IHで揚げ物をするコツ!IHでもカラッと美味しく揚げる方法

ガスコンロよりもIHを使っているご家庭が増えていますが、火を使わないと揚げ物にムラができて美味しくできないのでは?と感じもしますし、実際上手く揚げ物が出来ないという方もいるのではないでしょうか。

IHで揚げ物をする際のコツは?てんぷらを美味しく揚げるコツはあるのでしょうか。

まずは大前提として、IHを使う場合はIH専用の鍋やフライパンを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学から寮生活をさせることはアリ?メリットとデメリットを解説

お子さんが中学生になる時、進学しようと思っている学校によっては、寮生活になってしまうという人もいるで...

野良犬を安全に保護する方法は何?保護方法と保護した後の対処法

近所にいる野良犬を保護したいと考えている人もいますよね。でも、どうやって保護したら良いのか、方法がわ...

セキセイインコの性別はいつわかる?性別がわかる時期と見分け方

セキセイインコの性別がいつわかるのか、どこをみて判断できるのかは気になるところ。でもセキセイインコの...

転勤族の子供の習い事で気をつけたいことや再開のタイミング

転勤族の子供が習い事を続けることは、なかなか難しいことですよね。せっかくはじめた習い事でも、...

イカの鮮度の見分け方!鮮度の良い新鮮なイカは色でチェック!

せっかく購入するのであれば、鮮度の良い新鮮なイカを購入したいと思いますよね!新鮮なイカは、刺身で食べ...

カレーの酸味は何が原因なの?酸味を和らげる方法や調味料

カレーの酸味の原因は作り方?それとも使っている食材?カレーの酸味が強く出てしまうときにはこんなことが...

野菜の水やりのタイミングはいつ?基本のやり方と季節ごとの時間

家庭菜園をはじめたばかりの人は、野菜の水やりはいつ行うのがベストなタイミングなのかイマイチよくわから...

アロマと香水の違いについて。初心者向けアロマの楽しみ方

アロマと香水。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?同じもののようにも思えますが、わかりやす...

豚ヒレ肉の角煮に挑戦!圧力鍋や炊飯器を使ってみましょう

豚の角煮に使う豚肉の部位と言えば「バラ肉」ですが、どうしても脂が気になるという人もいるのではないでし...

母親の過干渉とはどう付き合えばいい?30代女性の悩みを解決

母親の過干渉なのはどうしたらいいのでしょうか?30代であっても、親からしてみれば子どもは一生、子ども...

部活女子がモテる。男子にモテる部活とそのワケと魅力を紹介

何か部活に入っていますか?またこれからどこかに入部を考えていますか?女子だって部活をやっって...

週末のランチにおすすめ!簡単だけど家族も喜ぶ美味しいレシピ

週末のランチはなるべく簡単に短時間で作れるものがいいですよね。そして、後片付けもなるべく簡単に済...

イカの鮮度はここで見て!刺身や煮物に基本のイカの開き方

イカはお刺身でも美味しいですし、煮物などにもよく使いますよね。美味しいイカの料理には鮮度が命です...

母親の愚痴を聞き続けると娘の将来に悪影響も!母娘の関係は大切

娘に愚痴を言いやすいと感じ、娘に色々な愚痴を聞いてもらっているという母親もいますよね。娘にしてみれば...

雨戸の戸袋の修理方法は?DIYもできるがプロに頼んだ方が安心

雨戸を収納する戸袋がサビや腐食で傷んでしまい、修理が必要になることがあります。自分で修理され...

スポンサーリンク

IHで揚げ物をする際のコツは?

我が家も以前はガスコンロを使用していたので、IHに変えてからの最初の頃は、揚げ物や炒め物の火加減などで戸惑うことが多々ありました。ガスコンロのように炎が目に見えない分、火力がよくわからず、油断して焦がしてしまうこともしばしば。

ですが、温度調節がラクに出来るIHなら、慣れてしまえば揚げ物も簡単に美味しく出来ますよ。食材を油に入れることで、どうしても油の温度は一時的に下がってしまいますが、IHなら温度も自動で一定に保ってくれますので、揚げムラも少なく最後まで上手に揚げることが出来るのです。

揚げ物を美味しく揚げるためのコツをご紹介します

  • 食材の量に合わせて油も適正な量を使用する
  • 揚げる前に食材の水分をよく拭いておく
  • 揚げる順番を考える(野菜を先にする)

揚げ物をする際には一度に大量の油を使うので、もったいないからとつい少なめにしたくなりますよね。ただしIHの場合は火力も大きいため、油が少なすぎるとすぐに焦げてしまう原因にもなりますので、少し大めかな?と思うくらいの量が必要です。

IHでの揚げ物で天ぷらを作る場合のコツは?

ガスコンロを使っていた頃には、ちょっとした量の揚げ物をする際には、専用の天ぷら鍋ではなく、ササッとフライパンで済ますことも多々ありました。IHは揚げ物用に温度設定が可能なのですが、フライパンだとその機能が上手く働かないため、それからは付属の天ぷら鍋を使用しています。

IHで揚げ物をする際に気をつけたい点としては、やはり食材の水分をきちんとふき取ってから揚げることです。いくら温度調節が得意だとは言っても、水分が多く付着した状態の食材をそのまま油の中に入れてしまうと、油が大きくハネる恐れもあるため、大変危険です。
また、一度にたくさんの量を揚げようとすると、全体にしっかりと熱が伝わらず、揚げムラや焦げの原因となってしまいますので、少しずつ揚げるようにしましょう。

IHで揚げ物をする最大の利点としては、掃除のしやすさにあります。トッププレートはフラットなので、ササッと拭くだけで簡単にキレイになります。揚げ物後にありがちな油の飛び散りも、ストレスなく短時間で拭き取ることが出来ますので、揚げ物の頻度も自然と増えるかもしれませんね。

意外と危険なIHの揚げ物、コツは油を多めに入れること

先ほども少し触れましたが、IHで揚げ物をする際には、かなり短時間で油の温度が高温になるため、設定した温度に達したあとすぐに食材を入れないと、油が高温で熱せられる時間が長くなり、発火する恐れがあるため、ガスコンロ同様に注意が必要です。

揚げ物に適した温度設定が可能なのは良いのですが、油の量が少なすぎると温度センサーが正しく反応してくれないことがありますので、油の量は気持ちだけ多めにしておくと安心です。

ガスコンロのように目で見て火加減を調節出来ない代わりに、温度調節が可能ですので、同じように始めは少し高温で、少し温度を下げて中まで熱を火を通したら、最後はまた少し温度を上げることで、カラッと美味しく仕上げることが出来ますよ。

もしも以前に揚げ物をしていて怖い目に遭ったことがあるという方でしたら、どうしてもまた揚げ物をする気にはなりづらいですよね。そんな時には、油で揚げる代わりに、衣を付けた状態でトースターや魚焼きグリルを使って焼いてみてください。火が通りやすいように食材を薄めに切っておくのがポイントです。

フライパンを使ってIHで揚げ物をする際のコツは?

IHで揚げ物をする際は、やはり専用の天ぷら鍋を使うのが一番理想ですが、もちろんその他で代用することは出来ます。その際には、温度を一定に保ってくれる機能は使わず、ガスコンロと同じように火力を調節しながら揚げるようにする必要があります。

もしもフライパンを利用するならば、深めのタイプを使うと油ハネが少なくて済みます。揚げ物をしているのですから多少の油ハネは覚悟しなければなりませんが、これで後始末も少しはラクになりますよね。
汚れた都度、その日にうちに拭き取ることで、キレイな状態を保つことが出来るので、IHは面倒くさがりさんにはうってつけと言えます。もしもうっかり放置して汚れがこびりついてしまっても、少量のクレンザーを直接垂らして丸めたラップでこすることで、比較的簡単に落とすことが出来ますよ。

また、フライパンを利用して揚げ物をする際には、フライパンの深さの半分くらいの油の量が必要となります。大き目のフライパンだと、かなりな量になってしまいますよね。
フライパンを傾ければ少なめな油でも揚げることは可能ですが、そもそもIHはフライパンを傾けて一部を浮かせてしまうと、安全装置が働いて電源が切れてしまうので、その方法は使えないのです。

少量を揚げるのでしたら、その場合はミルクパンなどのサイズが小さめである程度の深さがあるものを使うようにしましょう。

IHだからと安心してはダメ!揚げ物をする際の注意点

IHは高温で調理することが可能なため、揚げ物や炒め物をするのにもとても適していると言えます。ですがその反面、目で炎を確認出来ないことからつい油断が生じて、思わぬ事故や火災に繋がるケースも少なくないようです。

たとえば揚げ物をする際にも、油の量が少ないと、あっと言う間に高温に加熱されるため、目を離した隙に発火する可能性があります。これを防ぐためにはやはり、調理中は側を離れないことを、常に意識しておく必要があるでしょう。

IHだからこそ注意したい点

  • 周囲に余計な物を置かない
    使用した直後の天板は非常に高温になるため、たとえ直接触れていなくても、周囲の物まで熱くなり、やけどの原因にもなります。
  • こまめに主電源を切る
    他の家電と同様に、主電源が入っている状態では、誤って子供がスイッチに触れただけでも加熱してしまうため、思わぬ事故や火災の原因になる恐れも。