母親の過干渉とはどう付き合えばいい?30代女性の悩みを解決

母親の過干渉なのはどうしたらいいのでしょうか?30代であっても、親からしてみれば子どもは一生、子どもとしか見ることができません。

しかし、子どもであっても1人の大人として接してもらいたいですよね。過干渉な親とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか?

親の過干渉がしんどいときには、この方法や伝え方で少しずつ気がついてもらうようにしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クッキーの人気レシピで簡単に誰でもできるものだけ紹介します

クッキーの人気レシピについて簡単に誰でも美味しく作れるものを紹介致します。レシピ通りに作っているのに...

夕飯のメニューが決まらないときのお助けメニューや対策を紹介!

毎日夕飯のメニューは何にしようか困ってはいませんか?お肉・魚・野菜・などバランスよく摂りたい...

ハムスターが寝てるときに起こすのはNG?ハムスターの睡眠時間

ハムスターが寝てる時に起こすことはNGなのでしょうか。可愛いハムスターに触りたくなって体を触ってしま...

家庭菜園のブロッコリーを害虫から守る方法とつきやすい害虫

家庭菜園でブロッコリーを栽培している人の中には、ブロッコリーについてしまった害虫に頭を悩ませている人...

蒸し器の代用品を紹介!蒸しパンをフワフワに!他の料理も出来る

昔はどこの家庭にもあった蒸し器ですが、お家にありますか?大きくて保管場所もとるので蒸し器がご...

犬がお風呂を嫌がる理由と対処法でお風呂嫌いを克服するコツとは

犬がお風呂を嫌がるときは、どうしてお風呂を嫌がるのかその理由を探ってみると対処法が見つかるかもしれま...

冷やし中華の具に豚肉はアリ。茹で豚、カリカリ豚、挽肉のレシピ

夏がやってくると食べたくなる冷やし中華。具のハムがない、冷蔵庫には豚肉が。そんな場合は豚肉を使っ...

舞茸の天ぷらがべちゃべちゃに…この方法ならべちゃっとしない!

舞茸の天ぷらって、無性に食べたくなる時があるのは、私だけではないはずです!素材は舞茸のみ。...

30万貯金箱に100円を入れた時の総金額と無理なく貯めるコツ

30万が貯まる貯金箱の多くは、本来500円玉を入れることを想定した金額です。確かに500円玉を入...

朝音楽を聴くことで得られる効果と目覚めを良くするための秘訣

毎日の仕事で疲れていると、次の日の朝の目覚めも良くないと感じる人も多いでしょう。そんな人におすす...

夏休みの宿題をしない子供にイライラしないで過ごしたい!

夏休みの宿題。夏休みの宿題を子供にしっかりさせるのは、親の宿題ですよね。宿題をしないまま...

うさぎの寿命で最期が近づいた時に飼い主としてしあげられること

今までずっと家族の一員として可愛がってきたうさぎも、寿命で最期の時を迎える時が必ずきます。別れは...

小姑と同居することに!【必見】出戻りの小姑と同居する時のコツ

夫の実家で義両親と同居生活をしているところに小姑が出戻りをして同居することになったら、ただでさえ大変...

バレエのリフトのコツを紹介!上達するために大切なポイント

バレエのリフトのコツははじめて男性ダンサーを踊る人には難しいかもしれません。しかし、男性ダンサーと踊...

発酵は最適温度でパンを美味しく作れる重要なポイント

パンを手作りするときに発酵させる温度や時間がポイントになってきます。では、パンの発酵させる最...

スポンサーリンク

母親の過干渉がひどいのは30代未婚だから?

親は子どもの自立を喜ぶものですが、子どもに過干渉気味の親は、子どもの自立を素直に喜べない人もいます。

親の過干渉は、子どもにとってもわずらわしく思うことがほとんどで、小さい頃であれば何とか我慢できても、大人になってまで干渉されるのは避けたいことでもあります。

「うるさく言うのはやめて」と何度言っても聞き入れてくれず、それどころか年々干渉がひどくなってくるような親のことは毒親と呼ばれています。

特に、親からの過干渉を受けて悩んでいるのは、20代女性が一番多いという結果が出ています。

独身で、ずっと実家で暮らしている場合、出かける度に「どこに出かけるの?」「何時に帰るの?」「誰と出かけるの?」などと質問攻めに合うという人も多いようです。

実家で暮らしている場合は、多少なりとも親の世話になっているところもあるので、ある程度は仕方のないことかもしれませんが、毎日このような干渉が続くとストレスも溜まりそうですよね。

このような親の干渉から逃れられた人の多くは、「結婚」がきっかけになっています。

結婚して、家を出て新しい家族を持つと、親とは別世帯となるため、今までのように干渉する隙がなくなり、親も諦めて干渉しなくなるというケースも多いようです。

母親は30代の娘に対して過干渉な場合は、まず知ってもらおう

30代ともなると、社会に出て10年近く経っていることも多いいい大人です。

そんな大人になった子どもにも、親が干渉してくるというケースも少なくありません。

しかし、干渉してくる本人は、自分では過干渉であるということに気付いていないこともあるのです。

このようなケースでは、親に直接過干渉であるということを伝えるということが大切です。

ただ「お母さん、過干渉だよ」と言っても、本人はどんなことが過干渉なのかわからないので、「○○の発言はやめてほしい」、「○○といった行動はやめて」など、具体的なエピソードを入れて伝える方法が良いでしょう。

親にとっては、いくら子どもが大人になったからといっても、子どもはずっと自分の大切な子どもです。

子どもが可愛いがゆえに、子どもの成長に気づかず、時が止まっているという場合もあります。

そのため、子どもから自分が過干渉だと否定されるようなことを言われて、素直に受け入れてくれるとは限りません。

子どもは親からの影響を強く受けて育ちます。

親からずっと否定されて生きてきた人は、頭にそうインプットされているので、ずっと自信をなくして生きているということもあります。

このような過干渉な親と、上手に付き合うためには、親の言葉を受け流すことも重要です。

自分が大人として考えを持って生きている今、親が何を言っても真面目に捉えたり、落ち込んだりする必要がないのです。

母親の過干渉がひどい・・30代なら自立を考えよう!

過干渉な母親の多くは、子どもを自分の思うままに操る傾向があります。

表面的には、子どものためを思ってしていると思えますが、子どもにとっては、自立の芽がもぎ取られてしまうことにもなります。

例えば、公園に遊びに行った時に、つまづきそうな大きな石があったとします。

過干渉な親は、子どもが転ぶ前に大きな石を安全なところに避けます。

このようなことが子どもの成長過程において、繰り返しされていたら子どもはどうなるでしょう。

普通なら、子どもが公園で石につまづいて転び、その痛みから、次からはちゃんと周りを見て走ろうなどと学習します。

親が、このように先回りをして子どもの安全第一で育てていると、子どもは自分で考える力をなくしてしまいます。

その結果、いざという時にどうしたら目の前の問題を回避できるのかがわからないという状態になってしまうのです。

 

過干渉の母親から離れるためには、自立以外に方法はありません。

自立にも、精神的な自立と、経済的な自立などがあります。

精神的自立は、大人になり社会に出て自分に自信が付き、自分なりの考えもはっきりしてきます。

親がいなくても、1人で出来るんだという自信がつくことで、親の干渉を受け流せることもあります。

経済的自立は、自分の収入で自分の責任で生活するということです。

親と離れて、1人で暮らすことにより、お金の有り難さも身を持って感じ、自分の収入でなんとか生活をするしかないという状況が、親の干渉から逃れられる大きな要因になります。

母親の過干渉をすべて排除するのではなくひとつひとつ掘り出してみよう

過干渉の親は、自分の母親であることが多いですよね。

過干渉をやめさせるには、自分の気持ちを整理してみるという方法が有効です。

親の過干渉にも色々なことが考えられますが、自分にとっては、どんなことが印象に残っているかを考えてみましょう。

自分の気持を、順序立てて気持ちを掘り下げていくことで、答えが見えてくるはずです。
いつもされる過干渉のパターンをいくつか書き出してみます。

文字にしてみると、より気持ちの整理がつきます。

その上で、自分はどうしたいのか、素直な気持ちを自分自身に問いかけてみましょう。

少しずつ気持ちが見えてきましたね。

ここで、自分の気持ちに沿った取り決めを作ります。

「○○しない」「○○させない」という否定的な言葉ではなく、「○○にする」というような肯定的な文章で、取り決めを作ってみましょう。

大切なのは、親の意向に沿うのではなく、自分はどうしたいのかという気持ちを大切にして行動するということです。

母親の過干渉は離れることが一番それができないときには・・

母親の過干渉は、同じ空間にいる時間が多いということが要因のひとつになっています。
離れて距離を置くことが出来れば、物理的に干渉するのが難しくなるので、最善の方法は母親と離れて暮らすことです。

いつまでも、実家暮らしで経済的にも親に頼っている状態では、現状を変えることが至難の業です。

でも、ただ一人暮らしをするというのでは過干渉から逃れることにはなりません。

自分の力だけで生活を成り立たせ自立するということが重要です。

親からの仕送りに甘えるようでは難しいでしょう。

過干渉な親というのは、子どもが離れたからといって干渉も突然止まるというのは稀で、ほとんどが電話やメールという手段で頻繁に連絡してくることがあります。

この場合は、会話の中で「もう1人で生活できるから安心して」ということを入れ、自分が自立していることを親に理解してもらうことが良いでしょう。