卵と片栗粉で簡単おやつ、サクサククッキーやもっちりスイーツ

手作りのおやつは安心してお子様に食べさせられますよね。
手作りのクッキーを作ることもあると思いますが、片栗粉を合わせると小麦粉だけで作った時よりも、サクサクの食感を楽しむことができます。

また、片栗粉の食感を生かして、もちもちとしたスイーツを作ることもできます。

おやつにおすすめの片栗粉と卵を使った美味しいスイーツレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

勉強をしない受験生に勉強させる方法!勉強しなさいはNGです

大学受験を控えているというのに、一向に勉強をしない子供の様子に頭を悩ませている親御さんもいますよね。...

しゃぶしゃぶの残り汁は捨てないで!ラーメンのダシに最適です

しゃぶしゃぶは肉はもちろん野菜やきのこもたくさん摂れますし、なんと言っても手軽に出来るのが嬉しいです...

ダブルスのテニスのコツ!勝つために大切な戦略のポイント

ダブルスのテニスにコツとは基本的なスキルももちろんですが、勝つためにはパートナーと協力し合うことが大...

赤ちゃんへの遺伝・顔は遺伝で決まる?親から子へ遺伝すること

これから赤ちゃんが誕生するというご夫婦の中には、生まれてくる赤ちゃんがどんな顔に生まれてくるのか気に...

金魚が水換えのあとに動かないのはなぜ?金魚を飼う時のポイント

金魚の水槽の水換えを行ったあとに金魚が動かないと、一体何が原因で動かなくなってしまったのか心配になり...

食器を捨てると運がよくなる?風水的な食器の捨て方とは

食器を捨てると風水的に良いってホント!?運気をアップさせたいときには、食器棚を見直してこんな食器を片...

トマトの葉っぱが黄色く変色!葉っぱが黄色く変色してしまう原因

家庭菜園で育てているトマトの葉っぱが黄色く変色してしまったとき、一体どんなことが原因になっているのか...

オムライス作りでフライパンにくっつくのを防ぐ方法とコツ!

オムライス作りで一番難しいのが、フライパンからの返しです。どうしても卵がフライパンにくっつくこと...

うさぎの寿命で最期が近づいた時に飼い主としてしあげられること

今までずっと家族の一員として可愛がってきたうさぎも、寿命で最期の時を迎える時が必ずきます。別れは...

猫との引っ越しで長距離移動する場合の移動手段と注意点

ペットで猫を飼っている方も多いと思いますが、猫を飼っている家庭で悩むのが引っ越しの時です。猫...

子供を作らない理由…。子供のいない夫婦の割合や心理

最近は子供を持たないという選択をする夫婦も増えてきています。しかし、親や親戚から急かされてイヤな...

断捨離してるのに部屋が片付かないのはお母さんが戻すから問題

断捨離します!せっかく部屋を片付けてるのに、お母さんが捨てたものを回収する断捨離あるあるに悩んでいる...

肉じゃがの残り汁を使ったリメイクレシピ!残った汁で絶品料理

大きな鍋で作る肉じゃがは食べ終わった後にも、鍋にはたくさんの残り汁がありますよね。お肉からもいい...

障子のガラスの外し方とポイント!重力に逆らうのがコツ

障子にガラスがはめ込まれている昔ながらのガラス障子。その外し方に困る方が多いようです。では、どう...

お好み焼きの献立にあう副菜はコレ!一緒に焼きたいオススメ具材

具材を切って混ぜて焼くだけ!お好み焼きはホットプレートでみんなでワイワイ食べることができ、簡単な...

スポンサーリンク

片栗粉と卵を使ったサクサククッキーはおやつにぴったり

お菓子作りには、薄力粉を使うことが多いですよね。

これに片栗粉を加えることによって、食感がひと味違うお菓子になることがあります。

片栗粉は、ジャガイモのデンプンから原料で、薄力粉は小麦が原料です。

片栗粉は、とろみをつける料理などに使用されることが多く、薄力粉はカラッと仕上がる料理に使われるという違いがあります。

作り方は、通常のクッキーを作る手順に、薄力粉の3割程度の片栗粉を加えるだけです。
お菓子を作るときに片栗粉を加えると、とろみがつきそうとか、もっちりした食感になりそうと思いがちですが、実はよりサクサクした食感になるのです。

お菓子作りの場合、片栗粉の代わりにコーンスターチを使うこともあります。

この場合は、片栗粉を使った方が粉っぽく仕上がります。

薄力粉を使わず、片栗粉だけでクッキーを作ることもできますが、その場合は薄力粉で作るよりも口の中に入れたときにパサパサした食感になります。

片栗粉と卵を使ったおやつ、片栗粉ケーキ

小麦アレルギーは、有名なアレルギー症状のひとつとして知られています。

小麦粉を使う料理がすべて食べられないので、小麦が微量に含まれる料理にも注意しなくてはいけないため、大変です。

そのような小麦アレルギーの人にもおすすめなのが、片栗粉で作るケーキです。

片栗粉だけで作るケーキは、どことなく懐かしい優しい味が特徴。
卵ボーロの味にも似ています。

普通の薄力粉を使ったケーキよりもホロホロの食感になります。

材料は、普通のケーキの材料の薄力粉を片栗粉に置き換えるだけです。

プレーン味のほか、カボチャやジャガイモのペーストを加えても素材の味が活きて美味しくなります。

砂糖の代わりに果物ジャムを入れても良いでしょう。

作る時は、パウンド型でも何でも良いですが、円形のエンゼル型で作ると見た目も可愛くなるのでおすすめです。

卵と片栗粉でおやつ作り!もちもちドーナツ

ドーナツはおやつの定番で、大人にも子供にも人気のあるおやつですよね。

でも、ドーナツは油で揚げて作るのでカロリーが高いのが食べる時に気になるポイントです。

揚げないドーナツというのもあり、人気がありますが、これに片栗粉を加えてもっちりしたドーナツを作ることができます。

通常のドーナツの材料に薄力粉もしくは強力粉の3割程度の片栗粉を加えます。

材料を混ぜたら、あとはオーブンで焼くだけです。

油を使わないので、ヘルシーでサクサク、もっちりした食感のドーナツができますよ。

また、揚げて作る場合は、さらに表面がサクっとして中身がもっちりした食感を楽しむことができます。

普通のドーナツ型でもいいですが、沖縄のサーターアンダギーのような手頃な丸い形もおすすめです。

食べやすく、子供からお年寄りまで好きな味なので、手土産や振る舞うお菓子としても良いでしょう。

簡単おやつ!もっちりミルク餅レシピ

片栗粉は、原料のでんぷんを活かしてもっちり感を出す料理が得意なので、お餅を自宅で作る場合には大活躍します。

北海道の郷土料理に「イモ餅」という料理があります。

北海道出身の方はご存知だと思いますが、すりつぶしたジャガイモに片栗粉を加え、スライスしたものをフライパンで焼く料理です。

ジャガイモのほくほくの風味がお餅のようにもっちりとした食感で楽しむことが出来ます。
醤油や甘辛ダレをつけて食べますが、トマトソースなどの洋風ソースにも合います。

同じ要領で、ジャガイモをさつまいもに変えたり、チーズを加えても相性が良いです。

もっちりミルク餅は、片栗粉の他に、牛乳、砂糖、本葛粉を加え、ダマがなくなるまで、火にゆっくりかけます。

沸騰する直前に火を止めて、冷やしたらミルク餅の出来上がりです。

あとは一口サイズにちぎっていただきます。

片栗粉で作るフルーツミルク餅

片栗粉があると、普段の料理の他にもお菓子作りに活用できるということは、これまでご紹介してきた通りです。

片栗粉で作るお餅は、アレンジ次第で、洋風も和風も味付けが自在なので、レシピの数もたくさんあります。

その中でも、私がおすすめしたいのは、牛乳を使ったお餅です。

ミルク風味で優しい味になりますし、牛乳は多くの家庭で冷蔵庫にあるポピュラーなものなので、思い立ったらすぐ作れるというのが大きいです。

牛乳が苦手なお子さんも、このミルク餅なら食べてくれることもあるかもしれません。

フルーツミルク餅を作るのに、便利なものがフルーツジャムです。

お好みのフルーツジャムを砂糖の代わりに入れることで、フルーツ味になります。

材料を火にかけ、容器に入れて冷やすだけです。

一口サイズにするのであれば、ラップに平らに並べて冷やすのがおすすめです。

容器に入れて冷やし固めると、プリンのようにもなります。

お好みで、フルーツを飾ると本格的デザートが出来上がります。