ヒョウモントカゲモドキの飼育・夏場の飼育のポイントを解説

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、夏場の飼育方法についての知識がない人もいるのではないでしょうか。

夏場は気温も上がりますし、あまりにも高温の状態になると生活ができないこともあります。

ここでは、ヒョウモントカゲモドキの夏場の飼育に関する情報をお伝えします。どのような方法で飼育すればよいか、温度管理や水分の与え方・餌についての情報を知って上手に飼育してあげましょう。

愛情を込めてお世話をすることで、夏場の暑さを快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鶏肉の唐揚げを作るための正しい切り方について説明します

鶏肉の唐揚げを作る時、1つ1つの厚さが違うと均等に揚げることができないですよね。どんな切り方...

ゆで卵にピッタリな調味料は?定番やおすすめ調味料をご紹介

ゆで卵を食べる時、いつもとは違った味で食べたいなと思う事もありますよね。そんなときに試してもらいたい...

夫が無関心で辛い時に、妻であるあなたが今すべきこと

新婚当時はただ無口な夫ぐらいの認識だったのが、長く結婚生活を続けるうちに単なる無関心だと気付く。...

コンビニの駐車場で寝るのはトラブルの元!対処法と利用マナー

コンビニの駐車場で寝るのは罰金行為に当たるのでしょうか?仕事中や長時間の運転などの休憩でコンビニを利...

発酵は最適温度でパンを美味しく作れる重要なポイント

パンを手作りするときに発酵させる温度や時間がポイントになってきます。では、パンの発酵させる最...

家庭菜園の大根が辛い原因と甘い大根を育てるコツ

家庭菜園で作った大根を食べると、いつもスーパーで食べる大根とは違い、びっくりするくらい辛い大根になっ...

重曹で臭い靴のニオイを退治するやり方は2つ!好きな方法で!

色んな場面で大活躍の重曹ですが、皆さん上手に使っていますか?靴の臭い消しにもオススメなんです...

野菜の水やりのタイミングはいつ?基本のやり方と季節ごとの時間

家庭菜園をはじめたばかりの人は、野菜の水やりはいつ行うのがベストなタイミングなのかイマイチよくわから...

ガラスのシール剥がしの裏技!家庭にあるもので簡単に剥がす方法

お子さんにシールを貼られてしまった時、簡単にできるシール剥がしの裏技があればいいのにと思うこともあり...

植物の植え替え時期かも?元気ないのは根詰まりしてるから

植物は癒やしの象徴。それなのに部屋にある観葉植物に元気がなくなったら…。観葉植物を購入し...

七五三の着物の着付け方!7歳の女児の七五三の着付けとポイント

7歳の女の子のお子さんがいるママたちの中には、七五三の着物を自分で着付けてあげようと考えている人もい...

水筒のお茶が変色してしまう原因と変色しにくくさせる作り方

最近は水筒に自分の好きな飲み物を入れて持ち歩く人も増えてきました。お茶を入れて持ち歩く方も多いと思い...

観葉植物の葉っぱが黄色くなるのはナゼ?原因と対策方法

植物の葉っぱが黄色くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?葉っぱが黄色くなっ...

きな粉と砂糖の比率が知りたい!黄金比率やナルホドな混ぜ方とは

お餅はお正月のイメージがありますが、小腹が空いた時やお昼ご飯はお餅で簡単に済ませるという方もいますね...

自尊心の低い親から受ける子供の影響と自尊心を高める方法

自尊心の低い親に育てられると、その子供も自尊心の低い子供に育つといいます。そもそも自尊心とは...

スポンサーリンク

ヒョウモントカゲモドキの夏場の飼育の温度について

ヒョウモントカゲモドキはもともと砂漠に生息している生き物になります。なので日本の夏の温度には心配ありませんが、対応できる湿度には違いがあります。砂漠は乾燥していますが、日本の夏は湿度が高くなります。

飼育環境では風もありませんので、暑くなりすぎることには注意が必要です

ヒョウモントカゲモドキを飼育している部屋の中の温度が30℃を超える場合は、クーラーを使用して室温を調整することをおすすめします。
室温を下げてしまいすぎても良くありません。30℃を超えて暑苦しい日ような日にだけクーラーを使うようにしてください。

ヒョウモントカゲモドキはもともと暑い環境の生き物のため、夏になると活発に行動するようになります。ケージから出たがり行動的になります。
せっかくの夏を楽しめるように、室温は下げすぎることのないようにしてあげてください。

ヒョウモントカゲモドキを飼育する時の夏場の温度・昼間の温度管理

ヒョウモントカゲモドキを飼育するときは、夏の暑さにも注意が必要です。昼間は特に日差しで室温が高くなってしまいます。風通しをよくしてあげるなど、室温が上がりすぎないように工夫が必要です。

ヒョウモントカゲモドキに適切な飼育温度は25~30℃位です

暑いところで生息している生き物なので、30℃を超える環境で飼育している人もいますが、35℃を超えてしまうとヒョウモントカゲモドキにとっても危ない暑さになります。

夏場で暑さが特に厳しくなるような日は、家の中でも涼しい場所を探してケージを移動させてください。窓を開けて風を通すなども必要です。
エアコンを使って室温を調整する方法もおすすめします。エアコンは28~30℃位に設定して運転して、状態に応じて調節してください。

ヒョウモントカゲモドキのケージだけを冷やしても良いでしょう。ケージ全体ではなく、部分的に保冷剤を使って冷やすと、冷えすぎることもなく、暑い場所と涼しい場所ができるので、ヒョウモントカゲモドキも暑さに応じて移動することができます。

ヒョウモントカゲモドキの飼育、夏場の夜の温度管理

ヒョウモントカゲモドキは暑い気候の生き物なので、夜間は昼間ほど心配しなくても大丈夫です。それでも35℃を超えるようならヒョウモントカゲモドキにも良くありませんので、対策が必要になってきます。

夜間でも30℃をちょっと超えるくらいなら、それほど神経質にならずに、ヒョウモントカゲモドキの様子を見ながら判断してください。
暑さが厳しいときでもケージの中で元気に動き、エサもちゃんと食べているのなら心配ありません。暑さでバテて体調を崩してはいません。

暑さには個体によって耐性が違ってきます。大切なのはヒョウモントカゲモドキの様子をこまめに確認し、状態に応じて対処することです。

ヒョウモントカゲモドキの飼育、夏場は水の管理をしっかりと

ヒョウモントカゲモドキは夏になると活発になり、食欲も増してきます。行動量が増えるので、ケージから出たがったりもします。ケージから出して運動させたり、手に乗せて遊んで楽しめたりもします。

夏場は活発になり、また暑さのため水を飲む量も増えてきます。水の減りが早くなりますので、吸水には十分注意してください。意識的に水の減り具合を確認しこまめに入れ替えてください。仕事などで長い時間、家を空けるような場合は自動給水器を用意すると良いでしょう。

夏場は給水器の状態にも注意が必要です。カビやコケが発生していたり、容器にぬめりが出てくることもあります。水を入れ替える度に容器の状態も確認して、清潔にしておいてください。

ヒョウモントカゲモドキに与える餌

ヒョウモントカゲモドキは暑い時期になると行動量も増えるため、食欲も増してきます。人工餌は与えやすく栄養バランスも良いですが、ヒョウモントカゲモドキは昆虫を好んで食べます。ヒョウモントカゲモドキを飼育している人の多くはコオロギなどの生き餌を与えることが多いようです。人工餌を中心に昆虫などをおやつのようにして与えると良いでしょう。

ヒョウモントカゲモドキの餌にはコオロギの他にディビュアやミルワームが人気があります

コオロギを餌として与える場合は、1度に2~5匹を目安に与えるようにしてください。ミルワームなら5~10匹を目安にすると良いですが、ミルワームはあまり消化に良くないため、与えすぎないようにしてください。
なかなか食べようとしない場合は、目の前にちらつかせてみてください。それでも食いつかないのなら、ケージの中に入れておくとそのうち食べてくれることがあります。

コオロギを餌として、ミルワームをおやつに与えるのも良い

ピンクマウスも食べることがありますが、ピンクマウスは栄養価が高いため量を控えるようにしてください。与えすぎると他の餌を食べなくなる可能性もあります。ピンクマウスなら月に1回くらいのペースで十分です。ピンクマウスは冷凍されているので、与えるときは解凍をしてから与えます。大きさにも注意してください。あまり大きいものだと食べることが難しくなります。

ヒョウモントカゲモドキは尾に栄養分を蓄えることができます

餌を食べないようなら、無理して与えずにしばらく様子をみてください。餌に飽きている可能性もありますので、違う餌に変えてみるのも手です。
餌を食べなかった場合は、残した餌をそのまま放置はしないで、必ず取り除いてください。餌に雑菌が繁殖してすると衛生状態が悪くなり、ヒョウモントカゲモドキの健康にも良くありません。

ケージ内の温度が低いと食欲が落ちてしまうこともあります。温度管理はしっかりと行うようにしましょう。
ヒョウモントカゲモドキは暑さには強いので、夏場はそれほど神経質になる必要はありませんが35℃を超えるような場合はエアコンなどを使って、上手に温度をコントロールしてください。