捨て猫の子猫についているノミを洗い流すのちょっと待った!

捨て猫を拾ったけれども子猫はお風呂にいれてもいいのでしょうか?ノミを洗い流したいけれど、猫はそもそもお風呂で洗ってもいいものなの?

子猫の場合、ノミがいたとしてもお風呂で洗うよりもまずはこの行動を取るといいようです。

子猫の命を守るためにも、ぜひ順番を間違えないようにしてください。子猫を拾ったときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体重と見た目は比例しない?その理由と見た目を変える方法

体重と見た目は比例しそうで、比例しない!?体重は軽くても筋肉量が少ないと太りやすい体になってしまう可...

母親の愚痴は子供にとって毒!子供に与える影響とは

愚痴を聞かされるのは誰でも嫌なものですが、それが母親と子供だとどうでしょう。母親としては一番身近...

チャーハンに使うご飯は炊きたてでも大丈夫?パラパラにするコツ

チャーハンは休日のランチや、時間がない時などでも、簡単に主食になりご家庭でもよく作る料理の一つだと思...

壁紙・クロスの掃除方法はこんなに簡単!さっそくやってみよう

気がつくと壁紙やクロスが手垢や油などの汚れがついていて「これはもう取れないかも?」とあきらめてしまっ...

雷が落ちたら家はどうなる?雷による家電の被害を未然に防ごう

「雷が家に落ちるなんて」と油断していませんか?基本的には家の中が一番安全ですが、家に落ちる可能性...

風呂場のドアの水垢汚れをキレイに!風呂場のドアのお掃除方法

風呂場のドアに水垢などの汚れが溜まってしまうと、お掃除をするのがとっても大変ですよね!こまめに掃除が...

猫の迷惑問題の対策!猫が来ないようにする対策と被害の予防方法

近所に住んでいる野良猫や、自由に外を行き来している飼い猫の迷惑な行動に、頭を悩ませている人もいますよ...

家庭菜園のブロッコリーを害虫から守る方法とつきやすい害虫

家庭菜園でブロッコリーを栽培している人の中には、ブロッコリーについてしまった害虫に頭を悩ませている人...

布団の干し方は裏表を綺麗に干すコツでダニもしっかり落とす

布団の干し方について裏表のどちらを干したらいいのか悩んだことはありませんか?布団を干すときは裏表...

虫の対策方法!玄関・網戸・ベランダに虫が来ないようにする方法

温かい季節になると、色々な虫が活動的になってきますよね。玄関や網戸などに虫が寄ってきて、家の中に入っ...

親の扶養義務?放棄できる?法的に考えられることとは

親は子どもを成人するまで保護するのは義務です。立派に育て上げてくれた親が年老いた時に、面倒を...

スキレットのシーズニング方法とは?裏側も油を塗りましょう

スキレットのシーズニングをするときには裏側もしたほうがいいのでしょうか?スキレットは正しくお手入れを...

パスタの簡単レシピ!具なしでも美味しく食べるおすすめレシピ

時間のない時や、手軽なひとりランチにパスタを食べることもありますよね。簡単に済ませたい、なる...

シチューのカロリーが高いのはなぜ?高くする意外な原因とは

クリームシチューはカロリーが高いというイメージありませんか?作った翌日に鍋を見ると脂がたくさん浮...

カレーの隠し味に入れるヨーグルトの使い方とおすすめ隠し味

カレーを作る時には、各家庭で隠し味として加える調味料や食材があると思います。ルーだけの味よりも、...

スポンサーリンク

捨て猫の子猫のノミはすぐに洗ってもいいの?

外の物陰に隠れていた捨て猫の子猫を見つけて保護したものの、子猫の体にノミが付いていそうだからお風呂に入れて綺麗にしてあげたい!と思ったことはありませんか?

すぐにでも洗い流し綺麗にしてあげたい気持ちは分かりますが、猫をお風呂に入れることができるのは「生後1ヶ月」が経過した頃からです。

子猫は、生後1週間までは自分で体温調節することが難しく、時間と共に体温調節が可能となっていきます。

そのため、生後1ヶ月が経たないうちにお風呂に入れてしまうと、体温調節ができないために、風邪を引き最悪の場合、命を落としてしまう危険があります。

また、生後1ヶ月が経過している子猫であっても、生後3ヶ月までは、多少の気温変化でも風邪を引いてしまうと言われています。

そのため、元気が無い場合にはお風呂に入れることは避け、タオルなどで体を拭いてあげるようにしましょう。

子猫は体調に変化が起こりやすい時期でもあります。

少しのことが命に関わるようなことに繋がりますので、子猫の体調を考えた行動をとることが大切です。

捨て猫の子猫はノミが気になるけれどまずは温めてあげよう

上記でも述べたように、子猫は体温調節がうまくできません。

また、外での環境に耐え切れず体温が低下し、低体温症を起こしてしまう可能性も考えられます。

そのため、捨て猫の子猫を保護した場合には、まず子猫の体を温めてあげることを優先しましょう。
ダンボールなどにタオルやカイロ、湯たんぽなどを入れ子猫が体を温められる環境を作ってあげます。

この際、カイロなどで子猫が火傷しないように配慮することも大切です。

また、飼い主さんが既に自宅で猫を飼っている場合には、子猫と先住猫を対面させることは厳禁です。

特に外で暮らしていた猫は、ノミやダニが体に付いていたり、感染症を持っている可能性があるため、子猫を病院に連れて行き健康状態が確認できるまでは、別の部屋で隔離するようにしましょう。

捨て猫の子猫はノミがいることが多いので病院につれていくことがベスト

捨て猫の子猫を保護した際には、速やかに動物病院に連れて行き、子猫の健康状態をチェックすることが大切です。

ノミやダニをはじめとして、感染症にかかっているか、不妊手術やワクチンは済んでいるか、怪我はしていないか、猫の性別や年齢など様々なこと確認しなければいけません。

また、怪我をしている場合、感染症などにかかっている場合には、治療も必要となります。

見た目は健康そうで元気であっても、外で暮らしていた捨て猫は、どんな病気を持っているか見た目で判断することはできません。

猫が可愛くて仕方ない気持ちも分かります。

ですが、検査結果が出るまでは、猫を抱きかかえたり先住猫と接触させることは避け、2次被害が出ないように気をつける必要があります。

捨て猫の子猫のノミ駆除の費用はどのくらい?

捨て猫の子猫のノミ駆除費用は約2000円程度、プラス初診料がかかります。
ノミ駆除の他に、検査や予防接種なども必要となる場合には、1万円程度かかることもあるため、事前に確認するようにしましょう。

また、ノミは猫の体の皮膚に卵を産みつけるため、シャンプーやブラッシングでは完全に害虫を取り除くことはできません。

治療、予防対策には、病院で処方される薬を使う必要がありますので、シャンプーやブラッシングは、病院での薬を使用後にしてあげるようにしましょう。

また、保護した猫が本当は飼い猫である場合もあります。

首輪がついていないくても、マイクロチップが体内に埋められていることがあるため、警察や保健所で迷子の届出が出ていない場合でも病院でマイクロチップの有無を確認することも大切です。

捨て猫の子猫を拾ったけれど飼うのは難しいという人へ

捨て猫の子猫を保護しても、様々な事情から、実際には飼うことが難しい場合もあると思います。

そういった場合には、すぐに保健所に持っていくのではなく里親を探してあげて下さい。
保健所に連れてこられた犬や猫は、一定の期間内で飼い主が見つからない場合、殺処分されてしまいます。

最近では、インターネットを利用し里親を探すこともできますので、そういったものを利用するのも良いでしょう。

ですが、インターネットは気軽に里親を探せて便利な反面、相手の素性が分からないというデメリットもありますので、知人の中で里親を探せるのであればそちらを優先しましょう。

また、動物病院などに里親募集の張り紙を貼らせてもらうのも良いでしょう。

どちらにしても、捨て猫が子猫の場合は誰かが保護をしない限り、外の世界で生き延びることは難しいでしょう。

飼うことは難しくても「保護をしてあげる」その行動が、一つの命を救うことに繋がるのです。