チーズフライを破裂させないコツがあります。衣や温度がポイント

食べると中からチーズがトロ~リと出てくるチーズフライ。大人も子供も大好きですよね。ですが何回作っても、中のチーズが爆破してしまうという方も多いのではないでしょうか。

チーズフライを破裂させないコツがありました。基本の作り方を紹介します。

またチーズフライを破裂させない、みんながやっているコツを聞いてみました。試してみる価値ありですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部活女子がモテる。男子にモテる部活とそのワケと魅力を紹介

何か部活に入っていますか?またこれからどこかに入部を考えていますか?女子だって部活をやっって...

卵白を超高速でメレンゲにする作り方!簡単メレンゲの裏技

お菓子作りによく登場するメレンゲ。実は以外に大変な作業ですよね。時間を掛けて泡立ててもなかなか固...

カレーのお肉を入れるタイミングを変えるとより美味しくなります

みんなが大好きなカレーですが、せっかくのお肉が固くなってしまうこともありますよね。市販のルウ...

高校の体験入学に親も一緒に参加する時のポイントと注意点

私立高校だと体験入学を実施している学校も多いため、子供と一緒に親も参加すべきかどうか迷ってしまう方も...

学校説明会(高校)の持ち物とは。服装など確認したい事を紹介

高校の学校説明会に行く場合、初めてならわからない事ばかりですね。持ち物は何が必要?服装は何を...

ゆで卵の賞味期限は1週間もない?卵についてもっと理解しよう

卵をたくさん買って賞味期限中に全部食べきれない場合、ゆで卵にして冷蔵保存する人も多いといいます。...

木のまな板の黒ずみを発見!原因と対処方法をご紹介

木のまな板を使い続けていると、だんだんと黒ずみが発生してきます。この黒ずみの原因は?予想通り...

勉強したくない!この『なぜ』の疑問に真剣に向かい合ってみた

『勉強したくない!どうして勉強しなきゃいけないの?どうしてお父さんとお母さんは学校に行かないの?』...

【女独身30代】結婚できないと世間から烙印を押される理由

女性の結婚年齢が上がっているとはいえ、30代で独身でいると、世間から結婚できない女性として烙印を押さ...

納豆をひきわりにしたい時の便利な作り方、試してみたくなるはず

冷蔵庫に納豆はあるけれど、ひきわり納豆が使いたいという時に納豆を細かく刻むことでひきわり納豆が出来ま...

電子レンジのオーブン機能ならアルミホイルは使えます

電子レンジにアルミホイルを使ってはいけないのは知っているけれど、オーブン機能ならアルミホイルを使って...

犬が安い理由とは?犬の値段の決め方と条件

ペットショップに行くと、他の犬より安い値段で売られている犬を目にすることがあります。見たとこ...

ハムスターは飼い始めの初日が肝心!元気でも触らないで

ハムスターの初日は元気そうに見えてもかなり警戒していることが多いので触ってはいけません。では...

フライドポテトを揚げないでも美味しく食べる方法【冷凍食品】

冷凍食品のフライドポテトは油で揚げて調理するのが一般的ですよね。子供のおやつにも、何かの付け...

卵と砂糖だけで作れる簡単おいしいスイーツをご紹介します

ケーキなどのスイーツを作ろうを思っても、バターや小麦粉など材料を用意することも面倒だし、カロリーも気...

スポンサーリンク

プロセスチーズを使ったチーズフライのコツを紹介

チーズは、そのまま食べても美味しいですが、特に熱々のフライで食べるチーズは食感がトロトロ濃厚で、チーズ好きであればクセになる味ですよね。

でも、油で揚げる時に中身が出てしまって形が綺麗に決まらないということもあります。
チーズをパン粉の中に包み込んだまま、キレイにフライを作る方法をご紹介します。

チーズは、プロセスチーズを使います。

丸型を6等分にしたプロセスチーズを、小麦粉→卵→パン粉→卵→パン粉の順番に衣を付けます。

通常よりも、卵→パン粉の工程を1回多くすることによって、崩れにくくしています。

パン粉は、粗挽きよりも細かいタイプの方が付きやすいので、この場合はおすすめです。

170~180度に熱した油で、キツネ色になるまで揚げたら完成です。

長時間揚げると、中身のチーズが出てくる恐れがあるので、短時間で揚げることもポイントです。

モッツァレラチーズフライのコツ。コロコロフライも簡単に

モッツァレラチーズと言えば、そのままサラダとして食べる方法が一般的ですが、フライにしても美味しいのでおすすめです。

すでに丸い形になって売っているタイプを使えば、切る必要がなくすぐに使うことが出来ます。

おつまみにしてもよし!お弁当のおかずとしてもアクセントになる便利おかずです。

モッツァレラチーズの水気をキッチンペーパーでしっかりと取ります。

小麦粉→卵→パン粉の順に衣を付けます。

170度~180度の中温の油で、きつね色になるまで色よく揚げます。

モッツァレラチーズ自体に味はあまりないので、シンプルに塩をかけて食べても良いですし、ソースをかけて食べるのもおすすめです。

ベビーリーフやレタスを使って飾り付けすると、より食欲をそそりますよ。

中からチーズがとろり。ささみチーズカツのコツは火加減

ささみチーズカツの作り方をご紹介します。

ささみは、鶏肉の部位の中でもヘルシーでタンパク質が豊富なので、女性にとってはうれしいおかずですよね。

このささみに、チーズをプラスすることによって、コクが出てさらに美味しく食べられますよ。

ささみ肉を中心から切り込みを入れて広げます。

この時、穴が開いていたり、肉が薄くなっていると、揚げた時にチーズが出てきてしまうことがあるので、確認しましょう。

ささみ肉よりひと回り小さく切ったスライスチーズを置きます。

お好みで、青じその葉や、梅干しペーストも合いますよ!

端からささみ肉をくるくると巻いて、巻終わりを下にして置きます。

小麦粉→溶き卵→パン粉の順番に、衣をまんべんなく付けます。

巻き終わりを下にして油に入れたら、途中ひっくり返しながら、全体がきつね色になるまで揚げます。

完成したら、食べやすく斜めに切り分け、ソースやケチャップでいただきます。

ささみを巻くこの作り方では、他のチーズフライよりもささみ肉に火を通す必要があるので、揚げ時間は長くなります。

そのため、チーズが出てこないように、チーズを置く時の大きさを小さめにするということがポイントになります。

油で揚げないササミチーズフライのポイントはマヨネーズ

フライなのに、油で揚げないフライというヘルシーな作り方もありますのでご紹介します。

ささみの下処理をしたら、ささみ2枚の間に大きさに合わせてカットした「とろけるスライスチーズ」を挟み込みます。

塩コショウなどで味付けしたら、マヨネーズを両面にまんべんなく塗り、さらにその上からパン粉を付けます。

フライパンに多めのサラダ油を熱し、両面をこんがり焼きます。

パン粉を端までしっかり付けることによって、チーズが飛び出さず、キレイに作ることができます。

また、マヨネーズが卵の代わりのつなぎになってくれるため、程よく味も付き、美味しく仕上がります。

フライをしたいのに、冷蔵庫に卵がない場合、マヨネーズに頼ってみましょう。

チーズフライがパンクしないコツがあったら教えてください

チーズは、通常は固形の状態ですが、加熱することによってやわらかくなります。

チーズフライでチーズが出てしまうという原因には、長時間加熱してしまったり、衣がしっかり付いていないなどが考えられます。

パン粉が粗くざっくりしたものは、繊細なチーズのフライには向いていません。

細かいパン粉が付きやすいのでおすすめです。

揚げる時の温度は中温(170度~180度)で、揚げ時間は3分が目安です。

他のフライと違って、チーズは火が通っているいないにかかわらず食べられるので、しっかりと火を通す必要はありません。

最初に高めの温度で揚げることにより、周りの衣を固めていくように揚げることを意識すると良いでしょう。

チーズフライは、パン粉で揚げる方法の他に、餃子や春巻きの皮で包んで揚げる方法もあります。

中身はとろけるチーズでもプロセスチーズでもなんでも合います。

おかずが足りない時や、急な来客で何か1品用意しないといけない時でも、冷蔵庫にあるチーズは色々な面で役立つ万能食材です。