ヒョウモントカゲモドキの飼育・夏場の飼育のポイントを解説

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、夏場の飼育方法についての知識がない人もいるのではないでしょうか。

夏場は気温も上がりますし、あまりにも高温の状態になると生活ができないこともあります。

ここでは、ヒョウモントカゲモドキの夏場の飼育に関する情報をお伝えします。どのような方法で飼育すればよいか、温度管理や水分の与え方・餌についての情報を知って上手に飼育してあげましょう。

愛情を込めてお世話をすることで、夏場の暑さを快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肉じゃがの残り汁を使ったリメイクレシピ!残った汁で絶品料理

大きな鍋で作る肉じゃがは食べ終わった後にも、鍋にはたくさんの残り汁がありますよね。お肉からもいい...

加湿器にアロマオイルを入れると故障しやすい?正しい使い方

加湿器を使うときにはアロマオイルをたらして良い香りを楽しみたいと思う人は多いのではないでしょうか? ...

卒業式に生徒に贈りたいプレゼント・先生からはこれを贈ろう

子供たちの卒業が近づいてくると、担任の先生たちも感慨深いものがあるのではないでしょうか。先生から子供...

修学旅行のお小遣いについて中学校の相場や使い道とは

修学旅行のお小遣いは、中学校の場合だと相場でどのくらいなのでしょうか?では、中学生の修学旅行...

バレエのコンクールの持ち物!忘れ物をしないようにしっかり準備

バレエのコンクールに行く時、どんな持ち物を持っていけばよいのか、前もって知っておくと準備をすることが...

コロコロ掃除をするならはがしやすいタイプを!はがす裏技も紹介

粘着テープがついた「コロコロ」は、思いついた時にすぐ掃除ができる便利なお掃除グッズですが、はがしやす...

産後、里帰りしないで3人目を出産!準備しておくべきこととは

産後、里帰りしないで3人目を出産するとなると、色々な不安が出てきますよね?まずは、自分は何も...

ピアノの練習をしない子供に練習させる方法!音楽を楽しむ工夫を

ピアノの練習が面倒だと言ってなかなか練習をしない子供に頭を悩ませているママもいますよね。レッスンの日...

ゆで卵の賞味期限は1週間もない?卵についてもっと理解しよう

卵をたくさん買って賞味期限中に全部食べきれない場合、ゆで卵にして冷蔵保存する人も多いといいます。...

アイドル好き女子をどう思う?男性は意外と好意的だが問題点も

アイドル好きな女子だと、男性は引いてしまうのでは…と思いませんか?確かに否定的な意見があることは...

ブリーチに失敗したら美容院へ行くしかない?失敗した時の対処法

美容院へ行くお金を節約しようとセルフでブリーチをしたら、失敗してムラになってしまった…という方も多い...

テニス初心者がサーブをコートに入れるために必要な練習方法

テニス初心者が一度は悩む「サーブが入らない」という問題。テニスはサーブによって試合が始まるため、...

クッキーに使うバターは有塩NG?無塩の場合との違いを検証

クッキーを作ろうと思ったものの、無塩バターがないことってありますよね。通常料理に使うために買...

結婚10年。子供が居る居ない夫婦。夫婦でいる幸せのカタチ

結婚して10年目に子供ができる夫婦もいれば、結婚して10年目に子供を諦める夫婦も居ます。特に...

舞茸の天ぷらをサクサクに揚げるためのコツを徹底解説!

レストランなどで舞茸の天ぷらを食べると、サクサクしておいしいですよね。でも自分で実際に揚げて...

スポンサーリンク

ヒョウモントカゲモドキの夏場の飼育の温度について

ヒョウモントカゲモドキはもともと砂漠に生息している生き物になります。なので日本の夏の温度には心配ありませんが、対応できる湿度には違いがあります。砂漠は乾燥していますが、日本の夏は湿度が高くなります。

飼育環境では風もありませんので、暑くなりすぎることには注意が必要です

ヒョウモントカゲモドキを飼育している部屋の中の温度が30℃を超える場合は、クーラーを使用して室温を調整することをおすすめします。
室温を下げてしまいすぎても良くありません。30℃を超えて暑苦しい日ような日にだけクーラーを使うようにしてください。

ヒョウモントカゲモドキはもともと暑い環境の生き物のため、夏になると活発に行動するようになります。ケージから出たがり行動的になります。
せっかくの夏を楽しめるように、室温は下げすぎることのないようにしてあげてください。

ヒョウモントカゲモドキを飼育する時の夏場の温度・昼間の温度管理

ヒョウモントカゲモドキを飼育するときは、夏の暑さにも注意が必要です。昼間は特に日差しで室温が高くなってしまいます。風通しをよくしてあげるなど、室温が上がりすぎないように工夫が必要です。

ヒョウモントカゲモドキに適切な飼育温度は25~30℃位です

暑いところで生息している生き物なので、30℃を超える環境で飼育している人もいますが、35℃を超えてしまうとヒョウモントカゲモドキにとっても危ない暑さになります。

夏場で暑さが特に厳しくなるような日は、家の中でも涼しい場所を探してケージを移動させてください。窓を開けて風を通すなども必要です。
エアコンを使って室温を調整する方法もおすすめします。エアコンは28~30℃位に設定して運転して、状態に応じて調節してください。

ヒョウモントカゲモドキのケージだけを冷やしても良いでしょう。ケージ全体ではなく、部分的に保冷剤を使って冷やすと、冷えすぎることもなく、暑い場所と涼しい場所ができるので、ヒョウモントカゲモドキも暑さに応じて移動することができます。

ヒョウモントカゲモドキの飼育、夏場の夜の温度管理

ヒョウモントカゲモドキは暑い気候の生き物なので、夜間は昼間ほど心配しなくても大丈夫です。それでも35℃を超えるようならヒョウモントカゲモドキにも良くありませんので、対策が必要になってきます。

夜間でも30℃をちょっと超えるくらいなら、それほど神経質にならずに、ヒョウモントカゲモドキの様子を見ながら判断してください。
暑さが厳しいときでもケージの中で元気に動き、エサもちゃんと食べているのなら心配ありません。暑さでバテて体調を崩してはいません。

暑さには個体によって耐性が違ってきます。大切なのはヒョウモントカゲモドキの様子をこまめに確認し、状態に応じて対処することです。

ヒョウモントカゲモドキの飼育、夏場は水の管理をしっかりと

ヒョウモントカゲモドキは夏になると活発になり、食欲も増してきます。行動量が増えるので、ケージから出たがったりもします。ケージから出して運動させたり、手に乗せて遊んで楽しめたりもします。

夏場は活発になり、また暑さのため水を飲む量も増えてきます。水の減りが早くなりますので、吸水には十分注意してください。意識的に水の減り具合を確認しこまめに入れ替えてください。仕事などで長い時間、家を空けるような場合は自動給水器を用意すると良いでしょう。

夏場は給水器の状態にも注意が必要です。カビやコケが発生していたり、容器にぬめりが出てくることもあります。水を入れ替える度に容器の状態も確認して、清潔にしておいてください。

ヒョウモントカゲモドキに与える餌

ヒョウモントカゲモドキは暑い時期になると行動量も増えるため、食欲も増してきます。人工餌は与えやすく栄養バランスも良いですが、ヒョウモントカゲモドキは昆虫を好んで食べます。ヒョウモントカゲモドキを飼育している人の多くはコオロギなどの生き餌を与えることが多いようです。人工餌を中心に昆虫などをおやつのようにして与えると良いでしょう。

ヒョウモントカゲモドキの餌にはコオロギの他にディビュアやミルワームが人気があります

コオロギを餌として与える場合は、1度に2~5匹を目安に与えるようにしてください。ミルワームなら5~10匹を目安にすると良いですが、ミルワームはあまり消化に良くないため、与えすぎないようにしてください。
なかなか食べようとしない場合は、目の前にちらつかせてみてください。それでも食いつかないのなら、ケージの中に入れておくとそのうち食べてくれることがあります。

コオロギを餌として、ミルワームをおやつに与えるのも良い

ピンクマウスも食べることがありますが、ピンクマウスは栄養価が高いため量を控えるようにしてください。与えすぎると他の餌を食べなくなる可能性もあります。ピンクマウスなら月に1回くらいのペースで十分です。ピンクマウスは冷凍されているので、与えるときは解凍をしてから与えます。大きさにも注意してください。あまり大きいものだと食べることが難しくなります。

ヒョウモントカゲモドキは尾に栄養分を蓄えることができます

餌を食べないようなら、無理して与えずにしばらく様子をみてください。餌に飽きている可能性もありますので、違う餌に変えてみるのも手です。
餌を食べなかった場合は、残した餌をそのまま放置はしないで、必ず取り除いてください。餌に雑菌が繁殖してすると衛生状態が悪くなり、ヒョウモントカゲモドキの健康にも良くありません。

ケージ内の温度が低いと食欲が落ちてしまうこともあります。温度管理はしっかりと行うようにしましょう。
ヒョウモントカゲモドキは暑さには強いので、夏場はそれほど神経質になる必要はありませんが35℃を超えるような場合はエアコンなどを使って、上手に温度をコントロールしてください。