猫が喜ぶ100均アイテムを活用したケージの作り方をご紹介!

猫の飼育にはケージが欠かせませんが、市販は値段が高いですし、不要になった時の処分にも困ります。
そこでおすすめしたいのが、100均アイテムを使ったケージの自作です。広さや高さを自由にできますので、猫の成長に合わせて調整することもできますし、何より費用が安く済みます。
これから迎え入れる猫ちゃんが安心して過ごせるようなケージを手作りしてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生が勉強しない対策!子供から自主性を導く親ができること

中学生が勉強しないことで対策に悩んでいる親は多いのではないでしょうか。どうして勉強をしないのか子供に...

義母が苦手な時は旦那を味方につけて上手く利用しよう!

義母がどうしても苦手、できれば関わりたくない!というお嫁さんは世の中に溢れています。ただ旦那さん...

トマトの葉っぱがしおれる原因となる事。水や栽培環境について

トマトを家庭菜園やプランターで栽培している人も多いと思いますが、育てていて葉っぱがしおれるなどの症状...

カラスに食べ物が取られることのないようにする方法とは

カラスに食べ物を取られるのを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?ぼんやりしているところを...

玉ねぎを干す必要とその方法を紹介!こんないい効果があった!

玉ねぎは色んな料理の名バイプレイヤーとして大活躍です。また家庭菜園で育てている人もいますね。...

断捨離してるのに部屋が片付かないのはお母さんが戻すから問題

断捨離します!せっかく部屋を片付けてるのに、お母さんが捨てたものを回収する断捨離あるあるに悩んでいる...

遠足のおやつが禁止になるその背景とは?昔とは違う学校の現状

昔は遠足といえば、どんなおやつを持って行こうかとワクワクしたものですが、今は多くの学校で遠足時のおや...

ブリーチに失敗したら美容院へ行くしかない?失敗した時の対処法

美容院へ行くお金を節約しようとセルフでブリーチをしたら、失敗してムラになってしまった…という方も多い...

魚焼きグリルの掃除方法!内部のベタベタ汚れを綺麗にする掃除法

お魚を焼いた後の魚焼きグリルの内部には、ベタベタ汚れや頑固な焦げ付き汚れが残っていますよね。油断して...

主婦のリアルなお昼ご飯!節約しながら頑張る主婦の姿

主婦にとって悩むのが毎日のお昼ご飯です。家族がいる休日はとにかくメニューに悩みますし、節約を...

焼きそばにもやしを入れても水っぽい仕上がりにならない作り方

焼きそばは子供達も大好きなメニューで、休日のランチなどにも手軽で良いですよね。しかし、家で焼きそ...

【お風呂掃除】水垢をドアから落とす方法とキレイに使う習慣とは

お風呂掃除をしていて、水垢がドアにこびついてなかなか取れないことがありますよね。浴槽のドアについ...

餃子メインの献立に合う中華の副菜!夏はあっさりと野菜のおかず

今日の夕食は餃子がメインの献立!そこまで決まったら、後は副菜をどうするか悩みますよね。何か、...

腹筋のやり方は呼吸が大切!正しい呼吸法をマスターしましょう

お腹周りが気になってきたことが原因で「腹筋を始めよう」と思う人も多いでしょう。しかし、正しい...

メダカの赤ちゃんの飼い方!育ちやすい環境と与える餌について

これからメダカの赤ちゃんを飼育しようと思っている人もいますよね。メダカの赤ちゃんを飼育するときは、ど...

スポンサーリンク

100均アイテムで猫のケージは自作可能!ワイヤーネットを使ったケージの作り方

私は猫を2匹飼っています。

姉の家には猫が3匹の他に十姉妹(じゅうしまつ)が一羽います。

私は一軒家に住んでいてペットは猫だけなのでケージは使用していません。日中は猫達だけなので家の中をどこでも好きに活動してくつろいでいることでしょう。

しかし、姉の家では十姉妹がいるので、まだ若い3匹の猫を同じ空間ではなしておく訳にはいきません。外出して人が居ない間は猫達はケージに入り、十姉妹は隣の部屋に入れてドアを閉めています。

動物の力はあなどれません。どうやっても出られないはずなのに出ていたり、反対に入り込んだりしている事があります。若い猫3匹がくる前には一匹の老猫さんが居たのですが、この老猫さんの時代にはケージは必要なく別室にするだけで大丈夫でした。

しかし、若い猫は動くものは何でも大好きで十姉妹に釘付けです。放っておくと事件となるのは必至でしょう。
かくして姉の自宅に猫用のケージを作成して置こうという話になったのです。

100均で材料を揃えて手作りケージに挑戦

ケージは購入するとなるとかなりお値段が張ります。特に猫を3匹入れるので大きなケージとなると尚更です。

私と姉は100均へ足を運びました。そこで早速良い素材を見つけました。板状になったワイヤーネットです。これを何枚も組み合わせれば形や広さが自由自在のケージができるではありませんか。
「タワーみたいな2つのケージを作ってトンネルのように繋ぐのもいいね」

などとイメージが膨らみます。しかし、現実的に置く場所のスペースを考えると家の中殆どを猫のケージスペースにする訳にはいかないので、3階建てのケージを作ることに決めました。

さて、ワイヤーネットは何で連結させたらよいのか?

丈夫でしっかりとくくりつけられるもの、最初は針金のようなもので探しアルミ製のワイヤーが良いかと思いました。しかし、ワイヤーを切った先が危ないのでビニールテープでくるむにしても猫がかじって食べてしまうと問題です。

ケージの連結におすすめ結束バンド

これならば簡単に繋ぐ事ができて強度もかなりありそうです。
そうして開閉する部分は洗濯ばさみを使用することにしました。

これらの材料を購入していざ組み立ててみました。各階へ移動できるように2階と3階の床にはワイヤーネットを一枚ずつ抜いて組み立てました。完成しました!

【ケージの床対策】

しかし、このままでは床がワイヤーのままです。そこで各階に敷くフロアマットを四角で組み合わせるタイプのものをやはり100均で購入して敷きました。そうしてマットを出し入れできるように各階の側面のワイヤーネットを一枚ずつ洗濯ばさみ留めにして開閉できるようにしました。

なかなか広くて快適そうなケージが出来上がりました。

100均の人気商品すのこでも、おしゃれな猫のケージを作ることが可能

ワイヤーネットではなくすのこで作ることもできます。

すのこのケージは爪とぎもできる

猫にとっては快適かもしれません。

すのこでつくる場合には釘で打ちつけてDIYして作ります。開閉する部分にはネジで蝶番を取り付けます。ワイヤーネットよりもかなり作成のハードルはあがるので、DIYが得意な方にお勧めします。

すのこは木でできているので爪とぎもできてナチュラル感がありますが、全ての面をすのこにすると意外と内部が暗くなってしまいます。

隙間からしか外が見えないので視界もよくありません。

そこで、ドアの部分等いくらかの部分はワイヤーネットにすることをお勧めします。

100均アイテムで猫のケージを作る時のポイントと素材選び

ケージを作る時にはまず広さと構造が大きなポイントです。

猫は高い場所が好き

また狭い空間に閉じ込められるのはストレスになるので、ある程度の広さと高さのあるケージを作ってあげましょう。

スペースが限られてしまう場合には上に高くすると良い

ケージの中が狭くて2階3階への移動用の穴が小さくてジャンプしづらい場合には、木の板などを階段のように設置してあげるのも良いでしょう。

下に敷くマットは製造する時に使用している接着剤の臭いがきついものやゴムの部分があり素材の臭いが強いものなどは避けましょう。動物は人間よりも化学的物質に敏感で弱いものです。

特に猫はそのマットの上にぴったりとくっついて寝ることになるので、悪影響のある素材ではないかをよく確認しましょう。

猫のケージを自作するメリット、デメリット

ケージを自作するとメリットがいっぱい

大きさや構造を自分の好きなように考えて作る事ができます。

2階建てや3階建て、スペースが許されれば私はトンネルを作って移動できるようにしたいものです。遊びのスペースや飲食のスペース、寝る場所を作ってあげたいなどと夢が膨らみます。実際に使用してみて構造がうまくない場合には改築したり増築したりもできます。

そうしてお値段は同程度の広さのケージを買うよりも格段に安くなります。

【デメリット】

手間がかかるという点でしょう。製作が好きでない場合には大変なので、得意な人の手を借りると良いでしょう。

猫のケージを自作する時は強度に注意

ケージを自作する時に気をつけるポイントに強度もあります。

猫の体重だけで強度を考えてはいけません

ジャンプしたり上から下の階に下りるときには体重以上の負荷がかかります。特に猫が複数匹居る場合にはワイヤーネットを連結する結束バンドの数を増やして耐久性を充分に確保して作りましょう。

結束バンドは高いものではないので数を沢山取り付けて安全性の高いケージを作ってあげて下さいね。