台所のシンク下の臭いの原因と、原因別の対処法でスッキリ

台所のシンク下の扉にはどんな物を入れていますか?

フライパンや鍋を取り出そうとして、シンク下の扉を開けた時に嫌な臭いがしませんか?

臭いといっても原因によって色々な臭いがすると思います。湿気臭い、カビ臭い、下水の臭いなどどれも嫌なものですね。

そこで今回は臭いの種類別の原因と、その対処方法について紹介します。

シンク下の臭いがスッキリしたなら、シンクの中の排水口もキレイにしましょう。

排水口が汚れていると、部屋中に臭いがただよってしまいます。
お手入れ方法をご覧ください。

スッキリとした臭いのないシンクは気持ちが良いですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

料理の調味料が覚えられない時にはこの割合で!美味しい黄金比

最近は料理のレシピを探すのもネットで簡単に検索できて、いつもレシピを見ながら作っているという方も多い...

卵焼きをフライパン【丸】で作るときのコツやポイント

丸いフライパンで卵焼きを作るときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?一人分の卵焼き...

単身赴任の夫の食事が心配なら、持たせるおかずのオススメとコツ

夫が単身赴任だと、食事のことが心配ですね。仕事忙しいとご飯を作る時間や余裕もなく、カップ麺や...

フライドポテトを揚げないでも美味しく食べる方法【冷凍食品】

冷凍食品のフライドポテトは油で揚げて調理するのが一般的ですよね。子供のおやつにも、何かの付け...

アロマウォーターとは?超音波加湿器でも故障しない理由

アロマウォーターとアロマオイルの区別がつかない方いらっしゃいませんか?アロマオイルとアロマウォーター...

ブリーチに失敗したら美容院へ行くしかない?失敗した時の対処法

美容院へ行くお金を節約しようとセルフでブリーチをしたら、失敗してムラになってしまった…という方も多い...

ウエストを細くする方法!たった1週間でくびれ美人になれるコツ

ウエストを細くする方法、しかも1週間でくびれができる方法があるならぜひ知りたいですよね。ウエ...

通帳と印鑑の保管方法!大切な貴重品を泥棒から守るテクニック

大切な通帳と印鑑を保管する時、どんな場所に保管するのが安全なのか、どうやって保管すれば泥棒に盗まれな...

絵を飾る時に壁に穴開けない方法!穴を開けずに絵を楽しむ飾り方

お部屋に絵を飾る場合には、ピンやフックなどを使い、どうしても壁に穴を開けてしまいます。賃貸のお部...

お弁当の卵焼きに一工夫!人気のアレンジレシピをご紹介します!

お弁当のおかずとして卵焼きは欠かせませんが、どうしても味や見た目がワンパターンになってしまいますよね...

セールスの電話がしつこい!迷惑電話を簡単・上手に撃退する方法

いつもかかってくるしつこいセールスの電話に頭を悩ませている人もいますよね。何度断っても懲りずに電話を...

洗濯機の排水ホースの掃除方法!これで臭いとヌメリを解消

洗濯機の洗濯槽の汚れは気をつけて掃除をするという方も、見落としがちなのが排水ホースの汚れです。...

電子レンジのオーブン機能ならアルミホイルは使えます

電子レンジにアルミホイルを使ってはいけないのは知っているけれど、オーブン機能ならアルミホイルを使って...

旦那が無関心。家庭、子ども、妻。悲しい気持ちを感じる毎日

旦那の無関心。家庭に、妻に、子どもに。毎日を繰り返すだけの日々。パートナーは私じゃなくてもい...

たこ焼きを家庭でもっとお店の味に!美味しい作り方のポイント

家でたこ焼きを作る時には、市販のたこ焼き粉を買って、裏の調理方法の作り方通りに作りますよね。しか...

スポンサーリンク

台所のシンク下の臭いの原因について

台所のシンク下から漂う何とも言えない嫌な臭いを、感じたことがあるという人も多いと思います。
特に台所に立つ機会の多い主婦の方は、より感じたことがあるのではないでしょうか。

シンク下の臭いと言っても、原因には三つ考えられます。
原因によって対処法も違うので、まずはどのような臭いがしているのかを知ることから始めましょう。

こもったような臭い

シンク下からこもったような臭いがする場合、通気性に問題がある可能性があります。
確かにシンク下はスペースも広く、絶好の収納場所です。

だからといって、ギュウギュウに詰め込んでいると、当然通気性が悪くなり、こもった臭いが発生する原因となってしまいます。

調理器具だけではなく食品も一緒に収納している場合、それぞれの食品の臭いも一緒に混ざってしまいます。

カビ臭い

シンク下は湿気が溜まりやすい場所です。
こまめに扉を開けて換気をしないと、常にジメジメした状態となってしまうので、独特のカビ臭さを発生させてしまいます。

また、調理器具の水分が残った状態で収納してしまうと、さらに湿度を上げてカビ臭さだけではなく、本当にカビを発生させてしまうこともあります。

適度に除湿することも大切です。

下水のような臭い

下水のような臭いがする場合は、水道の配管に何か問題があるのかもしれません。
掃除をしても臭いが消えない場合は、この可能性が考えられます。

配管にある隙間から臭いが上がってくるという事態も少なくないので、臭いが改善されない場合は配管をチェックしてみることをおすすめします。

台所のシンク下の臭いには重曹を使う

台所のシンク下の臭いが気になる場合は、原因に合わせた対処をする必要があります。
しかし、すぐに原因がわからない場合や対処出来ない場合もあります。

だからといっていつまでも臭いを気にしているのは不快です。

そんなときは、重曹を使って消臭しましょう。
食品を扱う台所では芳香剤で臭いを誤魔化すには抵抗があります。

 

重曹は無臭で刺激も少ないので、安心して使用することが出来ます。

  1. 空き瓶などに重曹の粉末を入れます。
  2. ガーゼなど通気性のいいもので蓋をします。
    ガーゼがズレないように、輪ゴムなどで固定して下さい。
  3. 臭いのするシンク下に置くだけです。
    普段の使用の邪魔にならないように、隅の方に置いておくとこぼしてしまう心配もありません。

約一ヶ月間効果が持続します。
消臭の役目を終えた重曹は、掃除のときに使うことが出来るので捨てずに再利用してみて下さい。

台所のシンク下がカビ臭いなら漂白剤

台所のシンク下がカビ臭いなら、カビやその他の菌を除菌する掃除が効果的です。
漂白剤を使って掃除をしましょう。

塩素系の漂白剤を用意します。
刺激や臭いが強いので、ゴム手袋やマスクの着用をおすすめします。

  1. 使用する前に手袋やマスクの用意、事前に窓を開けて換気も行います。
  2. シンク下に収納しているものは、一度全て取り出します。
  3. シンク下が空っぽになったら、掃除を始めていきます。
  4. 雑巾などの布に、漂白剤を馴染ませます。
  5. 漂白剤を含ませた雑巾で、丁寧にシンク下を拭いていきます。
    塩素系漂白剤で拭きだけで、カビや雑菌を除去してくれます。
  6. そのままでは臭いが残っているので、必ず水拭きを行います。
    何度も水洗いをしながら、常に綺麗な面で水拭きをするように意識しましょう。
  7. しばらく物を入れずに、扉を開けたままにして完全に乾燥させます。
    湿気を除去することもカビの繁殖を抑制する効果があるので、掃除の後はきちんと乾燥させて下さい。

シンク下が下水臭い場合は配管が原因。対処法を紹介

台所のシンク下からの臭いが下水のような臭いの場合、配管の問題が考えられます。
配管のどこかに隙間があり、そこから臭いが上がってきます。

配管に問題があるようでは、いくら掃除をこまめに行なっても臭いを改善することは難しいでしょう。

隙間のある部分を埋めることで、臭いが改善されるかと思います。
防臭ゴムを新しいものに交換したり、パテで埋めて隙間をなくします。

しかし、特に女性には配管周りの作業は知識も少なく大変です。
自分で作業を行うことが難しい場合は、専門業者に相談することも出来るので、無理をせずに依頼して下さい。

台所のシンクの中の排水口もチェック

いくらシンク下を一生懸命に掃除しても、シンクの排水口の掃除を怠っていては意味がありません。

毎日のように発生する生ゴミから雑菌が繁殖して、臭いを発生させてしまうので、排水口の掃除も行って下さい。

排水口の奥までは手が届かないので、液体のパイプ洗浄液を使用しましょう。
臭いだけではなく、汚れも溶かして落としてくれるので、手の届かない場所も掃除が出来ます。

臭い汚れの掃除なら、濃度があまり濃くない洗浄液でも十分に効果があります。
濃度が濃くなると洗浄力も増しますが、その分刺激や臭いも強くなるので、普段から強いタイプを使用しなくても大丈夫です。

濃度が濃くないタイプでも気になるという場合は、重曹を使って排水口の掃除も出来ます。

  1. 排水口に1カップ程度の多めの重曹を振りかけます。
  2. 振りかけた重曹と半分の量の酢を注ぎます。
  3. 汚れを浮かせるために1~2時間そのままにしておきます。
  4. 50度~60度の熱いお湯で重曹と酢を洗い流します。

酢を使用するので特有の臭いはしますが、刺激は少ないので安心して掃除を行いたい人にはこちらの方法をおすすめします。

排水口の受け皿には、丸めたアルミホイルを置いておくとヌメリを防ぐことが出来ます。
ヌメリからも臭いが発生するので効果的ですね。