トレカの交換で郵送する時の包装方法やポイント、注意点を解説

ネット上でトレカの交換が成立したら次は輸送です。
郵送する際は、トレカが折れないようにしっかり包装することが大切ですが、調べてみると皆さん色々な工夫をされているのがよくわかります。
そこで今回は、トレカを郵送する場合の包装方法について詳しくご説明します。
間違ってもトレカをそのままの状態で封筒に入れないように!
貰った相手が嬉しくなるような包装にしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミニチュアピンシャーの寿命は世界最高ではないが比較的長い

平均寿命が世界最高の犬種はミニチュアピンシャーではありませんが、ミニチュアピンシャーは比較的寿命が長...

顔が大きい人の帽子の選び方サイズの見方や似合う帽子を紹介

顔が大きいからと帽子を諦めてはいませんか?帽子は選び方やかぶり方を間違えなければオシャレに見えるアイ...

金魚とメダカを同じ水槽で混泳させてもいい?混泳させる時の方法

金魚とメダカを同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。でも、金魚とメダカを一緒の水槽で飼育...

ハンバーグをパン粉なし牛乳なしで美味しく作るコツを教えます

ハンバーグを作る時、つなぎとしてパン粉と牛乳を使うとだいたいのレシピに書いてありますよね。で...

絶品焼きおにぎりをバーベキューで食べるためには下準備が必要

バーベキューの最後に食べる焼きおにぎりはとても美味しいですよね。でももっとおいしく食べるため...

コンクリートブロック塀を塗装するメリットは大きいが注意は必要

「家のコンクリートブロック塀が汚れているから、塗装で綺麗にして見栄えを良くしたい」という方も多いので...

お誕生日に作りたい料理【4歳児におすすめのパーティーレシピ】

お子様のお誕生日には、どんな料理を作ろうか悩んでいるママも多いと思います。いつもとは違った特別感...

ピアノの練習しない子供への親の接し方!やる気を出すポイント

ピアノは子供の習い事の中でも人気の習い事ですよね。でも、子供はなかなか自分から練習をしてくれません。...

体育の授業で行うダンスとは?ダンスの授業内容について

体育の授業で必修となっているダンスはどのようにこなせばいいのでしょうか?未知の授業、ダンスについて紹...

中学生が勉強しない時『放っておく』という距離のとり方は間違え

中学生の子供。ダラダラと勉強しない。親として『勉強しなさい!』と強く言っても効き目がない。...

猫との引っ越しで長距離移動する場合の移動手段と注意点

ペットで猫を飼っている方も多いと思いますが、猫を飼っている家庭で悩むのが引っ越しの時です。猫...

読書に集中したいなら音楽が効果的?音楽による相乗効果とは

「読書により集中したいなら、音楽を聴きながら読書をすると良い」という噂。音楽は逆に邪魔なのでは?...

友達と遊ぶ時は何する?30代女子におすすめの友達との遊び場所

30代の大人女子の皆さんの中には、友達と遊ぶときに一体どんなことをして遊べばよいのかいまいちわからな...

ガラスのシール剥がしの裏技!家庭にあるもので簡単に剥がす方法

お子さんにシールを貼られてしまった時、簡単にできるシール剥がしの裏技があればいいのにと思うこともあり...

鍋の空焚きで焦げた時の対処法!ステンレス鍋の焦げを落とす方法

料理をしている時、うっかり鍋を空焚きしてしまい、鍋を焦がしてしまうこともあります。鍋の焦げ付きには、...

スポンサーリンク

トレカの交換で郵送する場合の包装ポイント

モノによっては数万円で販売されていることもある「トレカ」。

そんなトレカの交換取引が成立した場合には、速やかに落札者に郵送しなければいけませんが、発送準備を行っている際に「包装の方法」で悩んだことはないでしょうか?

日頃からよくネットオークションをやっている方であればお分かりと思いますが、初めて利用される方は包装のマナーについて、よく分かっていないという方も多いと思います。

トレカの交換で郵送する際の包装ポイントについてご紹介します。
交換取引を快く終えて、お子さんのもとへ無事希望のトレカを渡すことができるように、ぜひ参考にしてみて下さいね。

包装ポイントは「商品」に傷がつかないようにすること

包装する時はもちろんのこと、郵送中にもトレカが傷ついてしまったり、汚れてしまわないように配慮した包装をしなければいけないのです。

「カードケース」を使うのがオススメ

トレカには、専用のスリーブというカードを保護するケースのようなものがありますので、郵送時にはそれにトレカを入れて郵送するのが良いでしょう。

ケースに入れた後は「入口をしっかりと塞ぐ」ことも大切

万が一、雨などで水に濡れるようなことがあった時に入口が塞がっていないとケースの中に水が浸水して、トレカが濡れてしまうかもしれません。
そのためスリーブの入口はしっかりと塞ぐようにしましょう。

折れ防止!トレカの交換で郵送する場合の包装の仕方

一方でトレカは紙を少し厚くしたモノですので、包装の際にはトレカの「折り曲げ」にも注意しなければいけません。

トレカが折れてしまうのを防ぐ方法としては「厚紙」を使うのがオススメ

厚紙やダンボール等などの折れにくい紙を2枚用意して、スリーブに入れたトレカを厚紙やダンボール等挟んで固定すると良いでしょう。
こうすればトレカが折れてしまうことも防ぐことができます。

また、この時に用意する厚紙やダンボール等は、トレカよりも1サイズ~2サイズ大きめの物で包装するのもひとつの配慮となります。

大きめの厚紙やダンボール等があればトレカを確実に保護することができますし、落札者が受け取った時にも、カードを誤って切ってしまうことなく厚紙等から取り出すことができるはずですよ。
ぜひ配慮してあげて下さいね。

トレカ交換時の包装の仕方、より丁寧に包装するなら

これまでは、トレカ交換時の包装にはスリーブと厚紙等を使うということをお伝えしてきましたが、中には「もう少し丁寧な包装をしたい!」と考えている方もいるでしょう。

「固めのプラスチックの保護ケース」にトレカを入れるのが良い

固めのプラスチックの保護ケースであればトレカが折り曲がる心配はありませんし、何より、封筒が浸水した場合でもトレカが濡れてしまう心配がありません。
プラスチックケースは100均等で購入できますのでぜひ活用してみて下さいね。

一方で封筒には「折り曲げを禁止する文言」を記入しておくのもオススメ

郵送時に配達員さんに折り曲げないで下さいと伝えても良いですが、一番は自分で記入しておくのが安心です。

包装したトレカを送る場合はどの郵送方法がいいのか

交換取引が成立したトレカを郵送する方法は主に2つです。

ポストに投函する方法

包装したトレカの封筒に必要分の切手を貼ればポストに入れるだけで郵送完了です。
また、ポスト投函だと郵送代(切手代)も100円以内で安いですから、郵送代を節約したい方にはオススメの方法です。

追跡・補償サービスが付いたもので郵送する方法

簡易書留や宅急便コンパクトなどで郵送すれば、追跡番号からしっかりと郵送されているのか自分の目で確認することができるため、確実に郵送したい!という場合にはこちらの郵送方法がオススメです。

料金はポスト投函と比べると少し高くなってしまいますが、配達されたのかな…という不安は取り除くことができるでしょう。
また万が一の場合でも補償がついていると安心です。

トレカを郵送する際はそのまま封筒に入れないこと

トレカの交換取引に限らず言えることですが、郵送時のトラブルは少なくありません。

実際に私もネットで取引して郵送されてきたモノが割れてしまっているトラブルに見舞われたことがありました。
その当時は、相手の方がしっかりと対応してくれたおかげで大きなトラブルへとは発展しませんでしたが、それでもやっぱり良い気持ちはしませんでした。

ネットオークションでは実際に相手と会って取引をするわけではありません。
それがネットオークションのメリットでもあるのですが反面でデメリットでもあります。

自分だったらどんな状態で送られてきたら安心するのか、逆に、どんな状態で送られてきたら嫌な気持ちになるのかを考えてみましょう。
そうすれば相手のことを配慮した包装の仕方は自然と分かってくるはずです。