猫のゴロゴロは小さいときだけ?大きい猫の愛情表現方法

猫が喉でゴロゴロと大きい音を出すときにはどのような気持ちなのでしょうか?聞いているとなんだかこちらも幸せな気持ちになるゴロゴロ音ですが、実はこんな気持ちが隠されているんです。

小さいときは、よく聞いてたゴロゴロ音を最近は聞かなくなったなぁという人はコレが原因かもしれません。

猫が人に向ける愛情表現方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お菓子作り初心者向け!クッキーの簡単美味しい厳選レシピ

クッキー作りはお菓子初心者にも作りやすいお菓子です。少ない材料で作る簡単クッキーや、お好みの型で...

カレーにとろみをつけるにはどれくらい煮込む?とろみを出す方法

せっかく作ったカレーにとろみがなくて水っぽいと、美味しいカレーを食べたいと思っていたのにがっかりして...

もしかして、うちの子供ってお菓子食べ過ぎかも

子供の表情の中で一番可愛いのは、なんといっても笑顔ですよね。その笑顔を引き出すための方法のひとつ...

クッキーの人気レシピで簡単に誰でもできるものだけ紹介します

クッキーの人気レシピについて簡単に誰でも美味しく作れるものを紹介致します。レシピ通りに作っているのに...

鉄フライパンの基本の洗い方と長く使うための正しいお手入れ方法

料理好きな方の中にも愛用者の多い鉄フライパンですが、初めて鉄フライパンを使うという時には、普段のお手...

別居・離婚しないは子供のため?離婚理由にもなる別居のメリット

別居をしているけど離婚しないという夫婦も世の中にはいます。一緒に生活することはできない・したくないけ...

高校の体験入学に親も一緒に参加する時のポイントと注意点

私立高校だと体験入学を実施している学校も多いため、子供と一緒に親も参加すべきかどうか迷ってしまう方も...

ベトナムの結婚式の風習はちょっと変わってる?日本との違いとは

女性に人気のベトナムですが、実は結婚式にも特徴があるといいます。日本の結婚式も独特なところが...

インコが野菜で食べていいものは?野菜を与える際の注意点

インコは野菜が大好き。栄養面を考えても野菜を与えるのはとても適していますが、野菜で食べていいもの、与...

訪問営業の上手な断り方!曖昧な断り方では効果なし

ピンポーンと鳴って誰かと思いきやまさかの訪問営業。あの手この手で色々話をしてくる営業マンに対して...

バラの花びら活用方法!押し花・ドライフラワー・ポプリの作り方

あなたの誕生日に大切な人からたくさんのバラの花をもらったら、そのバラをいつまでも残しておきたいと思う...

豚肉の炒め物はお弁当に最適!冷めても美味しい!野菜も一緒に!

お弁当を作る時に気を付けていることはありますか?やはり肉・魚・野菜のバランスではないでしょう...

旦那も喜ぶボリュームおかず料理!簡単で美味しいレシピ集

最近は、お仕事を持つ主婦が増えてきました。仕事が終わってから夕食作りだと、時間に追われながらの料...

納豆に砂糖、北海道は甘いのがお好き?北海道の食文化とは

北海道の人は納豆に砂糖を入れる?なぜ、そんなことをするのでしょうか?しかし、よくよく調べてみ...

電話での迷惑な勧誘を撃退する方法!迷惑電話対応マニュアル

自宅でくつろいでいる時に、知らない番号からの電話。誰だろうと不審に思いながら電話に出ると、住宅メ...

スポンサーリンク

猫のゴロゴロが大きいのはこんなとき

ふと見たときに、猫が喉をゴロゴロ鳴らしていることありますよね。
リラックスしたようにのんびりとゴロゴロ鳴っていると、とても愛らしく感じます。

猫を飼い始めて間もないと、猫が喉をゴロゴロ鳴らしている本当の理由がよくわからないという人もいるでしょう。

ゴロゴロの他の行動も一緒に見ながら、猫の気持ちを理解していきましょう。

ゴロゴロ鳴らす時の気持ちを知ろう

幸せな気持ち

猫は幸せな気持ちを、喉をゴロゴロと鳴らして表現してくれます。
ご飯を食べてお腹いっぱいのときや、安心出来る環境で気持ちよくうたた寝をしているときは、この幸せなゴロゴロを鳴らします。

ゴロゴロ鳴らしながら飼い主の近くに寄ってきたり、気持ち良さそうに寝ようとしているときのゴロゴロは間違いなく幸せなゴロゴロです。

甘えや要求

何かを飼い主にして欲しいときや、甘えたい気分のときもゴロゴロと喉を鳴らします。
甘えたいときは飼い主の近くにすり寄ってくる行動も一緒に見られます。

要求するときは、飼い主が寝ている朝方などに近くに来て、ゴロゴロ鳴らす行動が見られます。
「お腹空いたよ~」「早く遊ぼうよ~」と一生懸命に伝えているかもしれませんね。

赤ちゃん返り

寝ながらクッションや飼い主のことを押すような行動ありますよね。
さらに喉をゴロゴロ鳴らしているなら、赤ちゃんの頃に母猫の母乳を飲んでいることを思い出しているかもしれません。

赤ちゃんの夢を見ているのか、寝ているときにこの行動を見せる猫は多いようです。

猫のゴロゴロが大きいときは高さを聞き分けてみましょう

猫は気持ちによって、ゴロゴロ鳴らす音の大きさだけではなく、高さも変えています。
音の高さも理解してあげると、さらに猫の気持ちに寄り添ってあげることが出来ますね。

低いゴロゴロ

大きく低くゴロゴロ鳴いているときは、飼い主に甘えたい気持ちを表現していることが多いです。
日頃から聞くことの多いゴロゴロは、おそらくこのゴロゴロではないでしょうか。

安心出来る環境でリラックスしているときに鳴らします。
飼い主のことを母猫と思っているのかもしれません。

信頼関係はバッチリですね。

リラックスした様子ではないのに低いゴロゴロが聞こえる場合は、反対に不安を感じている可能性があります。

もし病院での診察時や、怪我をしているときに鳴らしているなら、不安や緊張を感じています。
いつもと違う環境で見られたら、注意して様子を見てあげましょう。

高いゴロゴロ

大きく高いゴロゴロが聞こえたら、何か要求している可能性があります。
子猫のときに母猫とコミュニケーションを取るとき、高いゴロゴロを鳴らしていた名残があります。

そのため、何かを要求するときは少し高めのゴロゴロを鳴らすことが考えられます。

猫のゴロゴロはこんなときにもする場合があります

先ほど、幸せな気持ちや甘えたいときにゴロゴロ鳴らすことを紹介しましたが、実は何かピンチを感じたときにもゴロゴロ鳴らすことがあります。

体調不良を感じているとき、強いときに狙われているとき、さらに自分の命を終える直前にもゴロゴロ鳴らすことがあります。

ゴロゴロ鳴らすことで、脳内麻薬と言われる神経伝達物質が分泌されると言われています。
エンドルフィンというこの物質は、鎮痛や幸福を感じる効果があり、ピンチのときこそエンドルフィンを分泌させて自分自身を落ち着かせようとしていると考えられています。

大きくなると猫のゴロゴロは聞けない?鳴らさない理由

以前はよくゴロゴロ鳴らしていたのに、いつの間にか鳴らさなくなったと感じる飼い主も多くいます。
なぜ猫はいつの間にかゴロゴロ鳴らすことをやめてしまうのでしょう。

ゴロゴロがなくなった一番の理由は、成長して大きくなったということ

大きくなったので、以前のように飼い主に甘えたり要求する気持ちが少なくなってきたのでしょう。

ゴロゴロ鳴らしながらリラックスしている姿が好き、という飼い主も多いので、鳴らなくなると少し寂しく感じるかもしれないですね。

しかし、猫がきちんと成長してくれた証拠です。
今後の成長を楽しみに見守ってあげましょう。

去勢や避妊の手術をした途端に鳴らなくなった、という場合は、この手術が関係しているでしょう。
手術をキッカケに甘えなくなることがあり、精神的に成長したようになるのかもしれません。

大きい猫がゴロゴロ言わないのは少し残念ですが成長の証です

猫が成長してゴロゴロ鳴らさなくなったとしても、飼い主への気持ちがなくなったわけではありません。
成長した後も、猫なりに飼い主に愛情を表現しています。

猫からの愛情表現

すり寄ってくる

これは伝わりやすい表現ですね。
猫は嗅覚が発達しているので、自分の臭いをつけることで安心感を得ようとします。

特に顔をすり寄せてくる場合は、より愛情を強く表現しています。

しっぽを立てる

しっぽを一直線に立たせて近寄ってきたりするときは、愛情を表現しています。
警戒心の強い猫が、飼い主を完全に信頼しているサインです。

舐めてくる

飼い主の手を舐めようとしてくる行動は、猫が信頼しているからこその行動です。
臭い付けと言われる愛情表現の一種で、髪を舐めようとする場合が毛づくろいをしようとしている気持ちが見られます。

お腹を見せる

基本的に動物は、なかなかお腹を見せることはしません。
よほど安心出来る環境と信頼できる飼い主ではないと、このような行動は見せません。

お腹を見せる行動には撫でて欲しいという甘えが含まれていることもあるので、優しく声をかけながら撫でてあげて下さい。