ハンバーグのタネがゆるい原因と復活方法【ハンバーグの裏ワザ】

ハンバーグを家で作った時に、タネがゆるく水っぽくなってしまうことはありませんか?タネがフニャフニャと柔らかくなって、なかなか形にならないという場合には、どうしたら良いのでしょうか?

あまりに柔らかいと、ハンバーグの形を諦めて、そのままフラパンで炒めてしまおうかと考える方もいると思いますが、ゆるいタネを固くするためにおすすめの材料があります。

タネがゆるい原因と復活方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーの練習メニューは楽しい!も取り入れると上手くなる

サッカーの練習メニューを楽しいものにするにはどうしたらいいのでしょうか?楽しい練習メニューと楽しくな...

子育てに疲れる体力がもたないと感じる瞬間と育児疲れ解消法

子育てはママの負担の方がどうしても大きいため、パパよりも疲れるものです。晩婚化も進んでいるため、...

ゆで卵がレンジで破裂!電子レンジでゆで卵を作る・加熱する方法

ゆで卵を電子レンジで作りたいと思って卵を加熱した時、卵が爆発してしまったという経験がある人もいますよ...

ハンバーグの玉ねぎを炒める理由。時間がないときはコレを使おう

ハンバーグの玉ねぎを炒める理由とは?この玉ねぎをあめ色にする工程、時間があるときにはいいけれどさっと...

猫が寝言でうなるのはなぜ?猫のうなりの原因とうなりへの対策

猫は犬よりも寝ているイメージが強いですが、寝ている時の猫を観察すると、突然ビクッとなったり、寝言でう...

音に敏感な赤ちゃん!赤ちゃんがすぐに起きる理由と対処法を解説

赤ちゃんが音に敏感で、ほんの少しの物音でもすぐに赤ちゃんが起きてしまう事に、頭を抱えているママもいる...

高校生におすすめのお弁当レシピ!簡単おかずや時短レシピ

高校生を持つお母さんたちの悩みは、毎朝のお弁当作りではないでしょうか?中学生までは給食でしたが、...

猫の耳掃除は病院でもお願いできるが自宅でもケアが可能です

猫の耳掃除をしたいけど自分でやるのは不安な時、病院でも耳掃除をしてくれるのか気になるところ。...

完璧な男装メイクをして、コスプレをもっと楽しみましょう

イベントに参加するために、男装メイクのコスプレに挑戦したい女子も増えているといいます。しかし...

イカの保存方法!冷蔵・冷凍で保存する方法とした処理・解凍方法

イカが食べきれずに余ってしまったとき、どうやって保存すれば良いのかわからない人もいますよね。イカを上...

韓国の味噌の中で緑の容器に入っている【サムジャン】の魅力とは

韓国の味噌にはいろいろな種類がありますが、一番に思いつくものはコチュジャンではないでしょうか。...

イカ刺身に寄生するアニサキスに注意!アニサキス対策をご紹介

新鮮なイカは刺身にすると本当に美味しいものです。ただし調理する場合は注意が必要です。それがイカに...

【合皮の靴】劣化を防ぐ日頃のお手入れ方法をご紹介

合皮には良い点がたくさんあります。低価格なことやお手入れが簡単なことなど、使う側にとって嬉しいことで...

バレエのリフトのコツを紹介!上達するために大切なポイント

バレエのリフトのコツははじめて男性ダンサーを踊る人には難しいかもしれません。しかし、男性ダンサーと踊...

上の子にイライラしてしまう…。5歳の反抗期の乗り切り方

下のお子様が産まれて赤ちゃんのお世話に追われる中で、上の子供にイライラしてしまうと感じているママはい...

スポンサーリンク

ハンバーグのタネがゆるい原因は?

ハンバーグのタネがゆるい原因は、ひき肉がよく捏ねられていないことがあげられます。
ハンバーグを作るときに、玉ねぎや調味料を入れてから捏ねてはいませんか?この方法ではハンバーグのタネがゆるくなってしまうのです。

まずは、ひき肉をしっかりこねましょう。粘りがでてきたら、玉ねぎを混ぜます。

ハンバーグには、玉ねぎが欠かせませんがどのようにしてから加えていますか?火を通した玉ねぎよりも火を通さない玉ねぎのほうが水分がでやすくゆるいタネになってしまいます。

対策としては、生のまま玉ねぎをハンバーグのタネに使うときにはよく水気を絞ってから加えましょう。新玉ねぎのような水分を多く含む玉ねぎを使うときにはざるに入れて上から押して、水分を絞るなどするといいでしょう。

炒めた玉ねぎを使うときには、しっかり粗熱を取りましょう。熱いままひき肉に加えてしまうと、ひき肉の油が溶けてゆるくなってしまいます。

生で使うのも、炒めるのもというときには電子レンジでほどよく火を通すといいでしょう。このときも水気が出たらキッチンペーパーなどでしっかりと取ることが大切です。

ハンバーグのタネがゆるいのは材料の水分のせいかも

ハンバーグを作るときには、パン粉と牛乳を使いますよね。このとき、牛乳の量が多いとゆるいハンバーグのタネとなってしまいます。きちんと量って入れましょう。

玉ねぎの水分具合や卵の大きさなどでも、水分量は変わってきます。卵は、黄身だけ使うなどのアレンジもおすすめです。レシピの牛乳の量よりも少なめにして調整していくといいでしょう。

とくに、豆腐ハンバーグはゆるいタネになりやすいので豆腐の水切りをしっかり行う、お肉と豆腐の割合を変えてみる、野菜を入れすぎないなどの工夫をするのもいいですね。

ハンバーグに牛乳を入れるのは、お肉の臭みをとったり柔らかくするのが目的なので豆腐ハンバーグには必要ないかもしれません。また、お肉の臭みを取る方法としてナツメグやコショウを効かすなどの方法もあります。

そもそも、お肉の臭みが気にならないようであれば牛乳は少量でもいいと言えるでしょう。牛乳の代わりに、マヨネーズや味噌、長芋のような粘り気のあるものを使うのもいいですね。味にそこまで影響はないので、牛乳がないときには冷蔵庫にあるマヨネーズで代用するのもいいでしょう。

ハンバーグのゆるいタネの復活方法

ゆるくなってしまったハンバーグのタネはどのような対処方法があるのでしょうか。そんなときには、パン粉の量を増やしましょう。

パン粉を使いきってしまったときには、一度冷蔵庫で冷やすと少しタネが固くなりますよ。また、食パンで生パン粉をつくるのもいいでしょう。

お麩があれば、パン粉代わりになりますよ。パン粉よりもお麩のほうが水気を吸ってくれるので、細かく砕いてからハンバーグのタネに入れましょう。

他には、おからがおすすめです。

大量に入れてしまうと、ハンバーグから遠いものになってしまいますがゆるいのを固くするくらいの量であれば気にならないでしょう。

一番いいのはひき肉を足すことです。後から足すときにも、まずはひき肉を捏ねてからたすようにしましょう。ひき肉やパン粉、お麩やおからを足したぶん少し塩・コショウも足してください。

ハンバーグのタネがゆるくて焼いているときに、水気が出てしまったときはその残った水分を利用してハンバーグソースを作ると旨味を逃さずに使うことができますよ。

ジューシーなハンバーグを作る裏ワザ

ゆるいタネではなく、ジューシーなハンバーグを作るにはどんなポイントがあるのでしょうか?

大切なのは、冷やしたひき肉に塩を混ぜてから捏ねることです。冷やしたひき肉に塩を足すことによって、脂身の中の脂肪分が乳化します。乳化させることによって、脂と肉汁を逃がさない旨味がつまったハンバーグとなるのです。

ジューシーなハンバーグを作るためのコツ

  • ひき肉はできるだけ冷やしておきましょう。
  • 塩を入れてからひき肉は捏ねる
  • 赤身と脂身が混ざるように捏ねる
  • ジューシーに仕上げるためにはフチをきれいに整形しましょう。こうすることでひび割れを防げます。
  • ハンバーグの真ん中を少し窪ませます
  • まずは蓋をせずに中火で3分焼き、ひっくり返してから蓋をして弱火でじっくりと3分焼きましょう。真ん中を押し、透明の肉汁が出ればOK。肉汁が赤ければ、大さじ1杯ぐ らいの水を入れ蓋をしてもう少し焼きましょう。
  • 最後に強火で水分を飛ばす

ハンバーグはあまり厚めにしないほうが火が通りやすいです。

美味しいハンバーグの焼き方!おすすめはスチームオーブン

ハンバーグで失敗しやすいのが、焼き加減です。外は焦げ目がついているのに、中はまだ生・・・。こんな失敗をしないためにはオーブンを使うといいでしょう。

フライパンで焼き目をつけたあとは、オーブンに入れるだけ。

スチームオーブンであれば、なおいいですね。ハンバーグのタネがゆるくても崩れてしまう心配がありません。スチームオーブンなら加熱しながらスチームを加えてくれるので、パサパサにならずに中まで火を通すことができます。

厚みのあるハンバーグを作りたい、コンロは別の料理に使いたいというときにも役に立ちます。

もちろん、オーブンでもじゅうぶん美味しく焼くことができますよ。大きさによって違いはありますが、だいたい10〜15分ほど焼くことができます。オーブンで焼くときの温度は約180℃となります。

フライパンよりも、焦げない、火が通りやすいというメリットがありますが焼きすぎてしまったり、焼きムラを防止するためにも温度や加熱時間には気をつけましょう。