完璧な男装メイクをして、コスプレをもっと楽しみましょう

イベントに参加するために、男装メイクのコスプレに挑戦したい女子も増えているといいます。

しかし、男装メイクは難しそうだと諦めてしまう人もいるようです。

そこで今回は、初心者のための男装メイクのやり方や必要なものについて説明します。ポイントは「目」と「鼻」です。より完璧な男装メイクになるように挑戦してみましょう。
また、男装メイクに合う髪型にして、より男の子ぽいファッションコーデもしてみましょう。おすすめの髪型やコーデもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本の読むべき名作はこうして見つけよう!名作の探し方

本で読むべき名作はどのようにして見つけたらいいのでしょうか?本や情報があふれているからこそ、ここで見...

夫が無関心で辛い時に、妻であるあなたが今すべきこと

新婚当時はただ無口な夫ぐらいの認識だったのが、長く結婚生活を続けるうちに単なる無関心だと気付く。...

小学校受験の服装について国立の場合に気をつけたいポイント

子供が小学校受験をするとき、まずどんな服装で行ったらいいのか悩む親御さんも多いことでしょう。...

腕が太いのは気にしなくていい!ノースリーブを着こなすスタイル

夏になるとノースリーブを着る機会もありますね。ノースリーブは涼しいですし、オシャレも楽しめて夏な...

チワワ生後3ヶ月頃の噛む癖を直す方法とは

生後3ヶ月頃のチワワはとにかく好奇心旺盛!この頃は歯が生える違和感などから、ところ構わず噛むこと...

塩と砂糖を間違えた場合の救済方法とは?アレンジして食べよう

料理を始めたばかりの時は、レシピを見ながら作っていても塩と砂糖を間違えたりすることもありますよね。...

たくあんは黄色の着色料を使っている?違いを紹介します

たくあんが黄色いのは着色料を使っているから?着色料を使っているものとそうでないものの違いとは?...

グリーンネックレスがしわしわな原因は水のあげすぎ?それとも

グリーンネックレスがしわしわに!その原因と対処法を知りたい!グリーンネックレス。通称『グリネ...

トレーニング後の食事は太るのは本当?運動後に良い食事と注意点

トレーニング後に食事をすると太るという話を聞いた事がある人もいますよね。せっかくトレーニングをしたの...

唐辛子の収穫方法と収穫時期は?おすすめの調理法と病気害虫対策

家庭菜園で唐辛子を育てている人の中には、収穫方法や収穫時期がわからない人もいますよね。唐辛子を収穫す...

オススメなシールの剥がし方は?木についたシールの剥がし方

シールがついて剥がれないことありますよね。剥がし方はシールによってや、付けた素材によっても異なります...

カップラーメンスープの捨て方問題…美味しいアレンジ方法も

カップラーメンを食べた後のスープはどのようにして捨てていますか?調べてみると、意外にもいろいろな...

ハムを使ったお弁当用の簡単でおいしいおかずレシピをご紹介

いろいろな料理に使えるハムは、お弁当でも大活躍ですよね。でも、どうしてもマンネリ化してしまう...

レザーのバッグの臭いが臭い!臭いを取り除く方法とお手入れ方法

久しぶりに取り出してレザーのバッグを使おうと思ったら「なんだか臭い!」こんな経験をしたことがある人も...

部活を辞めると内申に響く?内申書に書かれる内容と部活の関係

部活を辞めたいと思っているけど、辞めると内申に悪いことが書かれてしまうのではないかと心配している人も...

スポンサーリンク

基本のコスプレメイクに最低限必要なものを揃えましょう

マンガやアニメに登場する男性キャラクターが好きすぎて、自分でも男装コスプレをしてみたいと考える女子たちにとっては、まずはどれくらい女性っぽさを消して、上手く男装ができるのかどうかが、成功の鍵となります。特徴的なキャラクター衣装を身に着けるのはもとより、そのコスプレが元のキャラクターに似ているかどうかは、メイクの出来次第だと言えるでしょう。

男装コスプレメイクの必須アイテムとは

二次元のキャラクターになりきるためには、メイクでそのキャラクターに近づけるしかありません。

もともと男の子っぽい顔立ちの方でしたら、うまく男装メイクがハマる可能性も高いですが、女性の顔を男性キャラクターに寄せるためには、メイク道具を駆使する他ないですよね。

男装のコスプレメイクをする場合においては、特別に専用のメイク道具を準備する必要はありませんが、より二次元のキャラクターに寄せるためにも、メイクの基本は抑えておきましょう。

ファンデーションで肌質を整えるためには、メイク下地やコンシーラーも必要です。

コスプレで最も重要、目や鼻、口などの各パーツをいかに似せられるかという点

とくに眉毛から目元は顔の印象を一番左右しますので、アイブロウで眉毛を似た感じに描き足したり、アイライナーで目を大きく見せたりするのも効果的です。

目元だけでなく、ノーズシャドウを使ってより男性的な鼻の形に見せるという方法もあります。

男装メイクでコスプレしたい人のためのベースの作り方

普段からメイクをする習慣のある人にとっては、メイクの基本をあえて説明する必要はないかもしれませんが、普段はあまりメイクをする機会のない人が男装コスプレメイクをする場合は、まずはある程度メイクの基本を抑えておく必要があります。

メイクの基本といえば、その名のとおり「ベースメイク」です。

男装コスプレはベースメイクが重要

  1. 顔を洗ったあと化粧水などで保湿したら、メイク下地を顔の数カ所にのせ、綺麗に手で塗り拡げます。
  2. より綺麗に仕上げるためには、さらにスポンジを使って、薄く均一になるようにポンポンと軽く押さえます。
  3. 上からリキッドのファンデーションを塗る際には、こちらもむらにならないように注意して塗りましょう。

この時点で顔全体の色味が均一に整っていれば問題ありませんが、もしもシミが気になったり、目の下のクマが隠しきれていないような場合は、コンシーラーを使って目立たなくなるようにしてから、パウダータイプのファンデーションを重ねましょう。

男装メイクは目が勝負!切れ長の目でコスプレを楽しみましょう

人の印象を決定づけるのは、何と言っても目です。男性キャラクターのキリッとした涼し気な目元に近づけるためには、目元のメイクにも力を入れたいところです。

男装コスプレメイク成功の鍵は目元!

コスプレに欠かせないのがカラコン

男性キャラクターになりきるためには、できるだイメージに近い色味のカラコンを使って、目の力強さを強調するのが鉄則。

一重の目を凛々しい切れ長な二重に見せるためには、アイプチやアイテープをフル活用しましょう。二重の線を強調するには、目頭から中央にかけてリキッドタイプのアイライナーで線を入れたあと、ペンシルタイプのアイブローで線をぼやかしてなじませます。

アイラインは目の全体を囲むよりも、目の下部分は目頭と目尻だけに留め、黒目の下の辺りは空けておくことで、より力強い印象になります。

より完璧な男装メイクにするためには、ノーズシャドウを使いましょう

男装コスプレと聞くと、宝塚の男役のメイクを思い浮かべる人も多いかと思います。彼ら(女性ですが)がステージ上でより男性らしく見えるのは、男性の顔立ちに似せるためのメイクを心がけているからでもあります。

ノーズシャドウで鼻筋をクッキリと

ノーズシャドウを効果的にきかすには、鼻の陰影を際立たせるためのパウダーと、鼻筋を目立たせるためのハイライトを使います。

まずは、鼻筋の左右にパウダーで影を付け、鼻をより立体的に見せます。

さらに鼻筋にかけてハイライトを載せることで、女性の鼻を男性らしく見せることができます。

普段のメイクでは、あまりノーズシャドウを使う機会はないかもしれませんが、今後も男装メイクをしてコスプレを楽しみたいと考えているのでしたら、この機会に揃えておくことをおすすめします。

男装メイクにぴったりな髪型やコーデをご紹介します

男装メイクをしてみたいと考える人の中には、特定の男性キャラクターのコスプレをしたいというわけではなく、カッコいい男性になってみたいといった憧れから、男装メイクにチャレンジする方も少なくありません。女性だけでなく、男性目線で見てもカッコいいと思われるような、そんな男装スタイルを目指しましょう。

メイク+髪型で勝負

ショートカットの女子であれば、スタイリング次第でカッコよく変身できますが、男装コスプレを楽しむ女性の多くは、ウィッグで男性っぽさを作り出しています。

せっかく男装メイクをしても、髪型で女性っぽさが出てしまっては台無しですよね。

基本は前髪重めスタイルにしつつ、髪色で遊んでみるのもおすすめ。金髪で王子様テイストを楽しめるのも、ウィッグならではですよね。

低い身長はシューズでカバー

身長が低めな人は、シークレットブーツで背を高く見せるのもアリでしょう。脚が長く見えるため、男性ファッションもよりバランス良く見えます。

ゆったりめなトップスで身体の線をごまかす

タイトな服だとどうしても女性らしい身体の線を拾ってしまいますので、少しルーズなくらいの大きめトップスで上半身からお尻まで隠してしまいましょう。腰にシャツを巻くことで、腰回りのボリュームを隠すワザも使えます。

女の子らしい顔立ちの方でも、やってみると意外と男装メイクがしっくりくるという話もよく耳にします。男らしくキリッと凛々しく見せるだけでなく、中性的な魅力溢れる男装コスプレなど、楽しみ方はいろいろありますので、思い切って踏み込んでみてくださいね。