子猫と母猫を離すベストな時期は?子猫を引き取る時のタイミング

子猫を引き取る時、または飼っている子猫を里猫に出す時、母猫と離す時期でベストなのは子猫の月齢がどのくらいになった時なのでしょうか。

子猫と母猫を離す時期が早すぎると、子猫に不安を与えてしまうこともあるようです。子猫を引き取るときや里猫に出す時は、時期やタイミングを考えて行動に移しましょう。

今回は子猫と母猫を離すベストな時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワイシャツの黄ばみ汚れを重曹を使ってキレイに落とす方法と手順

ワイシャツの袖や襟元に黄ばみ汚れができてしまうことはありますよね。どうにかキレイに洗濯したいと思って...

壁紙のシールをキレイに取るには?剥がし方のコツを紹介

壁紙のシールはどのようにして剥がすとキレイに取れるのでしょうか?剥がし方のコツやポイントとは...

カレーのお肉を入れるタイミングを変えるとより美味しくなります

みんなが大好きなカレーですが、せっかくのお肉が固くなってしまうこともありますよね。市販のルウ...

電子レンジのオーブン機能ならアルミホイルは使えます

電子レンジにアルミホイルを使ってはいけないのは知っているけれど、オーブン機能ならアルミホイルを使って...

ダブルスのテニスのコツ!勝つために大切な戦略のポイント

ダブルスのテニスにコツとは基本的なスキルももちろんですが、勝つためにはパートナーと協力し合うことが大...

ホワイトデーに作りたい!簡単で大量に作れるスイーツレシピ

最近では、バレンタインデーの友チョコのお返しにホワイトデーにスイーツを作ってプレゼントをする女の子も...

ハムスターのヒーターは水槽のものでもいい?ヒーターの取り扱い

ハムスターが過ごしやすい温度は20〜26℃となります。寒くなってきたとき役立つのはヒーターですが、水...

ハムスターのオス同士は同居NG!ケージを分けて飼いましょう

ペットしてハムスターを2匹飼いたい場合、どんな種類のハムスターにすればいいのか、オス同士を同居させて...

ハムを使ったお弁当用の簡単でおいしいおかずレシピをご紹介

いろいろな料理に使えるハムは、お弁当でも大活躍ですよね。でも、どうしてもマンネリ化してしまう...

スイミングの選手コースのやめ時とは?子どもに決めさせよう

スイミングの選手コースはいつまで続けたらいいものなのでしょうか?親は、こどものこれからを考えてやめ時...

観葉植物の葉っぱが黄色くなるのはナゼ?原因と対策方法

植物の葉っぱが黄色くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?葉っぱが黄色くなっ...

出産後に離婚を夫から言われる理由…多い原因と乗り切り方

出産後のママは昼夜のない生活で育児に追われます。1日24時間のうち自分の時間なんてほとんどなく、赤ち...

猫のゴロゴロは小さいときだけ?大きい猫の愛情表現方法

猫が喉でゴロゴロと大きい音を出すときにはどのような気持ちなのでしょうか?聞いているとなんだかこちらも...

毎月赤字で貯金なし。この状況をなんとか打破するその方法とは

毎月赤字で貯金なし。そんな心細い生活を送っているなら読んで欲しい。まずは、給料・その...

ハムスターのご飯やおやつを手作り。人間もハムも食事が大事

ハムスターのご飯やおやつを、手作りしてみましょう!市販の餌は、ハムスターに害がないものを原料...

スポンサーリンク

子猫と母猫を離す時期について

子猫と母猫を引き離す時期が早すぎると、親離れができないままになってしまうことがあります。

また、子猫は生後1ヶ月を過ぎた頃から、母猫からひとりで生きていけるようにさまざまなことを学ぶようになり、徐々に親離れに慣れていきます。

生後半年以内には、完全に親離れできている状態がほとんどです。

しかし、ペットショップで販売されるためであったり、様々な事情から生後3~4ヶ月程度で母猫と子猫が離れ離れになってしまった場合には、親離れができなくなる可能性が高くなります。

親離れできていないと、成猫になったときに下痢や嘔吐、食欲不振などの体調に悪影響が出てしまう場合があります。

また、トイレ以外での粗相や、飼い主の居ないときに大声で鳴いてしまうなどの症状が出ることもあります。

ですので、引き取ったときに親離れができていないようでしたら、時間をかけて猫と適度な距離感を取れるようにすることが大切です。

子猫と母猫を離す時は親離れが終わっているか見極めを

子猫と母猫を離して暮らさせるためには、親離れが終わっているかどうかの見極めが重要となってきます。

上記でも述べたように、子猫は生後半年頃までには完全に親離れできている状態が多いです。

母猫が子猫に対して親離れの練習を始める時期になると、突然威嚇を始めたり、足を使って子猫に攻撃するような行動が見られるようになります。

また、このような行動をとる理由は、子猫を自分に寄り付かせなくするためです。

そのため、母猫が子猫に対し威嚇するなどの行動を取り始めたら、親離れの練習を開始させたサインになりますので、子猫と母猫を離す際にはこのサインが出てからにするようにしましょう。

また、親離れができていない子猫は以下のような行動を取ることがありますので、注意が必要です。

  • 噛み癖がつく。
  • 甘え癖が抜けない。
  • なんでも口に加えてしまい誤って飲んでしまうことがある。

母猫と一緒に過ごす期間が子猫は大切!離す時期を考えて

子猫にとって母猫と過ごす時間は、栄養面や精神面などの面からみても、とても大切な時間となります。

また、生後2ヶ月頃までは特に重要な時期で、体の成長に関わることがあり、親離れの時期が早すぎると、悪影響が出てしまう可能性があります。

子猫は母猫と一緒に過ごす中で、ご飯の食べ方や、狩りの仕方、トイレの仕方など、母猫が居なくても生きていけるように、さまざまなことを学びます。

こうしたことを考えずに、人間の都合だけで母猫と子猫を引き離してしまうと、ひとりで生きていく上で必要なことを学ぶことができず、いつまで経っても母猫が生きていけないような甘えん坊さんになってしまいます。

子猫のことを考えてあげるのであれば、生後すぐに引き離すことはせず、親離れできてから離すように配慮してあげましょう。

母猫と子猫を離す時の注意点

人間も同じですが、母猫と子猫の絆はとても強いもので結ばれています。

そのため、母猫と子猫を離す際は、さまざまな点に注意しながら進めていく必要があります。

そこで、母猫と子猫を離す際はどのようなことに注意したら良いのか?ご紹介します。

母猫と子猫を離す際の注意点

  1. 子猫を連れて行く時は、母猫に気付かれないようにすること。
    母猫は子猫が、見知らぬ人に連れて行かれると当然助けようとします。攻撃される可能性もゼロではありませんので、母猫の見ていないときに連れて行くようにしましょう。
  2. 連れて帰ったその日の朝食は抜くこと。
    母猫が居ない不安から食べたものを戻してしまうことがあります。特に、朝引き取って車で自宅まで移動する際には注意が必要です。
  3. 子猫を運ぶ際は、周りが見えないような箱に入れること。
    猫は、暗く狭いところを好むと言われています。子猫を落ち着かせてあげるためにも、暗い空間を用意してあげましょう。また、子猫を連れて帰る際には、母猫の匂いのついたタオルやトイレの砂など、母猫の匂いがついたものを一緒に貰うようにしましょう。

子猫の親離れについて

母猫は子猫が生まれたばかりのときは、とても大切そうに育てますが、生後3ヶ月頃になると母猫の態度は180度変わると言われています。

また、母猫が子猫に親離れを教えるようになると、「威嚇を繰り返したり」「自分の縄張りに入れなくなる」などの行動を取るようになります。

この「自分の縄張りに入れなくなる」行動は、親離れの行動として、とても重要な行動の一つです。

この行動が見られたら、子猫に「母猫から独り立ちする時が来たよ」と認識させてあげなくてはなりません。

母猫が子猫を自分の縄張りに入れなくなるような行動が見られたら、飼い主さんが協力しなければいけないサインです。

そのため、子猫と母猫を隔離してあげるなどの配慮をしてあげるようにしましょう。

また、子猫に「母猫から独り立ちする」という認識をさせないまま、母猫から引き離してしまうと、母猫への気持ちが増してしまうことがあります。

夜な夜な鳴き止まないなどの問題行動に繋がる場合もありますので、子猫と母猫を離すタイミングには十分に注意するようにしましょう。