ハムスターのヒーターは水槽のものでもいい?ヒーターの取り扱い

ハムスターが過ごしやすい温度は20〜26℃となります。寒くなってきたとき役立つのはヒーターですが、水槽のものを使うことはできるのでしょうか?温かくする目的は一緒ですが、ハムスター用のヒーターを用意することをおすすめします。

また、ヒーターはケージの大きさに合わせて選びしょう。

ハムスターのヒーターを置くときのポイントやコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トマトの葉っぱが黄色くなる原因と対処法!まずは予防から

トマトは小さなプランターでも簡単に育てることができるため、家庭菜園の中でも特に人気があります。...

メダカの飼い方【室内編】室内でメダカを飼育する時のポイント

室内でメダカを飼育しようと思っている人の中には、どのような飼い方をするのが良いかわからない人もいます...

洗濯機で重曹を使うと故障することも!重曹の正しい使用方法

家の中の掃除やお洗濯に大活躍してくれる重曹。人の体の中に入っても安全な物質なので、掃除や洗濯に利用し...

ゆで卵がレンジで破裂!電子レンジでゆで卵を作る・加熱する方法

ゆで卵を電子レンジで作りたいと思って卵を加熱した時、卵が爆発してしまったという経験がある人もいますよ...

米ぬか効果抜群の肥料を作ろう!作り方のポイント

お米を精米した時に出る粉が「米ぬか」です。土作りの段階で肥料を与えることで肥料の効果が長続きしま...

クローゼットを上手く使うことで部屋のレイアウトが変わる

クローゼットはどのように収納したら部屋のレイアウトに影響なく収めることができるのでしょうか?...

ごぼう・大根・人参を使ったほっこり美味しいレシピ

冷蔵庫の野菜室にある大根や人参、ごぼうは煮物にしても美味しい野菜ですよね。根菜類は比較的日持ちす...

子供を作らない理由…。子供のいない夫婦の割合や心理

最近は子供を持たないという選択をする夫婦も増えてきています。しかし、親や親戚から急かされてイヤな...

カレーの酸味は何が原因なの?酸味を和らげる方法や調味料

カレーの酸味の原因は作り方?それとも使っている食材?カレーの酸味が強く出てしまうときにはこんなことが...

冷やし中華の具に豚肉はアリ。茹で豚、カリカリ豚、挽肉のレシピ

夏がやってくると食べたくなる冷やし中華。具のハムがない、冷蔵庫には豚肉が。そんな場合は豚肉を使っ...

セールスの電話がしつこい!迷惑電話を簡単・上手に撃退する方法

いつもかかってくるしつこいセールスの電話に頭を悩ませている人もいますよね。何度断っても懲りずに電話を...

出産後に離婚を夫から言われる理由…多い原因と乗り切り方

出産後のママは昼夜のない生活で育児に追われます。1日24時間のうち自分の時間なんてほとんどなく、赤ち...

男ってホント子供っぽい!その理由や性格や特徴について

男ってホント子供っぽくてイヤになる!男性はどんなに年を重ねても子供っぽいというか、まんま子供...

【女独身30代】結婚できないと世間から烙印を押される理由

女性の結婚年齢が上がっているとはいえ、30代で独身でいると、世間から結婚できない女性として烙印を押さ...

柴犬【3ヶ月】しつけのポイントと飼い主の関わり方

柴犬は飼い主に忠実で、昔からペットとして人間と一緒に過ごしてきました。日本犬らしい姿は大人にも子供に...

スポンサーリンク

ヒーターが必要なのは何℃から?ハムスターの飼い方

冬が近づいてくるとハムスターを飼っている飼い主にとっては、冬越しを本格的に考えなくてはいけない季節に入ります。「さぁ、ハムスターの冬越しを本格的に考えなくてはいけない」。冬越しで使われるのがヒーター。けれど節電も頭にいれなくてはいけないし大体どの位の温度に設定すれば良いのか、飼い主としては詳細な情報が必要になります。

ヒーターは大体15度から20度を目安にする

ハムスターの体調が崩れない温度は上記の様な温度になります。ヒーターに関しても、その位の温度になる様に設定すると、あなたも安心してハムスターを飼い続ける事が出来ると思います。

またプラスの情報にはなりますが、ハムスターは温度差にも弱い小動物です。大体10度の差があると、体調を崩しやすくなります。人間も朝、昼、夜と気温差が激しいと体調を崩しやすくなりますよね?ハムスターも同じ感覚になります。温度差に関しても配慮してあげましょう。

ハムスターに水槽のヒーターを使うのはオススメしません

ハムスターの冬越しに用に靴下をケージの中に入れてあげたりヒーターを利用したりと、利用するアイテムも飼い主によって変わってきます。中には、水槽のヒーターを使用している方、これから使用を考えている方もいると思います。ですが、正直、冬越しに水槽のヒーターの使用はお勧めする事が出来ません。

その理由ですが、水槽のヒーターはあなたが思っている以上に温度が上がり、ハムスターが間違ってその高温な水槽のヒーターの上によじ登ろうとするなど、水槽のヒーターに触れただけで、ハムスターが火傷をしたりする可能性があります。二次的な怪我をする恐れがあるので、あまり水槽のヒーターの使用はお勧め出来ません。

水槽のヒーターにこだわらなくても、上記でも少し触れていますが、靴下を入れてあげたり、タオルでも代用は可能です。ハムスターが火傷をする可能性がある水槽のヒーターを使用するよりは、より安全に冬越しが出来るアイテムを使用する事をお勧めします。

水槽用ではなくハムスターのヒーターを用意してあげましょう

ハムスターの冬越しですが、水槽用ではなく、ペット用ヒーターを利用する方が、ハムスターの安全を考えていると思います。

値段もそれ程する訳ではなく、2000円位なので、冬越しの時期が迫っているのなら、一台購入してみてはいかがですか?

またあなたはペット用ヒーターと水槽用ヒーター、何がそんなに違うの?と疑問に思われるかも知れませんよね?

違いは温度調節が出来る点だと思います。ヒーターで懸念される点は、ハムスターがそのヒーターを使用して、火傷などの怪我をしないか、また、高温になりすぎないか?という点だと思います。ペット用のヒーターはその点、温度調節をすることが出来るので、使用していてハムスターが火傷などの二次的な被害に遭うことはありません。その点がペット用ヒーターの方が安全であり、使用に適しているのだと思います。

ハムスターの水槽にヒーターを置くときのポイント

手元に水槽のヒーターをお持ちで、これからもハムスターの冬越しに使用を考えている方は、ケージが熱くなりすぎない様に、置き場所を工夫する必要があります。

水槽のヒーターを置く際に、ハムスターが居心地良く過ごせるよう、ケージ内が熱くなりすぎない様に、温度についても配慮する必要が出てきます。

ケージとヒーターの間を離す

ケージの中の温度を調節する一つの方法ですが、ケージとヒーターの間を離します。そうする事でケージ内は熱くなりすぎない様に調節することが出来ます。暑すぎないか、寒すぎないか、ヒーターとケージとの距離を上手く調節して、ケージ内の温度調節をシていきます。

置く場所にも注意

ケージの下に置いてしまうと、ケージ内の温度調節が出来ません。ただ単純にケージ内の温度が高温になって、ハムスターが息苦しく感じるだけなので、下には置かない方が良いと思います。他の位置の方が、ヒーターとケージの距離を調節する事が出来るので、温度調節が可能になります。置くのなら、下以外の場所で温度調節が出来る場所にしましょう。

ハムスターのヒーターを効率よく使う方法

ハムスターの冬越しは、ヒーター以外でも対応可能です。あなたの手元にある物もあるので、そういった身近に有るもので対応していきましょう。

ダンボールでも対応出来ます。

人間でも同様に感じると思いますが、寒さは下から感じると思います。それは、ハムスターでも一緒で、寒さを下から感じます。寒さは下から舞い上がって来る。では、その部分にダンボールを置くことで寒さを軽減する事が出来るんです。

ヒーターは用意出来なくても、ダンボールは簡単に用意出来てしまうと思います。ダンボールをハムスターがいるケージの下に敷いて、寒さ対策にしてみて下さい。

暗さを加減する意味でも、夜、タオルや毛布をケージに掛ける。

単純に外からの寒い空気をショットダウンする方法として、厚手のタオルや毛布を夜、ケージに掛けて上げることで、寒さ対策になります。これも、家にあるアイテムですぐ対応出来ると思います。

ハムスターを飼っている方は、寒い時期が来ると、寒さ対策でヒーターを利用する方も多いかと思います。上記の記事で水槽のヒーター以外の対策も紹介して来ましたが、参考にはなりましたか?水槽のヒーターは正直あまりお勧め出来ません。ペット用に切り替えるべきだと思います。また、ヒーター以外でも、ダンボールや毛布でも寒さ対策が出来ます。水槽のヒーターだけには頼らず、他の対策も取り入れてみて下さいね。