車とのすれ違いのコツと注意点を掴んで安全運転しよう

初心者や運転が慣れないペーパードライバーの場合、狭い道で対向車とすれ違いをするときって、ぶつからないかとすごく緊張しますよね。

では、狭い道で対向車とうまくすれ違いをするにはどうしたらいいのでしょうか?コツはあるの?

また、車幅感覚を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、狭い道で対向車とのすれ違うときの運転のコツと注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【合皮の靴】劣化を防ぐ日頃のお手入れ方法をご紹介

合皮には良い点がたくさんあります。低価格なことやお手入れが簡単なことなど、使う側にとって嬉しいことで...

納豆をひきわりにしたい時の便利な作り方、試してみたくなるはず

冷蔵庫に納豆はあるけれど、ひきわり納豆が使いたいという時に納豆を細かく刻むことでひきわり納豆が出来ま...

発泡スチロール箱の使い道!定番から意外な使い道までご紹介

保冷が必要な商品を購入した際、立派な発泡スチロールの箱に入れられることがあります。綺麗で汚れ...

鶏の唐揚げをフライパンで揚げ焼きする方法と美味しくなるワザ!

みんな大好き鶏の唐揚げ!揚げるときにはコツさえつかめばフライパンで揚げることが出来ますよ!実...

朝の支度が遅い子供が自分から動けるようになる方法

小さなお子様がいるご家庭の朝は、毎朝ドタバタというお宅が多いと思います。朝起きても、ボーッとして準備...

熟年離婚を後悔しています。こんなにも寂しい生活になるとは…

熟年離婚を後悔。なぜ離婚したのでしょうか?離婚できれば、スッキリする。離婚すれば、楽...

防音部屋の作り方を簡単に自作出来るものから本格派までご紹介

「市販されている防音部屋は高価だし、自分でも簡単にできる作り方があれば…」と思っていませんか?...

アリとハチの違いとは?その見分け方や共通点について解説

よく見るアリとハチは似ていると感じたことはありませんか?アリは土の上を歩いているし、ハチは飛...

卓球のボールの色に関するルールと練習用のボールの選び方

日本でも人気のスポーツである卓球。今では試合で使用されるボールの色は白ですが、オレンジ色のボールを見...

100均の子供のおもちゃが人気。男女別のおすすめと豊富な種類

子供に新しいおもちゃを持たせると最初のうちは喜んで遊びますが、あっという間に飽きてしまうこともありま...

韓国の味噌の中で緑の容器に入っている【サムジャン】の魅力とは

韓国の味噌にはいろいろな種類がありますが、一番に思いつくものはコチュジャンではないでしょうか。...

猫が喜ぶ100均アイテムを活用したケージの作り方をご紹介!

猫の飼育にはケージが欠かせませんが、市販は値段が高いですし、不要になった時の処分にも困ります。そ...

【レストラン風】デザートの盛り付け方とワンランク上のコツ

レストランのデザートの盛り付けは、とても華やかで見てるだけで幸せな気分になれますよね。そんな...

子猫の野良の捕まえ方とは?懐かせ方や保護後の注意点

野良の子猫を発見しどうにか捕まえて保護したいと思っても、警戒心の強い野良猫はたとえ子猫でも捕まえるの...

電子レンジのオーブン機能ならアルミホイルは使えます

電子レンジにアルミホイルを使ってはいけないのは知っているけれど、オーブン機能ならアルミホイルを使って...

スポンサーリンク

狭い道で対向車とうまくすれ違いをするコツは?

車の運転になれていないと、狭い道で対向車と出くわした場合ぶつけてしまわないか怖くなってしまいますよね。
狭い道で対向車と出くわしてしまった場合、上手くすれ違いをするコツは何でしょうか。

まずはスピードを落としましょう。
危険だと感じたらスピードを落とすことで事故を起こしてしまう前に止まることができますし、万が一ぶつかってしまったときに生じる傷や損害を最小限に抑えることができます。
スピードを出していてぶつかってしまったとき、体への衝撃は大きいものになってしまいますので徐行を心がけてください。

普段から自分の車の車幅の感覚をつかんでおくと運転がしやすいです。
車の実際の幅ではなく、自分が運転席に座っているときに見えている幅を把握しておきましょう。

道路に引かれている左側の白線が運転席から見てボンネットの中央付近に来ていると左側のタイヤが大体白線上にあることになります。

車の大きさや運転席の高さによって見え方に違いがあります。
車通りの少ない場所や広い駐車場などで、サイドミラーなどを活用して車幅の感覚をつかんでおくことが必要です。

狭い道で前から車両が来たときのすれ違いのコツ

狭い道で前から対向車が来たとき、どうすれ違うと良いでしょうか。

まずは対向車とどこですれちがうかを考える必要があります。
例えば、電柱があったり路上駐車している車があるところは道幅がさらに狭くなっているので避けたいところです。

もしもすれ違う自信がなければ、左側に目いっぱい寄って停車し、ハザードをあげて対向車を先に通してあげると右側と左側の幅を気にしながら慎重にすれ違わなくてはいけないということがなくなるので、良い方法です。

すれ違う場所を考えずに前進してしまうと、すれ違うことができずにバックしなくてはいけなくなることがあります。
前進よりもバックの方が難しいので、狭い道ですれ違ってしまったときは瞬時にすれ違えるところを見つけることが大事です。

すれ違う場所が決まったら、早めに車を寄せましょう。
すれ違い始めるときに自分の車と対向車が真っ直ぐな状態になっていないと、すれ違いが難しくなってしまいます。

狭い道での対向車とのすれ違いのコツと注意点

すれ違い運転で一番注意しなくてはいけないのがサイドミラーです。

サイドミラーは車体から約10センチほど飛び出しているので、狭い道ですれ違うときに相手の車にぶつけてしまう可能性が高いのです。

相手の車へぶつけてしまわないかと右側のサイドミラーばかりに気をとられていると、反対側が家の外壁にぶつかってしまったりする恐れもあります。

もしもあたってしまいそうだと思う場合、折りたたむなどの対応をとるようにすればぶつからずに済みますよ。

狭い道ですれ違うときにルールがあるのを知っていますか?

狭い山道など傾斜になっているところですれ違うとき、登坂斜線側の車が優先となります。
登坂斜線は下り坂の斜線よりも運転が大変です。
運転手を気遣ってあげる対応をとると良いですね。
また、崖側などを走っている車は、安全面を考えて先に通してあげるようにしましょう。

歩行者や自転車が多い場所の場合は徐行が基本!

歩行者や自転車が多い場所の場合徐行することが基本です。

歩行者や自転車が多い場所では、突然人や自転車が飛び出してくる危険があります。
バスが乗降のため止まっているとき、その横を通り過ぎるときも徐行する必要があります。
バスから降りた人が車の存在に気づかず道路を渡ることがあるのです。

歩行者や自転車が多い場所では運転に慣れているベテランのドライバーでさえ神経を使うほど、危険が潜んでいるのです。

もし歩行者や自転車が不注意で飛び出してきても、車を運転していた人が責任を問われることになってしまいます。

車を運転する方は常に「人が飛び出してくるかもしれない」「自転車が飛び出してくるかもしれない」という「かもしれない運転」を心がけることが必要です。
危険だと思う場所ではスピードを落として徐行することが大切です。

車幅感覚を身につけて安全運転をしよう!

安全に運転するためには、車幅の感覚を身につけることが必要です。

車幅の感覚を覚えるのは意外と簡単なことで、わかっていると運転が便利になることは確かです。
車に乗る前に、左右の大体の位置を把握しておくとよいです。
自分の足元やハンドルを握る手元の部分と、車の端にあたる部分は大体同じと考えると意識しやすいですね。

せっかく感覚をつかんでもしばらく運転をしないなどで感覚を忘れてしまうこともあるかと思います。
そのときはまた感覚をつかむまで慎重に運転しましょう。

車を運転することは、家に無事に帰ることが目的なので、感覚が少しずれたとしても神経質になることはありません。
覚えた車幅感覚ぎりぎりに走らず、余裕を持って無事に帰ることが大事なのです。

慣れない車を運転するときは緊張して判断力や注意力が鈍ってしまうことがあります。
慣れない車に乗るときは車幅の感覚に神経質になるのではなく、運転そのものに集中するようにしてください。

車幅の感覚をつかむというのは、慣れた車での話だということを頭に入れておきましょう。