文鳥の換羽期は水浴びの頻度が減る?水浴びの頻度と回数について

「文鳥が換羽期になって水浴びをしなくなった」「なんだかイライラしている様子がみられる」。
飼っている文鳥のこんな様子を心配している飼い主さんもいますよね。

換羽期の文鳥にはどのような変化がみられるのでしょうか。水浴びの頻度は変わる?

そこで今回は、換羽期の文鳥の変化と水浴びの頻度・最適な水温についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブリーチに失敗したら美容院へ行くしかない?失敗した時の対処法

美容院へ行くお金を節約しようとセルフでブリーチをしたら、失敗してムラになってしまった…という方も多い...

金魚が水換えのあとに動かないのはなぜ?金魚を飼う時のポイント

金魚の水槽の水換えを行ったあとに金魚が動かないと、一体何が原因で動かなくなってしまったのか心配になり...

子供を作らない理由…。子供のいない夫婦の割合や心理

最近は子供を持たないという選択をする夫婦も増えてきています。しかし、親や親戚から急かされてイヤな...

小学校受験の服装について国立の場合に気をつけたいポイント

子供が小学校受験をするとき、まずどんな服装で行ったらいいのか悩む親御さんも多いことでしょう。...

日本が好きな外国人に聞いた日本の良い所と住んでみて感じた事

日本を訪れた外国人の方が、日本のどんなところがいいところだとか、好きなところだと思ってくれているので...

うさぎが仰向けに寝るのは危険です!仰向けが危険と言われる理由

うさぎが仰向けに寝る姿をみて「可愛い」と思う人もいますよね。確かにその姿は癒やされるものかもしれませ...

大学の入学式に親と行くのは問題なし!メリットや出席の注意点

大学の入学式に親と行く子供は周りから過保護に見られるのでしょうか?しかし、実際に大学の入学式に親も一...

アメリカの医療費が高い理由!アメリカでの治療は要注意

アメリカの医療費は、他の諸外国に比べても高いことで有名です。何も知らずにアメリカへ行き、日本と同...

専業主婦は生活費をいくらもらうのが妥当?生活費の目安

共働きせずに専業主婦として家事育児に専念している方も多いですが、今の生活費で納得していますか?...

インコが野菜で食べていいものは?野菜を与える際の注意点

インコは野菜が大好き。栄養面を考えても野菜を与えるのはとても適していますが、野菜で食べていいもの、与...

ニートになる原因は親にあると言ってしまうのは簡単。大切なのは

子どもがニートになってしまう原因は、親だと言われています。しかしそう言ってしまうのは簡単です。...

家庭訪問はお茶とコーヒーどっちを出す?そもそも出すべきか解説

家庭訪問が迫ってくると、先生にお茶やコーヒーを出した方が良いのか悩むママもいますよね。出すとしたらお...

夏の赤ちゃんのお風呂はシャワーのみでOK?赤ちゃんの夏の入浴

夏の暑い時期は、赤ちゃんをお風呂に入れることを大変に感じてしまうこともありますよね。気温が低い時期に...

文鳥の水浴びは冬でもするのか。冬の温度管理や気をつけたいこと

文鳥は水浴びが大好きな鳥で、豪快な水浴びは見ていても楽しいですよね。そんな文鳥ですが、寒い冬...

パンを手ごねする時間はどのくらい?こねるじかんの短縮方法

パンの手ごね時間はどのくらいおこなうのが正解なのでしょうか?本やレシピによって違ってくるパンの手ごね...

スポンサーリンク

文鳥の換羽期は水浴びの頻度が減る

換羽期の文鳥は、大好きな水浴びも控えめになります。全くしなくなるわけではありませんが、新しい羽が生え揃うまでは羽根が少ない状態なので、体が濡れると体の保温機能が低下してしまいます。

体温が低下すると体力も落ちるので、水浴びの頻度は減ってしまうのです。

換羽期の文鳥の変化はそれだけではありません。水浴びと同じく体力の消費を抑えるために、あまり飛ばなくなります。もちろん、羽根が抜けているため飛びにくいことも理由の一つです。

さらに、換羽期の文鳥はイライラして攻撃的な行動が見られたりもします。理由としてはいくつか考えられていますが、羽根の生え替わりにより体に不快感があること。もうひとつは、群れで生きる鳥は弱った個体をいじめることがあるため、体調不調を隠す性質があります。体力の落ちている換羽期は、仲間からいじめを恐れて神経質になるのがイライラの原因ではないかとも言われています。

水浴びの頻度が減る文鳥の換羽期とは

文鳥が大好きなはずの水浴びを控えてしまう「換羽期」とは、古い羽根が抜けて新しい羽根に生え替わる時期のことです。

1年に1回、全身の羽根が少しずつ抜けて、徐々に新しい羽根に生え替わるのです。時期としては、3~6月頃のうちの1ヶ月程度。多くは5~6月頃に、発情期を終えて換羽期が来るタイミングが多いようです。

全身の羽根が生え替わりますが、もちろん一度に抜けてしまっては飛べないどころか体温が維持できません。そのため少しずつ抜けて新しい羽根が生え、いつの間にか全身の羽根が新しいものに替わるのです。

換羽期は1年に1回、一生続きます。ただ、高齢だったり病気がある文鳥では、生え替わり終わるまでに時間がかかります。健康な文鳥なら1ヶ月程度ですが、体力が落ちていると2~3ヶ月かかってしまいます。

換羽が起こるタイミングは、日照時間によって変化するホルモンによって決まると言われています。また、人工的な照明が刺激になって生活リズムを崩し、換羽期がズレてしまう可能性もあるので、朝から日中は明るい場所で、夜は早めに暗く静かな環境を作って規則正しい生活をさせてあげましょう。

文鳥の換羽期の水浴びは注意を!回数と温度について

文鳥の水浴びの回数

健康な文鳥であれば、通常1日に1~3回程度の水浴びを好みます。寒い時期は、いつもより回数が減ったり水浴び自体をしないこともありますので、必ず水浴びをしなければならないとか、決まった回数の水浴びをするひつようはありません。

いつもケージ内にバードバスを設置している場合は、文鳥の気分次第で勝手に水浴びをします。

注意したいのは、あまり長い時間の水浴びや、換羽期・発情期の水浴び。体調を崩す恐れがあるので、適度な時間で体調にも注意してあげまくしょう。

 

文鳥の水浴びの水の温度

文鳥が水浴びするための水温は10~20℃ほど。水道の水をそのまま使って問題ありません。冬、少し冷たいと感じる水でも文鳥は平気です。

逆に、冷たい水が可愛そうだからといってぬるま湯などにはしないでください。文鳥の羽根は、水を弾いたり保湿・保温効果のために脂分があります。お湯やぬるま湯は、この脂を落としてしまうため逆に体を冷やしてしまうのです。

文鳥が寒そうだと思ったら、部屋の温度を上げるなどして対処しましょう。

また、逆に夏場暑いからといって氷水にすることもやめてください。

文鳥の換羽期はいつから始まる?

文鳥の一般的な換羽期は、春の発情期後の約1ヶ月。年1回です。

ただし、これはあくまでも平均的な例。個体差があるので、春ではなく秋や冬に換羽期を迎える場合や、年1回だけでなく何度か換羽がある場合もあります。

抜け方も、ほとんどのケースでは徐々に抜けて生え替わりますが、一度にかなりの量が抜けてしまうこともあるのです。

びっくりして病気を疑ってしまうこともあるでしょう。

この場合も、食欲や排泄物の状態に問題がなく、換羽期に必要な注意を怠らなければ大丈夫です。

もちろん、換羽期に起こり得る以上の変化(異常な体重減少や食欲低下など)がある場合は、すみやかに小鳥の診察ができる獣医師の診察を受けましょう。

大切なのは、換羽期の羽根の生え替わり状態は文鳥によって個体差があるので、時期や回数が平均的でなくても心配し過ぎないことです。

文鳥の体調変化を見逃さないで!

文鳥は手のひらにスッポリ収まってしまうほど小さな鳥。些細な大量不良が短時間で悪化することが少なくありません。

ですから、飼い主は毎日の世話や触れ合いのなかで体調や行動に変化がないかを見逃さないようにすることが大切です。

元気がないようすであれば、まずは保温してみましょう。ヒーターなどを使い、ケージの周辺を30℃程度にしてみます。ただし、真夏の時期は別です。

換羽期は新しい羽根を作るために体力を消耗しやすいため、いつもより栄養価の高い餌を心がけましょう。

最近、環境に何か変化があった場合は、そのストレスによって元気がなくなることも考えられます。

飼っている文鳥がメスであれば卵詰まりの恐れもありますので、うずくまって苦しそうな様子が見られたら、すぐに動物病院に行きましょう。