野良犬を安全に保護する方法は何?保護方法と保護した後の対処法

近所にいる野良犬を保護したいと考えている人もいますよね。でも、どうやって保護したら良いのか、方法がわからないという人もいるでしょう。

野良犬は人に飼われていないため、安全に保護することが大切です。では、一体どうすれば安全に保護することができるのでしょうか。

そこで今回は、野良犬を安全に保護する方法と、保護した後の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャベツのみじん切りはフードプロセッサーで!コツを教えます

離乳食のために、と買ったフードプロセッサー。でもその後しまったままになっていませんか?フード...

子供を諦めるにはどうしたらいい?自分の気持ちを知る方法

子供を諦めるには、どんな方法や理由が必要なのでしょうか?ずっと頑張ってきた不妊治療を続けるか...

ハムスターのオスとメスの性格の違いと特徴・見分け方を解説

これからハムスターを飼おうと思っている人の中には、オスのハムスターとメスのハムスターのどちらを飼おう...

ウォシュレットの水漏れがノズル本体からの場合の原因と対処法

ウォシュレットの水漏れで一番多いのがノズルです。ノズルからからチョロチョロとずっと水漏れしてしま...

ダンスのヒップホップにふさわしい髪型って何がある

ダンスは数多く種類がありますが、その中でもヒップホップは服装や髪型もクールにすることで、より魅せるダ...

セキセイインコはなぜしゃべる?おしゃべりはオスの方が上手!

セキセイインコを飼っている人やこれから飼おうと思っている人の中には、インコがおしゃべりをしれくれるこ...

ウエストを細くする方法!たった1週間でくびれ美人になれるコツ

ウエストを細くする方法、しかも1週間でくびれができる方法があるならぜひ知りたいですよね。ウエ...

韓国のお正月のお店は開いているのか?正月のオススメな楽しみ方

韓国は日本が新しい新年を迎えたお正月を祝うよりも、旧正月を重んじる国になります。では、例えば...

植物の植え替え時期かも?元気ないのは根詰まりしてるから

植物は癒やしの象徴。それなのに部屋にある観葉植物に元気がなくなったら…。観葉植物を購入し...

単身赴任の夫の食事が心配なら、持たせるおかずのオススメとコツ

夫が単身赴任だと、食事のことが心配ですね。仕事忙しいとご飯を作る時間や余裕もなく、カップ麺や...

お好み焼きの献立にあう副菜はコレ!一緒に焼きたいオススメ具材

具材を切って混ぜて焼くだけ!お好み焼きはホットプレートでみんなでワイワイ食べることができ、簡単な...

熟年離婚を後悔しています。こんなにも寂しい生活になるとは…

熟年離婚を後悔。なぜ離婚したのでしょうか?離婚できれば、スッキリする。離婚すれば、楽...

夏も赤ちゃんに散歩をさせる?夏の散歩の時間帯と注意点

夏は気温が高くなるため、散歩に行くと赤ちゃんに負担がかかるのではないかと心配になってしまうママもいる...

アメリカの医療費が高い理由!アメリカでの治療は要注意

アメリカの医療費は、他の諸外国に比べても高いことで有名です。何も知らずにアメリカへ行き、日本と同...

子犬の散歩の練習で必要なことや怖がるときの対処法

子犬がはじめて散歩をする前には、外に慣れるための様々な練習をすることでスムーズに散歩をはじめることが...

スポンサーリンク

野良犬を安全に保護する方法

外でうろちょろと歩いている野良犬を保護して自宅で飼おうと思ったけれど、保護の方法が分からずに、中々保護できないことありませんか?

ですが、知らない場所で見たこともない人に突然声をかけられても、犬は激しく警戒してしまい、中には噛んでくる犬も居るかもしれません。

そのため、野良犬を安全に保護するためには、時間をかけ犬の警戒心を解いてから保護しなければいけません。

 

野良犬を安全に保護する方法

  1. 立ったまま犬に声をかけ、犬の反応を伺います。
  2. 反応を示したら犬と視線が近くなるように姿勢を低くし、優しく声を掛け続けます。
  3. 犬があなたに自分から近付いてくるのを待ちます。
    また、この際、車道など交通量の多い場所は避けるようにしましょう。
  4. 次に触らせてくれるか試します。
    犬を触る際には、頭の上から手を出すのは厳禁です。犬が恐怖を感じてしまいます。手を差し出し、犬が近付いてくるのを待ちましょう。
    このとき、犬が反応を示さないようであれば保護は難しいかもしれません。
  5. 触らせてくれたら、犬の首輪やリードなどを持ちます。
    首輪などがない場合には、代用のものを持ってきて保護しましょう。

野良犬を保護したあとの対処方法

野良猫を保護したあとは、必ず動物病院で健康状態を診てもらうようにしましょう。

外で暮らしているために、ノミやダニなどの寄生虫が体内に居る可能性があります。

また、感染症などにかかっている可能性もあり、先住犬が居る場合には感染してしまう可能性もあり、大変危険です。

しかし、夜間や祝日などの休日は、動物病院に連れて行くことが不可能な場合もあると思います。

そういった場合には、ゲージなどに野良犬を入れ、部屋の中を自由に動き回れないように対策をしておくことも大切です。

また「野良犬だから充分にご飯を食べれていないだろう」と、保護後いきなり大量の餌を与えるのも厳禁です。

勢いよく食べてしまい餌を喉に詰まらせてしまう可能性があります。

初めは、水と少量の餌で充分です。

徐所に量を増やしていくようにしましょう。

野良犬を保護した後に飼育するときの対処方法

野良犬を保護した後、飼育を始める前に、その野良犬に本当に飼い主は居ないのかを確認してから飼育するようにしましょう。

中には、迷子犬で飼い主さんが居る犬かもしれません。
そういった迷子犬を勝手に飼ってしまっては、後々罪に問われる可能性もあります。

また、先住犬が居る場合には、先住犬との相性も気にしなければいけません。

先住犬との相性がどうしても合わないようであれば同居は避け、お住まいの地域のボランティア団体に相談したり、里親を募集するようにしましょう。

野良犬ではない犬を保護したときは

野良犬に首輪が付いていたり、首輪に飼い主さんの電話番号などの連絡先が書かれているなど、飼い犬を保護した場合の対処方法をご紹介します。

野良犬でない犬を保護したら警察に相談する

首輪に連絡先が書かれている場合には、警察に遺失物として届けましょう。
直接飼い主さんに連絡しても良いですが、今後のトラブルを避けるためにも、警察を通しておくことをオススメします。

動物愛護センターや保健所に連絡する。

保健所に連れて行かれると、一時的に保護はして貰えますが、一定の期間を過ぎても飼い主さんが見つからなかった場合には、殺処分となってしまいます。

そういったことを避けるためにも、自宅一時的に預かることは可能か確認しておくと良いでしょう。

また、飼い主さんが保健所に連絡を入れていることも考えられますので、保護後は保健所に保護した旨の連絡を速やかに入れるようにしましょう。

※飼い犬を勝手に保護し飼うことは、盗難や窃盗の罪に問われ、懲役刑や罰金刑となる場合があります。

また、飼い主さんによっては、損害賠償を求め裁判を起こす場合もあります。

ですので、飼い犬を保護した場合には、必ず警察に連れて行き今後のことを相談するようにしましょう。

野良犬が保護犬になる背景

野良犬とは、一般的に外で単独で行動している犬のことを言います。

また、当然ながらこういった野良犬は飼い主や住む家がありません。

野良犬になってしまう原因は、飼い主に捨てられたり、災害などで離れ離れになってしまったりなど、様々な事情が考えられます。

そういった野良犬は、人間の手により保健所や動物愛護団体へと引き渡され、一時的に保護され「保護犬」となります。

ですが、保護犬となっているのも一定の期間のみで、一定期間を過ぎても飼い主が見つからない場合には殺処分されてしまいます。

そういった悲しい境遇に合う野良犬を増やさないためにも、動物を飼うということはその子の命を自分が引き受けるということ、その動物に対し責任と義務が必ずついてくるということを、忘れてはいけません。

また、その強い覚悟を持った飼い主さんと野良犬が出会い、一匹でも多くの犬が幸せになることを願っています。