンネックレスですが、気がついたらしわしわになってしまっていた。...

テニスグリップテープの厚手の特徴とは?厚手が向いている人

テニスのグリップテープは厚手のほうがいい?もし、テニスをしていて力が思うように伝えられていないという...

カレーのお肉を入れるタイミングを変えるとより美味しくなります

みんなが大好きなカレーですが、せっかくのお肉が固くなってしまうこともありますよね。市販のルウ...

オムレツをホテル仕様にする作り方のコツとは?さっそくトライ

ホテルに宿泊して翌日朝食でオムレツを食べると、ふわふわしてて美味しいですよね。プロの料理人が...

卵焼きをフライパン【丸】で作るときのコツやポイント

丸いフライパンで卵焼きを作るときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?一人分の卵焼き...

スポ少の保護者は大変?役員の仕事内容と親の親の役割・メリット

スポ少の保護者は大変だという話を耳にしますよね。ただでさえ大変なのに、役員にまでなってしまうと更に大...

スポンサーリンク

IHで揚げ物をする際のコツは?

我が家も以前はガスコンロを使用していたので、IHに変えてからの最初の頃は、揚げ物や炒め物の火加減などで戸惑うことが多々ありました。ガスコンロのように炎が目に見えない分、火力がよくわからず、油断して焦がしてしまうこともしばしば。

ですが、温度調節がラクに出来るIHなら、慣れてしまえば揚げ物も簡単に美味しく出来ますよ。食材を油に入れることで、どうしても油の温度は一時的に下がってしまいますが、IHなら温度も自動で一定に保ってくれますので、揚げムラも少なく最後まで上手に揚げることが出来るのです。

揚げ物を美味しく揚げるためのコツをご紹介します

  • 食材の量に合わせて油も適正な量を使用する
  • 揚げる前に食材の水分をよく拭いておく
  • 揚げる順番を考える(野菜を先にする)

揚げ物をする際には一度に大量の油を使うので、もったいないからとつい少なめにしたくなりますよね。ただしIHの場合は火力も大きいため、油が少なすぎるとすぐに焦げてしまう原因にもなりますので、少し大めかな?と思うくらいの量が必要です。

IHでの揚げ物で天ぷらを作る場合のコツは?

ガスコンロを使っていた頃には、ちょっとした量の揚げ物をする際には、専用の天ぷら鍋ではなく、ササッとフライパンで済ますことも多々ありました。IHは揚げ物用に温度設定が可能なのですが、フライパンだとその機能が上手く働かないため、それからは付属の天ぷら鍋を使用しています。

IHで揚げ物をする際に気をつけたい点としては、やはり食材の水分をきちんとふき取ってから揚げることです。いくら温度調節が得意だとは言っても、水分が多く付着した状態の食材をそのまま油の中に入れてしまうと、油が大きくハネる恐れもあるため、大変危険です。
また、一度にたくさんの量を揚げようとすると、全体にしっかりと熱が伝わらず、揚げムラや焦げの原因となってしまいますので、少しずつ揚げるようにしましょう。

IHで揚げ物をする最大の利点としては、掃除のしやすさにあります。トッププレートはフラットなので、ササッと拭くだけで簡単にキレイになります。揚げ物後にありがちな油の飛び散りも、ストレスなく短時間で拭き取ることが出来ますので、揚げ物の頻度も自然と増えるかもしれませんね。

意外と危険なIHの揚げ物、コツは油を多めに入れること

先ほども少し触れましたが、IHで揚げ物をする際には、かなり短時間で油の温度が高温になるため、設定した温度に達したあとすぐに食材を入れないと、油が高温で熱せられる時間が長くなり、発火する恐れがあるため、ガスコンロ同様に注意が必要です。

揚げ物に適した温度設定が可能なのは良いのですが、油の量が少なすぎると温度センサーが正しく反応してくれないことがありますので、油の量は気持ちだけ多めにしておくと安心です。

ガスコンロのように目で見て火加減を調節出来ない代わりに、温度調節が可能ですので、同じように始めは少し高温で、少し温度を下げて中まで熱を火を通したら、最後はまた少し温度を上げることで、カラッと美味しく仕上げることが出来ますよ。

もしも以前に揚げ物をしていて怖い目に遭ったことがあるという方でしたら、どうしてもまた揚げ物をする気にはなりづらいですよね。そんな時には、油で揚げる代わりに、衣を付けた状態でトースターや魚焼きグリルを使って焼いてみてください。火が通りやすいように食材を薄めに切っておくのがポイントです。

フライパンを使ってIHで揚げ物をする際のコツは?

IHで揚げ物をする際は、やはり専用の天ぷら鍋を使うのが一番理想ですが、もちろんその他で代用することは出来ます。その際には、温度を一定に保ってくれる機能は使わず、ガスコンロと同じように火力を調節しながら揚げるようにする必要があります。

もしもフライパンを利用するならば、深めのタイプを使うと油ハネが少なくて済みます。揚げ物をしているのですから多少の油ハネは覚悟しなければなりませんが、これで後始末も少しはラクになりますよね。
汚れた都度、その日にうちに拭き取ることで、キレイな状態を保つことが出来るので、IHは面倒くさがりさんにはうってつけと言えます。もしもうっかり放置して汚れがこびりついてしまっても、少量のクレンザーを直接垂らして丸めたラップでこすることで、比較的簡単に落とすことが出来ますよ。

また、フライパンを利用して揚げ物をする際には、フライパンの深さの半分くらいの油の量が必要となります。大き目のフライパンだと、かなりな量になってしまいますよね。
フライパンを傾ければ少なめな油でも揚げることは可能ですが、そもそもIHはフライパンを傾けて一部を浮かせてしまうと、安全装置が働いて電源が切れてしまうので、その方法は使えないのです。

少量を揚げるのでしたら、その場合はミルクパンなどのサイズが小さめである程度の深さがあるものを使うようにしましょう。

IHだからと安心してはダメ!揚げ物をする際の注意点

IHは高温で調理することが可能なため、揚げ物や炒め物をするのにもとても適していると言えます。ですがその反面、目で炎を確認出来ないことからつい油断が生じて、思わぬ事故や火災に繋がるケースも少なくないようです。

たとえば揚げ物をする際にも、油の量が少ないと、あっと言う間に高温に加熱されるため、目を離した隙に発火する可能性があります。これを防ぐためにはやはり、調理中は側を離れないことを、常に意識しておく必要があるでしょう。

IHだからこそ注意したい点

  • 周囲に余計な物を置かない
    使用した直後の天板は非常に高温になるため、たとえ直接触れていなくても、周囲の物まで熱くなり、やけどの原因にもなります。
  • こまめに主電源を切る
    他の家電と同様に、主電源が入っている状態では、誤って子供がスイッチに触れただけでも加熱してしまうため、思わぬ事故や火災の原因になる恐れも。