ゆで卵がレンジで破裂!電子レンジでゆで卵を作る・加熱する方法

ゆで卵を電子レンジで作りたいと思って卵を加熱した時、卵が爆発してしまったという経験がある人もいますよね。

電子レンジを使えば、色々な料理を温めることができたり、時短料理を作る時にも大活躍してくれますが、ゆで卵を電子レンジ作る・加熱すると破裂してしまうこともあります。
卵をレンジで加熱するのは危険!方法を間違うと、電子レンジの中で爆発することもあるのです。

では、一体どんな風に電子レンジを活用すると良いのでしょうか。方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スニーカーのゴムを白くする方法!身近にある物で綺麗になります

スニーカーのゴムが黄ばんでしまったことに頭を悩ませている人もいますよね。黄ばんでしまったスニーカーの...

赤ちゃんにイライラは伝わるもの?イライラしたときの対処方法

赤ちゃんにイライラが伝わるのでは?なぜ、こんなにもイライラしてしまうの?と悩んでしまうお母さんは多い...

煮物を冷凍保存できる期間は?煮物別の保存方法と保存の注意点

煮物を作る時は、ついついたくさん作り過ぎてしまうこともありますよね。作りすぎてしまったのものを腐らせ...

米ぬか効果抜群の肥料を作ろう!作り方のポイント

お米を精米した時に出る粉が「米ぬか」です。土作りの段階で肥料を与えることで肥料の効果が長続きしま...

私立高校を専願で出願しても不合格になることはある?落ちる理由

私立高校を専願で受験して不合格になったら、その後の進路はどうなってしまうのか頭を抱えてしまいますよね...

義実家と絶縁!そんな時孫である子どもはどうする?夫の立場とは

義実家と絶縁している。『嫁』として、夫の実家と付き合わないことにしている人、結構居るようですね。...

小学二年生算数でつまづく時計の問題、その教え方とは

小学二年生の算数では時計についての学習を行いますが、この時計がどうしても読めないというお子さんも多い...

鉄のフライパンがくっつく!くっつかない使い方をマスターしよう!

鉄のフライパン。鉄製の調理器具でお料理をすると、鉄分も摂れるんですって!常に鉄分を気にする女子と...

幼稚園の役員決めを欠席するとどうなる?役員決めは公平に!

幼稚園の役員決めを憂鬱に感じているママもいますよね。できれば役員なんてやりたくない。そんな風に思って...

シチューのカロリーが高いのはなぜ?高くする意外な原因とは

クリームシチューはカロリーが高いというイメージありませんか?作った翌日に鍋を見ると脂がたくさん浮...

納豆に砂糖、北海道は甘いのがお好き?北海道の食文化とは

北海道の人は納豆に砂糖を入れる?なぜ、そんなことをするのでしょうか?しかし、よくよく調べてみ...

家で趣味を女性一人でも楽しむ!インドア派向けのオススメを紹介

家でできる趣味なら女性一人でも簡単に楽しむことができます。家に居るとついダラダラしてしまうという人も...

家庭訪問はお茶とコーヒーどっちを出す?そもそも出すべきか解説

家庭訪問が迫ってくると、先生にお茶やコーヒーを出した方が良いのか悩むママもいますよね。出すとしたらお...

お宮参りで義両親が泊まりがけで参加しそうな時の上手い断り方

お宮参りの時、義両親は遠方だからと、ママの両親と家族だけで済ませようとしていたところ、「泊まりがけで...

木のまな板の黒ずみを発見!原因と対処方法をご紹介

木のまな板を使い続けていると、だんだんと黒ずみが発生してきます。この黒ずみの原因は?予想通り...

スポンサーリンク

ゆで卵をレンジで作ろると破裂することも!

電子レンジでゆで卵が爆発してしまう原因とは一体どんなこと?

ゆで卵が爆発するまでに、卵に起こっている変化を見てみましょう。

食品を電子レンジで加熱すると、外側からではなくて内側から加熱が始まるため、まず黄身の部分の水分が沸騰します。黄身は殻と白身に包まれた状態なため、外気よりも高圧となり、さらに沸点が上がります。熱によって黄身が膨張し、白身と殻を突き破って外気に触れることで、今までかなり高圧で沸騰していた黄身の部分の圧力が急激に下がります。それとともに沸点が下がることにより、黄身に含まれる水分が一気に蒸発することで、水蒸気爆発を引き起こすのです。

圧力鍋のフタを急に空けてはいけないのも、これと同じような原理だと考えると、よりわかりやすいかもしれませんね。

もしも、たとえ電子レンジの中では破裂しなかったとしても、卵の内部には非常に高温な水分が残っているので、殻をむいた際や口に運んだ際に、黄身が外気に触れたことで破裂してしまうのです。これは、殻を剥いた状態で加熱しても同じことが言えますので、くれぐれもご注意を。

電子レンジでゆで卵を作る時に破裂させない作り方

水から茹でてゆで卵を作るのではなく、注意点さえよく守れば、電子レンジを使ってゆで卵を安全に作る方法もあります。

  1. アルミホイルを用意して、生卵を包みます。この際はけっして隙間が空かないように、しっかりと包むのがポイントです。隙間があると、普通に卵を電子レンジで温めた時と同じように、破裂してしまう原因にもなりますので注意が必要です。
  2. アルミホイルで包んだ卵を深めのマグカップに入れ、卵が完全に隠れるまで水を注ぎ、上からふんわりとラップをします。水が少なすぎると発火の原因になりますので、ここでもご注意を。
  3. マグカップを電子レンジに入れたら、500wで約9分加熱します。加熱が終了してもすぐには扉を開けず、そのまま5分ほど予熱を加えます。
  4. 電子レンジから取り出したマグカップは恐ろしいほど高温になっているため、ヤケドに注意しながらラップを外して水を捨て、冷たい水をかけて冷やします。
  5. アルミホイルを剥がす際も、水に付けながら慎重に行いましょう。

冷めてしまったゆで卵をレンジで破裂しないように温める方法

一度冷めてしまったゆで卵を、電子レンジでそのまま温めようとすると、生卵の時と同様に破裂してしまう恐れがあります。これを防ぐためにはあらかじめ、ゆで卵を半分に切っておくと安全です。または、加熱する前に割り箸などで、黄身の部分に達するほどの穴を開けておくと、蒸気の逃げ場が出来るため、切らずにゆで卵を丸ごと入れても大丈夫です。

スコッチエッグや目玉焼きなどの卵料理も同様に、黄身の部分に穴を開けておかないと、破裂してしまうので注意しましょう。

生卵をそのまま電子レンジで温めた時と比べると、殻を剥いた状態のゆで卵を温めた時の方が爆発の威力は低いですが、いざレンジ内で破裂させてしまうと、そのあとのレンジ内の掃除も大変ですし、せっかくのゆで卵も食べられずにもったいないことになってしまうので、ゆで卵を温める際にもひと手間を惜しまないことが重要ですね。

電子レンジを使えばこんな卵料理も作れます

特別な器具がなくても電子レンジを使って温泉たまごを作る方法

加熱時間や水の量に注意するだけで、ご家庭でも気軽に温泉たまごを作ることが出来ます。なんとアルミホイルやラップも使いません。

  1. まずは、割った生卵が入るくらいの深めの耐熱小皿に、2センチほどの深さまで水を入れます。
  2. そこに卵を静かに割り入れ、600wの電子レンジで40秒ほど加熱します。いったん加熱をストップしたあとに、さらに20秒ほど加熱します。加熱時間はあくまでも目安ですので、卵の状態を見ながら調節してください。油断して長時間加熱してしまうと、破裂する恐れがありますので、加熱中は電子レンジの側を離れないようにしましょう。
  3. 程よい硬さになったら電子レンジから取り出して水を捨て、めんつゆなどでお好みの味付けをして召し上がってくださいね。この作り方を覚えておくだけで、丼物やサラダに乗せたりと、お料理のバリエーションが広がります。

忙しい朝にも簡単に作れる電子レンジを使った卵料理

忙しい朝は、なるべく時間をかけずに朝ごはんの準備も簡単に済ませたいものですよね。

忙しい朝に電子レンジでポーチドエッグを作る方法をご紹介

  1. なるべく底が平らなマグカップか、深めの小皿を用意して、容器の内側に少量のサラダ油やオリーブオイルを均一に塗ります。キッチンペーパーにオイルを浸してから塗ると、容器全体に上手く塗ることが出来ます。
  2. 黄身を割らないように注意しながら、静かに生卵を割り入れ、その上から水をカップ1/3ほど注ぎます。容器の上に電子レンジ対応のお皿か、キッチンペーパーを乗せます。フタをすることで、万が一破裂した際の被害を最小限にすることが出来ます。
  3. 卵を加熱する際には、まずは30~40秒加熱してみて、いったんフタを取って卵の様子を確認します。
  4. 白身が液状であれば再度10~20秒ほど加熱し、白身に火が通ったら取り出します。加熱時間はお使いの調理器によって違いますので、最初は短めにして様子を見ながらにしましょう。