ダンスの習い事。ヒップホップをキッズが始める時に確認したい事

子供の習い事で最近人気があるのがヒップホップダンスではないでしょうか。

学校の体育の授業に、ダンスが必修になったことも影響されているようです。

キッズのヒップホップダンスのスクールもありますが、どんなことをしているのか覗いてみましょう。

子供に習い事をさせるのは、色々な体験が出来るのでおすすめですがダンスを習うことのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

キッズスクールに通うことになると気になるのが費用ではないでしょうか。
かかる費用や衣装などの価格も紹介します。

またスクール選びは大事なことです。選ぶ時のポイントもご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥が野菜を食べないときには何をあげたらいい?ご飯のあげ方

文鳥が野菜を食べないときには、どのような工夫をしたらいいのでしょうか?野菜が好きな子もいれば、嫌いな...

オススメなシールの剥がし方は?木についたシールの剥がし方

シールがついて剥がれないことありますよね。剥がし方はシールによってや、付けた素材によっても異なります...

小姑と同居することに!【必見】出戻りの小姑と同居する時のコツ

夫の実家で義両親と同居生活をしているところに小姑が出戻りをして同居することになったら、ただでさえ大変...

洗面台のサビの落とし方で頑固な汚れもキレイに快適にしよう

洗面台のサビの落とし方が知りたいという人は必見です。気がつくと洗面台に頑固な茶色のシミやサビ...

幼稚園の役員決めを欠席するとどうなる?役員決めは公平に!

幼稚園の役員決めを憂鬱に感じているママもいますよね。できれば役員なんてやりたくない。そんな風に思って...

ごぼう・大根・人参を使ったほっこり美味しいレシピ

冷蔵庫の野菜室にある大根や人参、ごぼうは煮物にしても美味しい野菜ですよね。根菜類は比較的日持ちす...

うさぎが仰向けに寝るのは危険です!仰向けが危険と言われる理由

うさぎが仰向けに寝る姿をみて「可愛い」と思う人もいますよね。確かにその姿は癒やされるものかもしれませ...

完璧な男装メイクをして、コスプレをもっと楽しみましょう

イベントに参加するために、男装メイクのコスプレに挑戦したい女子も増えているといいます。しかし...

サッカー選手の結婚が早い理由と一般男性との大きな違い

サッカー選手は結婚が早い、そんな印象を持っている方は多いと思います。世間一般では晩婚化が進みますが、...

フェルトでワッペンを手作りする方法と手作りする場合のポイント

子供のバッグにフェルトで手作りしたワッペンをつけて、オリジナリティ溢れる可愛いバッグにしてみませんか...

納豆の美味しい混ぜ方決定版!今までとは違う味を楽しもう

納豆は●●回以上混ぜて食べると美味しいとか、タレは先に入れるとか後に入れるとかいろいろな食べ方の情報...

カラスに食べ物が取られることのないようにする方法とは

カラスに食べ物を取られるのを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?ぼんやりしているところを...

キッチンのタイルを綺麗さっぱり掃除したいなら

家の中は掃除するところがたくさんあります。その中でもキッチンのタイルは油汚れが付きますので、マメ...

家庭菜園のブロッコリーを害虫から守る方法とつきやすい害虫

家庭菜園でブロッコリーを栽培している人の中には、ブロッコリーについてしまった害虫に頭を悩ませている人...

猫の耳掃除は病院でもお願いできるが自宅でもケアが可能です

猫の耳掃除をしたいけど自分でやるのは不安な時、病院でも耳掃除をしてくれるのか気になるところ。...

スポンサーリンク

ヒップホップダンスとは?ダンスの種類やキッズダンスでやること

キッズの習い事として人気なヒップホップダンス。
それは学校の体育の授業でダンスが必修になったことが原因です。

ダンスに馴染みのない子供がいきなり人前でダンスを踊る状況に直面すると、人前に出ることが苦手な子にとっては酷なこととも言えます。
その対策というまではないにしても、キッズからダンスを習った方が良いという考えになっているそうです。

それだけではなく、キッズのダンスはとても可愛いし体を動かすことは良いことなので親としてはダンスの習い事が選択肢の中にあるようです。

ダンスの習い事と言ってもその種類は様々です。

ジャズダンス、チアダンス、ヒップホップダンスなど習うものによってステップなど大きく異なります。
教室によっていくつかのジャンルのクラスがあるところもあれば、どれか1つ専門なところもあります。

しかし、子供がまだ小さい3歳くらいですと、どのダンス教室に言っても専門的なステップと言うよりは馴染みのある振り付けや曲でお遊戯の延長といったような感じです。
また年齢的に集中力や理解力がおぼつかないことがあるので、レッスン自体もちゃんとできらりできなかったり…ということもあります。

そういった点ではある程度物分りがはっきりする4~5歳くらいから習っても遅くはありません。

キッズのヒップホップダンスのメリット・デメリット

キッズダンスですと早ければ3歳から習い始める子がいます。

小さい頃に習うダンスのデメリット

まだ集中力や理解力に限界があります。
そのため、レッスンしたことを全て吸収できるかと言ったらそうではありません。
泣いてレッスンにならない子も多くいます。

考え方次第では3歳から習ってもレッスン料などを考えるとあまり意味がないと言えるのがデメリットになります。

小さい頃からダンスを習うメリット

早いうちから様々なことに挑戦させるこよによって慣れるのが早い、レッスンが上手くできなくても耳や目で吸収することも多いので、今その力を発揮できなくても今度発揮しやすいなどが挙げられます。
また人前で何かをすることに物怖じしない子になる期待もあります。

何事もメリットがあればデメリットもあります。
考え方、目的、目標とすつものはそれぞれ異なりますので、いつが良いと決まった年齢はありません。

お子さんや家庭にあった時期を選んであげると良いでしょう。

キッズのヒップホップに欠かせないダンス衣装

私の経験ですが、小3になる娘が5歳からダンスを習っています。

最初は動きやすい服装、綿パン、ジャージ、短パンなどを着てダンスレッスンに通うにも服にこだわったことがありませんでした。

しかし、だんだんと周りの影響からか、ヒップホップらしい服装にこだわるようになり、ダンスに行く時は、ダンスレギンス、バスケパンツ、スェットパンツ、上は少しサイズオーバーのロゴTシャツなど好んで着るようになりました。

やはり周り、特に大きい学年のお姉ちゃん達が着ている服に憧れるようです。
体が小さいうちはプチプラの種類も豊富で値段も大きくはないですが、積み重なればそれなりにはかかります。

発表会などの衣装は教室で揃えて指定したものを着ますので、衣装に困ることはありません。

キッズダンススクールにかかる費用

キッズのヒップホップダンスにかかる費用

教室によって料金は異なりますが、相場としては月謝が4000~6000円程度です。
ジャズ、ヒップホップ、ブレイクなどクラスを掛け持ちするとなるとその分の料金は加算されていきます。
教室によって掛け持ち割引や兄弟割引など行っているところもありますので、チェックしてみてくださいね。

小さいうちから5000円以上する習い事は高いような気もしないでもないですが、ダンス教室によっては低価格に設定していることもあります。
教室選びは先生の指導の特徴や料金にも要注意して決めましょう。

ヒップホップですと、ダンスに必要な道具としてダンスシューズのみですので、バレエなどのようにレオタード、タイツ、シューズなど用意する必要はないので、その点はコスパが良いと言えます。

ダンススクール選びのポイント

失敗しないダンススクールの選び方

スクールに通う目的を明確にしておく

本格的にしないたのか、体を動かすことやとりあえず何かをさせたいなど、何を重視しているのかによっても選ぶ教室が異なります。

年齢層をチェック

教室の年齢層も注意して見ておくと良いでしょう。
なぜなら発表会では主に同学年で一緒に踊ります。時にはライバルとして意識することもあります。
同学年が多ければ多いほど刺激にもなるでしょう。

先生の指導法

ダンスが上手い先生だからと言って指導が上手とは限りません、
ダンスの上手さと指導の上手さを別物として見極めましょう。子供がダンスを好きになれるような指導をしてくれる先生が良いですね。