30万貯金箱に100円を入れた時の総金額と無理なく貯めるコツ

30万が貯まる貯金箱の多くは、本来500円玉を入れることを想定した金額です。
確かに500円玉を入れればすぐに貯まりそうなものですが、若干ハードルが高くなります。

お釣りでもらった100円程度なら無理なく入れれそうですが、30万貯金箱に100円を入れた場合どのくらい貯まるのでしょうか。
100円なら本当に無理なく続けられるでしょうか。

皆さんも30万円目標に今日から初めてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の体重を増やす方法とは?猫の食い付きを良くするエサの工夫

猫の体重が増えずに痩せていると、どうにかして体重を増やしてあげたいと思ってしまうものです。猫...

フランスパンのクープが必要な理由とクープを入れるコツ

フランスパンにはクープと呼ばれる切り込みが必ず入っていますが、そもそもなぜクープが必要なのか知ってい...

体育の授業で行うダンスとは?ダンスの授業内容について

体育の授業で必修となっているダンスはどのようにこなせばいいのでしょうか?未知の授業、ダンスについて紹...

お好み焼きの献立にあう副菜はコレ!一緒に焼きたいオススメ具材

具材を切って混ぜて焼くだけ!お好み焼きはホットプレートでみんなでワイワイ食べることができ、簡単な...

クッキーの人気レシピで簡単に誰でもできるものだけ紹介します

クッキーの人気レシピについて簡単に誰でも美味しく作れるものを紹介致します。レシピ通りに作っているのに...

【女独身30代】結婚できないと世間から烙印を押される理由

女性の結婚年齢が上がっているとはいえ、30代で独身でいると、世間から結婚できない女性として烙印を押さ...

猫が引っ越し後に夜泣き!慣れるまでの時間と夜泣きの時の対処法

引っ越しをしたあとに新しい家で猫が夜泣きをすることでお困りの飼い主さんもいますよね。引っ越しをし...

テニス初心者がサーブをコートに入れるために必要な練習方法

テニス初心者が一度は悩む「サーブが入らない」という問題。テニスはサーブによって試合が始まるため、...

壁紙のシールをキレイに取るには?剥がし方のコツを紹介

壁紙のシールはどのようにして剥がすとキレイに取れるのでしょうか?剥がし方のコツやポイントとは...

子犬の散歩の練習で必要なことや怖がるときの対処法

子犬がはじめて散歩をする前には、外に慣れるための様々な練習をすることでスムーズに散歩をはじめることが...

海外在住の悩み!頼りにされる日本人への上手な断り方

海外在住者が実は悩んでいること、それが「会いたいから遊びに行っていい?」と言って何日も宿泊しようとす...

高校男子のお弁当箱選びの基準!洗いやすく詰めやすいお弁当箱

お子様が高校生になるとお弁当が必要という方が多いですよね。特に男子の場合には、体も大きくなり、活動量...

トンネルが怖い理由と対処法!運転するときのポイント

トンネルが怖いという人は多いのではないでしょうか。では、どうしてトンネルを怖いと感じるのでし...

遠足のおやつが禁止になるその背景とは?昔とは違う学校の現状

昔は遠足といえば、どんなおやつを持って行こうかとワクワクしたものですが、今は多くの学校で遠足時のおや...

ミニトマトの葉っぱがしおれる原因は?上手に育てるコツと方法

家庭菜園でミニトマトを育てている人もいますよね。ミニトマトの葉っぱに元気がなくなってしおれる時は一体...

スポンサーリンク

30万貯まる貯金箱に100円入れたらどのくらいになる?

普段の買い物でおつりとしてもらう機会も多い100円玉ですが、皆さんのお財布の中にも、きっと1枚や2枚は入っているのではないでしょうか?

よく500円玉貯金をいている人の話を耳にしますが、100円玉に比べたらお財布に入っている頻度も低いですし、貯めるにはなかなかハードルが高そう。なかにはわざわざおつりを500円玉でもらえるようにと、計算して支払っている人もいるようですが、そこまでするのもなんだか手間だなと感じる人にこそ、100円玉貯金がオススメです。

実際に500円玉を貯金すると30万円貯まるという貯金箱に、500円玉の代わりに100円玉を使って貯金してみると、キチキチに詰めた状態では、約8万円貯まるそうです。8万円あれば家族でちょっとした旅行にも行けますし、家電などの買い替えにも使えますよね。

500円玉貯金よりは気軽に始められて、毎日コツコツ続けることで、自然と結構な金額が貯まっているなんて、想像するとちょっと嬉しい。100円玉貯金、オススメです。

30万貯まる貯金箱に500円入れるのは大変だけど100円なら無理なく続けられる?

お財布の中にあると思っていたハズの500円玉がないと、アレ?と思いますけど、100円玉が1枚や2枚なかったとしても、よほど給料前の厳しい時期でもない限りは、それほど大きな影響はありませんよね。

最近だと、支払いはほとんどクレジットカードやお財布ケータイで済ませてしまうといった方も少なくないため、小銭を持ち歩くこともあまりないのかもしれませんが、小額の支払いではまだまだ現金払いの人の割合がかなり多いように感じます。

ただでさえお財布にはお金以外の様々なものが入っていることが多く、カード類や健康保険証、運転免許証なども入れていると、それだけでもパンパンになりがちですよね。小銭を出して買い物をするのが面倒で、ついついお札で支払ってしまうという方であれば、さらにおつりで小銭が増えて、ものすごい重さになっているなんてこともあるのでは?

小銭不用派の人もいれば、気付けば貯まっちゃう派の人もいます。そのどちらも向いているのが、100円玉貯金なのです。
毎日帰宅したらお財布を開けてみて、そのうちの100円玉だけを貯金箱へ。さほど現金は使わないという人でしたら、毎日でなくても週に2~3回と曜日を決めてもOKですが、貯める週間をつけるためには、とりあえず毎日お財布の中を確認するクセをつけると、無理なく続けられますよ。

30万貯金箱に1日100円を入れるメリットとは?

毎日すべての100円玉を貯金箱に入れなくても、1日100円貯めるだけでも良いというルールを作ってみてはどうでしょうか?
1日100円なので貯まるペースはゆっくりですが、それでも確実に1ヶ月で3,000円近くは貯まるので、それが1年だと36,000円。この数字を見てしまうと、毎日コツコツと続けることにも大きな意味があると言えますよね。

1日100円と考えると、今日からでも気軽に始められますし、貯金しなきゃとムリして節約に励まなくても、気付いたらけっこう貯まっていたと実感できるのも、100円貯金の大きな魅力なのです。

この方法であれば、わざわざ少しずつヘソクリを貯めなくても、半年1年待てば、ちょっとしたまとまった金額が手元に残るので、我慢していたあんな物にも手が届くかもしれませんよ。

貯金箱で30万円貯めたい!どんな貯金箱を選ぶべき?

よく見かける「○万円貯まる貯金箱」というアレ。確かに、30万円などと明確に貯める目標額が定まっているのなら、それが一杯になることを目指すだけなので、よりわかりやすいかもしれません。
ですが、毎日触れるものだからこそ、自分の好みのデザインの貯金箱を選んだほうが、見るたびにちょっと嬉しくなったり、ワクワク出来るのではないでしょうか?

昔から、「お金はお金が好きな人のところに集まる」と言われています。たとえば、もしも自分が好きなキャラクターグッズの貯金箱があったとしたら、かわいいので用がなくてもつい手に取ったり、眺めたりしたくなりませんか?
「貯金箱を愛でる=お金を愛でる」ことにも繋がるので、貯金する行為以上にお金が貯まりやすくなる可能性が高くなるのです。

市販されている貯金箱には様々なタイプがあり、いわゆる「おもしろ系」も数多く販売されています。最初のうちは面白がってたびたび貯めていたとしても、次第に飽きてしまって、気付けば忘れ去られているなんていうことも…。

もっと効率的に貯めたい!貯金箱以外で1年以内に無理なく30万円貯めるには?

さすがに1日100円だと30万円貯めるには程遠いので、もう少し効率よく貯めたいという方には、こんな方法がオススメです。

まず、会社から給与が振り込まれる普通口座とは別に、貯蓄用に積立口座を開設します。自動積立の手続きをして、給与の一部が毎月自動的にそちらの貯蓄用の口座に移されますので、知らず知らずのうちにお金が貯まっていくのです。

手元に残ったお金だけでやりくりする必要があるので、あまりムリのない金額に設定することが大切です。ボーナス時などだけ金額を多めに設定しておけば、さらに効率よく貯められます。

また、ネットバンキングを利用している方であれば、わざわざ店舗に出向かなくとも、積立口座を開設することが可能ですので、より簡単に始められるでしょう。