アメリカの牛乳は種類が多すぎ?日本との違いを教えます

アメリカのスーパーに行くと、日本とは違って牛乳の種類が多いことに驚く人が多いといいます。

日本でも「成分無調整牛乳」や「低脂肪牛乳」がありますが、アメリカにはどんな種類の牛乳があるのでしょうか?大きさも違うのでしょうか?

アメリカの牛乳は種類が多すぎる?それぞれの特徴や日本の牛乳との違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お誕生日に作りたい料理【4歳児におすすめのパーティーレシピ】

お子様のお誕生日には、どんな料理を作ろうか悩んでいるママも多いと思います。いつもとは違った特別感...

重曹で洗濯機のカビをキレイに!重曹を使った掃除方法とポイント

重曹を使って洗濯機の掃除をすれば、洗濯槽にこびりついたカビもキレイにすることができるってご存知ですか...

バレエのリフトのコツを紹介!上達するために大切なポイント

バレエのリフトのコツははじめて男性ダンサーを踊る人には難しいかもしれません。しかし、男性ダンサーと踊...

カレーのお肉を入れるタイミングを変えるとより美味しくなります

みんなが大好きなカレーですが、せっかくのお肉が固くなってしまうこともありますよね。市販のルウ...

野良猫が親子で移動!引っ越しをする理由と親子で移動する時期

「最近近所にいた野良猫の親子を見かけなくなった」という場合、野良猫が親子で別の場所に移動をした可能性...

ニートになる原因は親にあると言ってしまうのは簡単。大切なのは

子どもがニートになってしまう原因は、親だと言われています。しかしそう言ってしまうのは簡単です。...

山菜を美味しく食べるわらびのあく抜き方法・失敗した時の対処法

春になると美味しい山菜がたくさん出てきますよね!毎年山菜を取りに行って食べるのが楽しみという人もいる...

アイスクリームを家で作る簡単混ぜる手間なしおすすめレシピ

アイスクリームは家で作ると以外に手間の掛かるレシピです。アイスクリームの基本的な作り方は、必要な...

小学校受験の服装について国立の場合に気をつけたいポイント

子供が小学校受験をするとき、まずどんな服装で行ったらいいのか悩む親御さんも多いことでしょう。...

車のエンジンかけっぱなしはバッテリーが減る?上がる理由

車はエンジンかけっぱなしにしたままだとバッテリーが上がってしまうのでしょうか?エンジンがかかっている...

マシュマロと牛乳で簡単バニラシェイク!マシュマロスイーツ

ふわふわで甘いマシュマロは皆さん大好きなお菓子だと思います。そのまま食べても美味しいですが、最近...

ピアノが上達しない子供の原因と対処法!楽しくピアノレッスン

ピアノを習っているのになかなか上達しない・・・。あとから始めたお友達の方が上達が早い・・・。こんなお...

ミニトマトの葉っぱがしおれる原因は?上手に育てるコツと方法

家庭菜園でミニトマトを育てている人もいますよね。ミニトマトの葉っぱに元気がなくなってしおれる時は一体...

花束のラッピングのおしゃれな素材や包み方を紹介します

花束を送る時には、花はもちろんラッピングにもこだわりたいですね。ラッピング一つで同じ花束が一層お...

コバエ対策にはアロマが効く!アロマが効果的な理由と効くアロマ

コバエ対策にアロマが有効という話を聞いたことがある人もいますよね!家の中に発生してしまうと嫌...

スポンサーリンク

アメリカの牛乳はこんなに種類がある?それぞれの特徴とは?

日本のスーパーに売られている牛乳は、メーカーや脂肪分の種類に応じてたくさん置いてありますが、アメリカの牛乳に比べるとまだ少ない方と言えます。

アメリカというと、何でも大型サイズなので、お店を見るだけでも楽しいですよね。

スーパーの牛乳売り場に並ぶ牛乳は日本よりもスペースが広く、種類もたくさんあります。

日本で普通の牛乳にあたるものは、アメリカでは「Whole Milk(ホエールミルク)」と言い、脂肪分は3.5%程度と、日本と同じくらいです。

低脂肪牛乳もいくつか種類があり、脂肪分が2%のものは「Reduced Fat Milk」、脂肪分が1%のものは「Low Fat Milk」というように種類が分けられています。

そして、無脂肪のものは「Fat Free」、「Non Fat Milk」、「Skim Milk」というように様々な呼び方がありますが、これらはすべて脂肪分が0%のスキムミルクにあたります。

また、日本ではあまり見かけない乳糖が入っていない牛乳もあり、これはLactose Free Milkと言います。

日本では、乳脂肪分が高い牛乳も濃い味が楽しめるということで人気がありますが、アメリカでは脂肪は敵という考えがあるため、こうした牛乳は少ないようです。

アメリカの牛乳の大きさの種類とは?日本よりも大きいサイズもある?

日本の牛乳のサイズは1リットルが一般的ですよね。

また200mlや500mlという、飲みきりサイズの物もあります。

すべてがビッグサイズのアメリカでは、なんと1ガロン(約4リットル!)のサイズが一般的なんです。

もちろんその他にもサイズはあり、ハーフ(1/2)ガロン(約2リットル)や、クォーター(1/4)ガロン(約1リットル)というものもあります。

クォーターガロンのサイズが、日本の一般的な牛乳のサイズと同じくらいですね。

アメリカでは、数日~1週間分の食材を一度にまとめ買いをするのが主流なので、大きなサイズが便利ということでしょう。

大きなショッピングカートに積めるだけ積んで、車に乗せるという光景はアメリカでは日常のことです。

1ガロンもある牛乳は、日本のような紙パックではなく、プラスチック製の頑丈な容器に入っているのが一般的です。

1本で4リットルも入っているので、それだけでもかなりの重量がありますね。

アメリカ人が好む牛乳の種類とは?クリームにもいろいろな種類がある?

メディアなどを通して、日本人から見たアメリカ人のイメージは、ピザやポップコーンをよく食べて、体が大きな人が多いという印象を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

映画のワンシーンを見ると、夜中にピザやピーナッツバターやアイスを食べているということをよく見ます。

しかし、実際のアメリカ人の多くは脂肪に対してとても厳しく、特に牛乳を例に挙げるとわかるように、脂肪分が少ない牛乳や無脂肪の牛乳を好むアメリカ人が多い傾向にあります。

お店によっては、このような脂肪分が少ない牛乳しか置いていないというところもあるほどです。

そのため、アメリカの友人の家に行って牛乳が出されたら、味が薄く感じるということもよくあります。

また、アメリカの牛乳にはビタミンDというカルシウムの吸収を助ける栄養素が添加されているため、アメリカでは牛乳が推奨されているということもあります。

牛乳以外に、クリームにも色々な種類があります。

コーヒー用ミルクに使われるクリームは、アメリカでは「Half and Half」と呼ばれ、乳脂肪分は10~18%です。

乳脂肪分18~30%のクリームは「Table Cream」といい、ケーキやお菓子作りに使われるものは乳脂肪分30~36%の「Whipping Cream」と言います。

アメリカの牛乳は消費期限が日本よりも長い?

日本の牛乳とアメリカの牛乳は、そもそも殺菌方法が異なります。

日本では、連続式の超高温瞬間殺菌(UHT 殺菌)が9割を占める殺菌方法で、これは牛乳が120~150℃の高温で数秒間加熱処理され、その後急速に冷却される方法です。

牛乳は、牧場で搾乳されるため、どんなに頑張っても無菌状態にはならず、雑菌が入ってしまいます。

これらの雑菌を殺菌処理することが牛乳を安全に出荷するために必要不可欠なことです。
牛乳は長時間加熱すると、牛乳の成分が変質してしまいますが、短時間の高温処理では牛乳の品質は保たれます。

アメリカでは、国土が広く、日本よりも輸送時間に時間を要するため、日本よりもしっかり殺菌しているところが多いようです。

そのため、牛乳本来の味が損なわれてしまい、「味が薄い」ということにつながります。

ただし、しっかり殺菌しているため、日本の牛乳よりも消費期限が長い傾向があるのです。

アメリカのカフェに行くと、入れるミルクの種類を聞かれます

アメリカに行くと入ってみたくなるのが、たくさんあるオシャレなカフェという人も多いのではないでしょうか。

日本にもある有名なアメリカのカフェチェーン店で頼み慣れているからといって入ってみると、日本では聞かれたことのない質問に、戸惑うという人もいます。

それは、ミルクの種類です。

カフェラテなどミルクが入っているドリンクを注文すると、必ず聞かれるのが、「どのミルクにしますか?」という質問です。

日本では、無脂肪か豆乳に変更するくらいの選択肢がありませんが、アメリカでは、「whole milk(全脂肪)」、「skim milk(脱脂粉乳)」、「Non-Fat(無脂肪)」、「Low-Fat(低脂肪)」、「soy milk(豆乳)」という、覚えるのが大変なくらいの種類のミルクがあります。

また、ミルクの種類と同様、必ず聞かれるのが「For here or to go?(ここで召し上がりますか?それともお持ち帰りですか)」という質問です。

日本で、持ち帰りはテイクアウトと言いますが、アメリカでテイクアウトは”何かを取り出す”という意味になるので、正しくは「to go」です。