餃子の白菜は切る前にゆでるもの?美味しい餃子の作り方

家庭で餃子を作る時には、キャベツか白菜を使って作りますよね。
白菜を使う場合には、切る前にゆでる方が良いのでしょうか?

レシピによっては、切る前にゆでるというレシピもあれば、作り方はさまざまです。

白菜の水分が多すぎると、餃子のあんが水っぽくなってしまいそうですが、切ってから水分を抜く方法や、片栗粉を使って水分を閉じ込める方法などもあります。
白菜を使った美味しい餃子の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鉄のフライパンは油ならしが大切!長持ちする使い方のコツ

鉄のフライパンは油ならしを使い始めにするのが大切です。そうすることで焦げ付きを防いで、食材がこびりつ...

野良猫を保護した後、猫が鳴きやまない理由とその対策について

野良猫を保護した後ずっと鳴きやまないと、病気や怪我をしているのでは…と心配になってしまうものです。...

旦那と相性が合わない。離婚も視野にいれている人へアドバイス

旦那と相性が合わない、もう離婚したいと悩んでいませんか?離婚原因で多い、いわゆる「性格の不一...

魚料理がメインの献立に合う副菜!簡単手軽に作れる1品

夕食の献立を考えるのは、主婦にとって毎日頭を悩ませることですよね。昨日は○○を食べたから今日は○...

アリとハチの違いとは?その見分け方や共通点について解説

よく見るアリとハチは似ていると感じたことはありませんか?アリは土の上を歩いているし、ハチは飛...

掃除のモチベーションがきっと上がる!掃除のやる気を出す方法

掃除のモチベーションが上がる時ってどんな時でしょうか。来客がある時?それともお姑さんが来る時?...

朝の支度が遅い子供が自分から動けるようになる方法

小さなお子様がいるご家庭の朝は、毎朝ドタバタというお宅が多いと思います。朝起きても、ボーッとして準備...

バナナで作るおやつ!簡単・ヘルシーなバナナを使ったおやつ

自宅にあるバナナが気がついたら完熟して黒くなっていた・ヘルシーなおやつを作りたいという人は、バナナを...

腹筋のやり方!初心者の女性でも取り組みやすい腹筋メニュー

腹筋のやり方は色々ありますが、腹筋をしたことがない初心者の女性にとっては、どれもハードルが高そうに感...

ポーチの中身で女子力がわかっちゃう!?必須アイテムをご紹介

ポーチの中身で女子力がわかる!?かわいいカバンの中身がグチャグチャなのは許せない!かわい...

ストレートボブ前髪なしは童顔丸顔さんにおすすめのヘアスタイル

街で「ストレートボブ前髪なし」のヘアスタイルをしている人をよく見かけませんか?このストレートボブ...

台所のシンク下の臭いの原因と、原因別の対処法でスッキリ

台所のシンク下の扉にはどんな物を入れていますか?フライパンや鍋を取り出そうとして、シンク下の...

彼氏をキープしつつ結婚相手を探すという考え方。リアル婚活事情

今の彼氏と将来が見えないとか、自分と結婚する気がさなそうな彼氏とは、付き合っていても不安が付き物です...

セキセイインコはなぜしゃべる?おしゃべりはオスの方が上手!

セキセイインコを飼っている人やこれから飼おうと思っている人の中には、インコがおしゃべりをしれくれるこ...

子供が勉強ができないと感じる親へ~子供との関わり方

「うちの子供は勉強ができないから…」とお悩みの方は多いと思います。低学年のうちは、それほど目立た...

スポンサーリンク

餃子に入れる白菜は先にゆでるの?

餃子の中に入れる野菜としてはキャベツが一般的だと思われている人も多いのではないでしょうか。
しかし本場の中国ではキャベツよりも白菜を使った方が一般的であるとされています。

白菜はキャベツよりも水分を多く含みますので、しっかり水分を抜くとその水分が抜けた部分に肉汁がしみこみます。

そうするとかなりジューシーでおいしい餃子が出来上がるのです。

白菜は先にゆでなくても大丈夫です。

白菜はみじん切りにしてからにらと一緒にボールに入れて塩をまぶして軽くもんでください。

そうして時間を置いておくと水分が抜けていきます。
水分が抜けた後はしっかり水切りをすれば大丈夫なのです。

水抜きをする前は野菜のかさは多いですが、水抜きをした後はかさも減ってひき肉と同じくらいの量になるのがベストです。

餃子の白菜はゆでる?片栗粉で水分を閉じ込めるとジューシー

餃子の中に入れる白菜はゆでなくてもおいしい餃子を作る事ができます。
そして先ほど紹介したような塩もみをしなくてもおいしくできるレシピもあります。

それは片栗粉で水分をしっかり閉じ込めるという方法があります。

ここではおいしくできるレシピを紹介しましょう。

まず、手順としては豚ひき肉に醤油・ごま油・清酒・すりおろし生姜・すりおろしにんにくなどの調味料を合わせ練り混ぜましょう。

その後ニラや青ネギを加えます。

その次に片栗粉をしっかりまぶしたみじん切りの白菜を加えていきます。

そうすればあっという間にジューシーな餃子になるタネの出来上がりです。

焼き方としては、油を引いたフライパンに餃子を並べた後水を150CCほど加えて蒸し焼きにしてください。

そうすればよりジューシーな餃子に出来上がります。

白菜はゆでるのではなく水気をしぼる!羽根つき餃子

冒頭でもお伝えしましたが、餃子の中に入れる白菜はゆでる必要はなく、その代わりに水分を出して水気を出してあげた方がよりジューシーな餃子を作ることができます。

ではその手順をお伝えしていきましょう。

まずひき肉に調味料などを加える前に、ニラや白菜の下ごしらえをしてしまいましょう

白菜はみじん切りにした後塩を適量加えてよくもんでください。

時間を置けば水分が抜けますが、時間を置かなくてもよくもんだ後ならガーゼなどに包んで水気を絞れば水抜きができます。

その後先ほどのように豚ひき肉に調味料を加えてお肉を良くこねてください。
そして、ニラを加えて、白菜を加えればタネの出来上がりです。

もし羽根つき餃子にしたい場合は焼き方にポイントがあります。

まずフライパンに油を引き餃子を焼いて焼き色を付けていきます。

ある程度焼き色がついたのを確認した後に、小麦粉小さじ1を水100㏄で溶かしたものをフライパンに注ぎ、フタをして中~弱火で焼いていきましょう。

手作り餃子はキャベツ派?白菜派?

手作り餃子をする場合、キャベツにするか白菜にするかは家庭によって違いますよね。

日本ではキャベツを種の中に入れる野菜として選ぶ家庭が多いようです。

キャベツをタネに入れる野菜に選ぶ理由としては、キャベツを中に入れるとシャキシャキかんがあって食感が好きという理由があるようです。

他にもキャベツはどんな季節でもスーパーなどの店頭に並んでおり入手しやすいという理由もあるようです。

昔から自分の家庭でも餃子の中身はキャベツという人が多いようで、そのイメージが強いからという意見もあります。

一方白菜を入れるという理由としては、白菜の方がジューシーな餃子ができるという意見があります。

シャキシャキ感よりもやわらかくて食べやすいと感じる人も多いでしょう。

季節によっては野菜の値段や手に入りやすさも違うので、キャベツと白菜を使い分けているという家庭も多いようです。

しその風味が美味しいしそ餃子

餃子の中身の野菜は白菜やキャベツ、ニラと考える人も多いことでしょう。

しかしたまには変わり種としてシソを使った餃子を作ってみるのはいかがでしょうか。

作り方としてはそこまで大きく変わりませんが、餃子のタネを餃子の皮で包む前にシソを挟み、その上に種を置いて包んでみてください。

綺麗に包むコツとしては、餃子の皮のふちに水を軽くつけた後に種を乗せ、半分に折った後片側のみひだをつけて包むようにしてみてください。

もしシソが大きいようでしたら餃子の皮の中に納まるようにシソをちぎって調整した方が良いでしょう。

餃子が焼けた後、トッピングとして、シソを敷いた上にポン酢醤油をかけた大根おろしをのせてみるのもよいでしょう。

シソのにおいが良く、いつもとは違った餃子を楽しむ事ができます。
ポン酢をつけていつもよりさっぱりした味わいを感じてみるのもよいでしょう。