観葉植物の葉っぱが黄色くなるのはナゼ?原因と対策方法

植物の葉っぱが黄色くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

葉っぱが黄色くなってしまったときには、その部分だけ切ればいい?それとも茎から取ったほうがいいのでしょうか?健康的な葉っぱを育てるポイントやコツは水のあげ方が関係しているようです。

気になる観葉植物の葉っぱが黄色くなる原因や対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那がケチで生活費が少額!ケチが離婚理由に?妻ができる対処法

旦那がケチで生活費しかくれない!少ししか生活費をくれないという不満を抱えている奥様もいますよね。...

お好み焼きの献立にあう副菜はコレ!一緒に焼きたいオススメ具材

具材を切って混ぜて焼くだけ!お好み焼きはホットプレートでみんなでワイワイ食べることができ、簡単な...

クラブのダンスがよくわからない女性必見!ダンスのポイント

「クラブに誘われたけどどんなダンスをすればいいの?」と悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。踊...

木や壁についてしまったネジ穴を補修する方法を紹介します

木についたネジ穴の補修はどのように行えばいいのでしょうか?物をかけているうちにネジが緩んでしまい...

コンビニコーヒーを注文する時にタンブラー持参すると良い事が

コーヒー好きの人はそれぞれにお気に入りのコーヒーがあると思いますが、中でもコンビニコーヒーは、手頃な...

グリーンネックレスがしわしわになる原因とは?対処方法を紹介

比較的に育てやすいと言われているグリーンネックレスですが、気がついたらしわしわになってしまっていた。...

缶詰の賞味期限は1年過ぎても問題ない?ポイントは缶詰の状態

非常食用などで缶詰を買っても、使う機会がなく気が付くと賞味期限が1年過ぎていたってことありませんか?...

ハンバーグのタネがゆるい原因と復活方法【ハンバーグの裏ワザ】

ハンバーグを家で作った時に、タネがゆるく水っぽくなってしまうことはありませんか?タネがフニャフニャと...

小学二年生算数でつまづく時計の問題、その教え方とは

小学二年生の算数では時計についての学習を行いますが、この時計がどうしても読めないというお子さんも多い...

犬が安い理由とは?犬の値段の決め方と条件

ペットショップに行くと、他の犬より安い値段で売られている犬を目にすることがあります。見たとこ...

中年でも出来るダイエット!楽ちんな運動と毎日出来る事とは

大体40歳頃から中年と呼ばれるようになっていきますが、そのくらいを境に中年太りを感じていることも多い...

ショートボブはストレートがオススメ!人気の理由や魅力について

ショートボブはストレートの方が自然で馴染みやすく、女性だけではなく男性からも人気があります。ずっと髪...

洗面台のサビの落とし方で頑固な汚れもキレイに快適にしよう

洗面台のサビの落とし方が知りたいという人は必見です。気がつくと洗面台に頑固な茶色のシミやサビ...

玉ねぎを干す必要とその方法を紹介!こんないい効果があった!

玉ねぎは色んな料理の名バイプレイヤーとして大活躍です。また家庭菜園で育てている人もいますね。...

ハムスターのオスとメスの性格の違いと特徴・見分け方を解説

これからハムスターを飼おうと思っている人の中には、オスのハムスターとメスのハムスターのどちらを飼おう...

スポンサーリンク

観葉植物の葉っぱが黄色くなってしまう原因とは?

観葉植物を育てていて、下の方から葉っぱが黄色くなってきてしまったり、変色してしまう事があります。

原因をしっかりと理解して改善していきましょう。

観葉植物が黄色くなってきた場合

  • 水をあげすぎてしまっているか足りていない
  • 光が足りない

水をあげすぎていないか、量が適度かチェックしましょう。
また、置き場所も光は適度に当たるかチェックします。

日光が好きな植物の種類であればあるほど、日光が不足してしまえば、色素が薄くなっていきます。
株もヒョロヒョロと元気がなくなるのも特徴です。

観葉植物が茶色くなってきた場合

  • 水が足りていない
  • 直射日光が当たり過ぎ

直射日光が苦手な植物はたくさんあります。
水をあげているのに茶色くなってきたのなら、日光が当たり過ぎない場所のレースのカーテン越しに移動するなど置き場所を変えてあげましょう。

葉っぱの先が黒ずむ

  • 気温が低い
  • 病気

窓の近くなど、外気が感じられやすく寒さが伝わる所だと、室内の気温よりも低くなっていて凍傷のような状態になっている場合があります。
また、斑点が出る病気などもあり、カビが原因と言われています。

植物の葉っぱが黄色くなるのは土に元気がないのかも?

その植物の種類にもよりますが、大抵は、弱酸性に近い土が好きです。

酸性に傾いていればいるほど、強酸性になればなるほど植物は黄色くなってしまったり、そのまま枯れていく原因になります。

市販されている培養土はたいてい、弱酸性のものが多いので、そのまま使用していて、その時はよくても、外に置いている植物は特に、雨でどんどん酸性に傾きやすくなってくるので注意しましょう。

酸度メーターなどを使用して、今現在の土の酸度がどのような状態か計測して、その植物に合わせて調整するようにします。

かすみ草やガーベラなど酸性を苦手とする植物には、石灰類を加えましょう。

アルカリ性の土なら、無調整のピートモスを加えるといいでしょう。

また、根が詰まっていないか、肥料をあげすぎていないかなども注意します。

植物の葉っぱが黄色くなって枯れてしまう原因

春から秋にかけて特に、植物の葉っぱの先が黄色くなってきたという事は多いようです。

  • 水の不足
    成長するにあたって水が足りなくて、葉っぱの先が黄色くなる事が原因のようです。
  • 根詰まり
    成長している時期には、根が大きくなって根が窮屈になってしまっている事があり、根詰まりを起こしているかもしれません。
    鉢の底を確認して、その根の大きさに合わせた大きさのものに変えてあげましょう。
  • 肥料のあげすぎ
    水を適量あげているし、根も詰まっていなければ、肥料が多すぎている可能性があります。
    もしも肥料をあげすぎてしまっている事に心あたりがあるなら、水をたくさんあげて、今ある余分な肥料の栄養分を流しましょう。

水も肥料も、その植物に合わせた適量をあげて、成長と共に土の中の見えない部分の根も伸びすぎて窮屈になっていないかチェックしましょう。

観葉植物の葉っぱが黄色くなったものはどうしたらいいの?

育ててきた植物の葉っぱが黄色くなったら心配になりますが、もしも、1番下からの葉っぱが黄色くなってきているだけなら、通常の事で、自然な事と捉えても大丈夫な事の方が多いです。

しかし、上側にある葉っぱの色が変わるのは、何かあるのか観察しましょう。

上側の葉っぱが黄色くなった場合

  • 何枚も色が変わっているものがあるかどうか
  • 葉の裏側に異変はないか
  • 1枚の変色から、どんどん広がった様子があるか

どんどん広がっているようであれば、もしかしたら病気の可能性もありますので、病気なら薬も必要になります。

その葉だけが、色が変色していくようで、様子を見ていても改善しないようであったり、酷くなっていくようだったら、その葉の変色している部分だけ切り落としましょう。

観葉植物の葉っぱをイキイキさせてくれる葉水

水をあげるた後などに、霧吹きのスプレーで葉っぱに水をシャワーのようにかけてあげる「葉水」は植物にとって大切です。

葉っぱや茎、幹などに直接水を吹きかける事によって、葉っぱにツヤがでて丈夫に元気になります。

湿度を調節したり、葉についてしまう病害虫などを予防したり対処する事もできます。

根からの水分補給だけでは足りない分も補充できます。

また、茎から新しい芽も出やすくなるでしょう。

葉水をする時や水をあげる時の注意

  • 時間を決めましょう

時間がバラバラになってしまうと、植物に余計なストレスや負担がかかってしまう可能性があります。

いつも同じような時間帯にする事で、元気に成長する手助けをする事が可能になります。