豚肉の炒め物はお弁当に最適!冷めても美味しい!野菜も一緒に!

お弁当を作る時に気を付けていることはありますか?

やはり肉・魚・野菜のバランスではないでしょうか。

肉の中でも豚肉は炒め物や揚げ物など、色んなバリエーションがあってお弁当には欠かせない具材ですね。

特に男の子には毎日でも入れたいあげたいおかずです。

そこで簡単に出来る、野菜も一緒に摂れる、冷めても美味しいおかずのレシピを紹介します。

お弁当を詰めるちょっとしたコツもみていきましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥の水浴びは冬でもするのか。冬の温度管理や気をつけたいこと

文鳥は水浴びが大好きな鳥で、豪快な水浴びは見ていても楽しいですよね。そんな文鳥ですが、寒い冬...

一輪車は子供の発育に効果的!選び方や一輪車の効果を解説

小学校低学年くらいになると、一輪車を欲しがるお子さんもいますよね。子供が一輪車に乗ることは、子供の発...

フランスパンのクープが必要な理由とクープを入れるコツ

フランスパンにはクープと呼ばれる切り込みが必ず入っていますが、そもそもなぜクープが必要なのか知ってい...

勉強したくない!この『なぜ』の疑問に真剣に向かい合ってみた

『勉強したくない!どうして勉強しなきゃいけないの?どうしてお父さんとお母さんは学校に行かないの?』...

塾に行かないでも勉強が出来る子塾に行かないと勉強が出来ない子

塾に行かないで勉強が出来る子と、出来ない子は何が違うのでしょうか?同じ時間、学校で授業を受けているの...

バスケのシュートフォーム、女子選手のチェックポイントを解説

バスケのシュート率をアップさせるには何が必要か。それはシュートフォームの見直しです。特に飛距離に...

お風呂場の臭い。下水の生臭さをなんとかしたい!手順と方法

お風呂場がなんか臭い。これは下水からくる生臭さでは?そんな時には、どのように掃除をしたら...

アボカドが苦手でも美味しく食べたい!絶品アボカドの食べ方

アボカドは森のバターとも呼ばれ、栄養が豊富で女子にも嬉しい効果がたくさんありますが、苦手という方も実...

子供の名前が決まらない!赤ちゃんの名前をつけるときのポイント

もうすぐ産まれてくる我が子のために、一生懸命に名前を考えているママもいるのではないでしょうか。でも、...

魚焼きグリルの掃除方法!内部のベタベタ汚れを綺麗にする掃除法

お魚を焼いた後の魚焼きグリルの内部には、ベタベタ汚れや頑固な焦げ付き汚れが残っていますよね。油断して...

缶詰の賞味期限は1年過ぎても問題ない?ポイントは缶詰の状態

非常食用などで缶詰を買っても、使う機会がなく気が付くと賞味期限が1年過ぎていたってことありませんか?...

シチューが玉ねぎなしでも美味しく出来るアイテムや代用品とは

シチューを作ろうと思ってたら、玉ねぎを買い忘れちゃった。玉ねぎなしでも美味しく作れるか心配、...

旦那がケチで生活費が少額!ケチが離婚理由に?妻ができる対処法

旦那がケチで生活費しかくれない!少ししか生活費をくれないという不満を抱えている奥様もいますよね。...

野菜の水やりのタイミングはいつ?基本のやり方と季節ごとの時間

家庭菜園をはじめたばかりの人は、野菜の水やりはいつ行うのがベストなタイミングなのかイマイチよくわから...

ウォシュレットの水漏れがノズル本体からの場合の原因と対処法

ウォシュレットの水漏れで一番多いのがノズルです。ノズルからからチョロチョロとずっと水漏れしてしま...

スポンサーリンク

豚肉の炒め物は男子のお弁当に欠かせない!

お弁当のおかずに、お肉は欠かせないという人も多いのではないでしょうか。

その中でも「豚肉」はリーズナブルでボリュームもあるので、お弁当や普段のおかずに大活躍しますよね。

育ち盛りの男子に冷めても美味しい豚肉を使ったお弁当レシピ

豚肉ほうれん草巻きの作り方

ほうれん草は茹でておき、冷水にとって冷ましておきます。

豚肉は甘辛ダレで味付けしておき、ほうれん草を豚肉でクルクルと巻いたら出来上がり。
ほうれん草の彩りもよく、野菜も一緒に取れるということで栄養面でも良いですね。
豚肉の味付けを前の晩からしておくと、味がより染み込んでご飯が進みます。
普段のおかずとしても使えるレシピではないでしょうか。

豚肉のピカタ風の作り方

豚肉は、少し厚みのあるしょうが焼き用の薄切り肉を使用するのがおすすめです。
豚肉に塩コショウで味付けしたら、卵にくぐらせてフライパンで両面焼くだけ!
卵液にドライパセリや粉チーズを入れると、チーズ風味になり美味しいですよ。
唐揚げなら時間がかかりますが、薄切り肉なので火の通りも早く、朝のバタバタした時間にもチャッチャと作ることが出来ます。

お弁当に入れたい豚肉炒め物は速攻で作る! 豚肉の甘辛炒め

豚肉と言えば、甘辛の味付けがよく合いますよね。

しょうが焼きや豚丼など、甘辛の味付けがご飯にぴったりです。

豚丼ほど濃厚な味付けではなく、どちらかというと牛丼風な味付けの豚肉もお弁当にはぴったりです。

一緒に玉ねぎを入れると甘みも増して、子どもでもたくさん食べてくれます。

豚肉は、切り落とし肉を選ぶと良いでしょう。

分量は豚肉200gに対し、玉ねぎ1個です。

この分量で約4人分になりますので、余ったらママのお昼ご飯としても良いですね。

この他に、キノコ類(しめじや椎茸)などを入れてもボリュームが出て良いです。

お弁当のおかずとしていれる場合は、気持ち味を濃いめに作るのがおすすめです。

その場合は、しょうゆの分量で調整します。

冷めても、美味しく食べることが出来ます。

お好みで、一味唐辛子を振りかけても良いでしょう。

忙しい朝は炒め物はレンジで!豚肉と野菜のお弁当のおかず

お弁当には、野菜やお肉など栄養を考えてバランス良く入れたいものですよね。

 

葉物野菜を使った豚肉のお弁当レシピをご紹介します

小松菜と豚肉の韓国焼き肉風の作り方

小松菜と豚肉は、長さ3~5cmの食べやすい大きさに切ります。
はじめに、耐熱容器に塩コショウで味付けし片栗粉をまぶした豚肉を入れ、その上から市販の焼き肉のタレを入れ、よく混ぜ合わせます。
その上から、小松菜を入れラップをしてレンジで加熱します。
600Wで3分が目安です。
全体を混ぜ合わせたら出来上がりです。
焼き肉のタレの味も色々ありますので、ピリ辛が好きならピリ辛味など好みで味を変えることが出来ます。

白菜と豚肉の蒸し料理の作り方

晩ごはんのおかずとしてもおなじみの白菜と豚肉。
これをお弁当用に応用してみましょう。
塩コショウで味付けした豚肉の薄切り肉を用意します。
白菜は薄切り肉と同じ幅に切り、耐熱容器に豚肉→白菜→豚肉…というように交互になるように重ねていきます。
全体に酒を少量まわしかけたら、ラップをしてレンジで7~8分加熱します。
ポン酢でさっぱり食べるのがおすすめです。

お弁当の上手な詰め方を紹介

お弁当を作る時には、おかずの詰め方にもいくつかポイントがあります。

お弁当は密閉容器なので、中に蒸気がこもってしまうと、そこから細菌が発生してしまう恐れがあります。

おかずやご飯の熱が完全に冷めて、蓋をしても裏側に水滴がつかない状態で蓋をするようにしましょう。

また、おかずに水気が残っていると、これも菌が繁殖する原因になります。

水気をしっかり取ること、そして加熱をしっかりすることも重要です。

水分を取るためには、調理したおかずはキッチンペーパーに取ったり、揚げ物用の網に取るなどすることで水分や油分が取れます。

煮物など汁気が出るおかずには、煮物の下に鰹節や胡麻を入れることでおかずの水分を取ってくれるので、このような工夫も良いでしょう。

お弁当に食べ物を詰める順序は、1ご飯、2大きいおかず、3小さいおかずの順番が良いです。

おかずとおかずが密着していると、そこから傷んでしまうので、仕切りなどを使い、おかずがくっつかないように工夫しましょう。

お弁当に入ってると嬉しいおかずはなに?

お弁当は、フタを取った瞬間がワクワクしますよね。

フタを開けて自分が大好きなおかずが入っていたら、テンションもあがります。

お弁当に入っていたら嬉しいおかずは、男女とも「卵焼き」です。

卵焼きは、お弁当に欠かせないおかずで、各家庭の味が顕著に出るということもあります。

アレンジも色々出来るので、いつも同じ味にはならないというところも良いですね。

次に人気なのは、鶏の唐揚げです。

男女とも、唐揚げは好きという人が多いようですね。

男性は女性に比べると、やはり「肉系おかず」がランキングに多く入っています。

面白いのは、「とんかつ」で、とんかつが入っていたら嬉しいという男性に対して、女性はその半分以下という結果に。

女性は、代わりに「エビフライ」や「きんぴらごぼう」がランキングに入っていました。