コンクリートブロック塀を塗装するメリットは大きいが注意は必要

「家のコンクリートブロック塀が汚れているから、塗装で綺麗にして見栄えを良くしたい」という方も多いのではないでしょうか。
家の外壁が綺麗でも、ブロック塀が汚れているだけで家全体がくすんで見えてしまいます。そんな悩みも塗装で解決することができるのです。
ただし注意点がいくつかあります。
それはコンクリートブロックの性質に関係があることがわかりました。
見た目だけ気になるようであれば、塗装の前に高圧洗浄機を使ってみるのも方法の一つです。
塗装はそれからでも遅くはありません。それではご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキレットのシーズニング方法とは?裏側も油を塗りましょう

スキレットのシーズニングをするときには裏側もしたほうがいいのでしょうか?スキレットは正しくお手入れを...

わがままな子供の友達の原因と対処法やわがままにしない接し方

子供の友達の中には、全然言うことを聞かないようなわがままな子供もいますよね。では、そんな子供...

お菓子のプレゼントのラッピングの種類と可愛いおしゃれな方法

手作りのお菓子をプレゼントする時には、ぜひラッピングにもこだわってみてはいかがでしょうか。ラ...

アイシングクッキーの基本の作り方【100均アイテム活用】

カラフルでぷっくりとしたアイシングクッキーはとてもかわいいですよね。作ったことがない人も、一度は...

アクリル絵の具の落とし方【学生服の場合】ポイントや注意点とは

アクリル絵の具の落とし方はついてしまった洋服などの素材によっても違ってきます。では、学生服に...

バスケのシュートフォーム、女子選手のチェックポイントを解説

バスケのシュート率をアップさせるには何が必要か。それはシュートフォームの見直しです。特に飛距離に...

うさぎが仰向けに寝るのは危険です!仰向けが危険と言われる理由

うさぎが仰向けに寝る姿をみて「可愛い」と思う人もいますよね。確かにその姿は癒やされるものかもしれませ...

テニス初心者がサーブをコートに入れるために必要な練習方法

テニス初心者が一度は悩む「サーブが入らない」という問題。テニスはサーブによって試合が始まるため、...

自尊心の低い親から受ける子供の影響と自尊心を高める方法

自尊心の低い親に育てられると、その子供も自尊心の低い子供に育つといいます。そもそも自尊心とは...

北京ダックの皮は何で代用できる?そのアイデアを教えます

レストランなどで北京ダックを食べるときに包む皮を自分で作るとなると面倒ですよね。そんな時、何か代...

簡単に作りたい!夕食レシピで人気があるおかずのレシピを紹介

毎日のことなので、夕飯は手早く簡単に出来たらいいですね!みんな大好き人気のカレーは、フードプ...

パンにチーズと卵で簡単朝食!寝坊した朝におすすめのレシピ

忙しい朝の朝食作りは大変ですよね。うっかり、いつもよりも遅い時間に起きてしまっても、朝食を抜...

グリーンネックレスがしわしわになる原因とは?対処方法を紹介

比較的に育てやすいと言われているグリーンネックレスですが、気がついたらしわしわになってしまっていた。...

猫のゴロゴロは小さいときだけ?大きい猫の愛情表現方法

猫が喉でゴロゴロと大きい音を出すときにはどのような気持ちなのでしょうか?聞いているとなんだかこちらも...

価値観を押し付ける親に困ったときの対処法と抜け出す方法とは

価値観を押し付けてくる親に対して、どうしたらいいのか悩んでいる人もいるかもしれませんね。では...

スポンサーリンク

コンクリートブロック塀を塗装するメリットは?見栄えが良くなるだけでなく劣化の進行を遅らせる効果も

コンクリートでできたブロック塀を塗装すると汚れを目立たなくできる

コンクリートでできたブロック塀は、長期間設置されていると変色や汚れも目立ってきます。

家の外観が綺麗でも、家を囲っているブロック塀が薄汚いと、なんだか家の印象も全体的に引っ張られてしまいがちですよね。その汚れを目立たなくしたいという時に塗装することは有効です。コンクリートに付着した汚れは高圧洗浄機を使って取り除くこともできますが、色んな種類の汚れを含んだ広い範囲のコンクリートブロック塀を全て掃除するのは大変骨が折れる作業です。それに比べると塗装する場合は何も考えずローラーで塗っていけばいいだけなので楽チンではあります。色褪せてきた・ツヤが欲しいという時にもおすすめです。

塗装でコンクリートブロック表面を保護できる

コンクリートブロック塀はもともと頑丈なつくりですが、もちろん経年劣化もします。

そこで塗装することによってコンクリートの表面を保護し、ヒビ割れなどの劣化を遅らせることができます。ヒビ割れが起こるとそこから汚れ、雨漏り、カビが発生しやすいので、ヒビ割れを直す・起こさないようにさせるのはとても大事です。汚れやホコリもつきにくくなり綺麗な外観を保てます。

コンクリートブロック塀を塗装するメリットはあるが注意は必要

デメリットもあります。

コンクリートの状態によっては塗装することで劣化を早める

コンクリートブロック塀は塗装することで表面を保護できますが、内部までは劣化を防ぐことはできないので、あくまで劣化を遅らせるだけになります。またコンクリートの状態、塗料の種類、塗装のやり方によってはより劣化を進行させてしまうおそれもあります。塗料との相性と、塗る前の傷んでいる箇所の補修作業も重要になってきます。

コンクリート内の水分が蒸発しにくくなる

雨などが降ってコンクリートに含まれた水分は、通常コンクリートに入っている無数の細かい穴から排出されます。その穴を塗装で覆うことによって、水分が蒸発されにくくなってしまいます。するとブロック内部で水分が溜まり、この水分が水蒸気化されて塗装の剥がれ、膨れなどが起こる可能性があるのです。これを避けるためには弾性塗料「以外の」塗料、透湿性に優れた塗料を使うことが望ましいです。

コンクリートブロック塀の塗装を業者に依頼する場合のポイント

コンクリートブロック塀の塗装は、注意点が多く素人が行うにはそれなりに知識が必要になってくるので、できれば専門知識を持った業者に依頼しましょう。コンクリートの劣化状況なども見て、施行方法を判断してくれます。もしくは汚れを落としたいだけでしたら、高圧洗浄機を用いて済ませるという手もあります。

コンクリートブロックを塗装して色を変えたいという場合でしたら、専門の塗装業者に依頼しましょう。

先ほどのデメリットをちゃんとわかっている業者にお願いしましょう。不安に対してきちんと回答、提案してくれる業者が望ましいです。弾性塗料以外の塗料を提案してくれる業者、きちんと規定通りの量で塗ってくれる業者を選びましょう。

コンクリートブロック塀の塗装をDIYで行う時に必要な材料と塗装手順

色々とメリット、デメリットを踏まえた上でDIYで塗装したいという方は、まずは必要材料を揃えてから挑みましょう。

必要なもの

  • 樹脂モルタル(下地補修用)
  • シーラー(下地塗料)
  • 塗料
  • ローラー(広範囲を塗る用)
  • 刷毛(細かい箇所を塗る用)
  • ヘラ
  • ブラシ(掃除用)
  • 養生シート

手順

  1. まず、コンクリートの汚れをブラシで取り除く。
  2. ブロック塀の目地、ひび割れをモルタルで補修する。
  3. 養生シートなどで塗料をつけたくない部分を保護する。
  4. シーラーを塗る。
  5. 塗料を、ローラーや刷毛で塗る。乾燥したら二度塗りする。

コツ
塗料を付ける前は、しっかりとコンクリートを乾燥させる必要があります。しっかり乾燥させてから塗布しないと、後々の劣化に影響してしまいます。また塗装の膨れ、剥がれを起こさないために防水性がある塗料を使うのもいいでしょう。

ブロック塀のひび割れが大きくなっている場合はDIYで補修するのは危険です。もしブロック塀が倒壊して歩いている人に被害を与えてしまったら、所有者の責任になるということは覚えておきましょう。

ブロック塀の劣化症状を見極めるには

ブロック塀が劣化した状態であるなら、塗装はおすすめできません。

塗装する前に劣化具合をチェックしておきましょう。ポイントは3つの「ビ」。

  • ヒビ
    ほぼ幅もなく、深さも浅い髪の毛ぐらいのヒビ場合は、自分で補修することができます。ヒビの放置は劣化を早めてしまいますので気づいたら早めに対策しておきましょう。ヒビが大きくなってきたら、専門業者に依頼して補修工事を行ってもらった方が良いです。
  • カビ、コケ
    元々、水分や湿気を含みやすいコンクリートはカビやコケが発生しやすいものですが、根を張って深くまで入りこんでしまっていたら、劣化が進行していると思っていいでしょう。表面の汚れであればハイターを使って除去することはできます。
  • サビ
    内部の鉄骨が錆びて、それが表面に浮き出てしまっている場合は、内部の劣化が進んでおり危険です。地震など衝撃があると倒壊してしまうおそれもあります。この場合は塗装などでもごまかせないので、専門業者に依頼して補修しましょう。