カレーのお肉を入れるタイミングを変えるとより美味しくなります

みんなが大好きなカレーですが、せっかくのお肉が固くなってしまうこともありますよね。

市販のルウの箱に書かれている作り方には「お肉を最初に炒める」と書いてありますが、炒めるタイミングによってお肉の固さは変わるのでしょうか?

カレーのお肉は最後に入れるとやわらかくなる?より美味しいカレーを作るためのお肉を入れるタイミングと秘訣について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

100均の子供のおもちゃが人気。男女別のおすすめと豊富な種類

子供に新しいおもちゃを持たせると最初のうちは喜んで遊びますが、あっという間に飽きてしまうこともありま...

フレンチとイタリアンはどっち好まれるか、こんなに違いがあった

フレンチとイタリアンならあなたはどっちが好きですか?それぞれ好みはあるでしょう!フレンチ...

毎月赤字で貯金なし。この状況をなんとか打破するその方法とは

毎月赤字で貯金なし。そんな心細い生活を送っているなら読んで欲しい。まずは、給料・その...

ガラスのシール剥がしの裏技!家庭にあるもので簡単に剥がす方法

お子さんにシールを貼られてしまった時、簡単にできるシール剥がしの裏技があればいいのにと思うこともあり...

アボカドが苦手でも美味しく食べたい!絶品アボカドの食べ方

アボカドは森のバターとも呼ばれ、栄養が豊富で女子にも嬉しい効果がたくさんありますが、苦手という方も実...

魚のヒレの役割。ついている場所や目的によって役立つヒレ

魚のヒレの役割についてご説明いたします。魚が持つヒレの種類や役割、機能しているから存在するの...

トマトの肥料【カルシウム】の与え方と尻腐れ病対策

トマトは家庭菜園でも人気の野菜ですよね。畑で育てたり、プランターで育てることもできて、家庭菜園初...

緑茶に砂糖やミルクを入れて美味しいドリンクに!緑茶アレンジ

私達日本人は、緑茶は急須で入れてそのままの緑茶の味を楽しみます。緑茶に砂糖やミルクを入れて飲...

魚のフライは冷凍保存できる?揚げ物を上手に冷凍する手順と方法

魚のフライをたくさん作りすぎてしまった!フライの下処理が面倒だから作り置きして冷凍保存したい!こんな...

朝音楽を聴くことで得られる効果と目覚めを良くするための秘訣

毎日の仕事で疲れていると、次の日の朝の目覚めも良くないと感じる人も多いでしょう。そんな人におすす...

男の本能を理解しよう!子孫繁栄本能と本能をくすぐる女性の特徴

「男は浮気をする生き物だ」という話を聞いたことがある女性もいるのではないでしょうか。実際、自分がお付...

鉄のフライパンがくっつく!くっつかない使い方をマスターしよう!

鉄のフライパン。鉄製の調理器具でお料理をすると、鉄分も摂れるんですって!常に鉄分を気にする女子と...

ダブルスのテニスのコツ!勝つために大切な戦略のポイント

ダブルスのテニスにコツとは基本的なスキルももちろんですが、勝つためにはパートナーと協力し合うことが大...

ミニチュアピンシャーの寿命は世界最高ではないが比較的長い

平均寿命が世界最高の犬種はミニチュアピンシャーではありませんが、ミニチュアピンシャーは比較的寿命が長...

小麦粉と砂糖と卵だけで出来るお菓子があります!作り方やコツ

小麦粉と砂糖と卵だけで、何か美味しいものは作れないかしら?とお考えのあなた!たった3つの材料でこ...

スポンサーリンク

お肉を入れるタイミングによってカレーの仕上がりは変わる?

パッケージの通りに作らないという方にその作り方を聞いてみました。

カレールーのパッケージの作り方をみると、はじめに玉ねぎ・肉を炒めると書いてありますね。

ですが肉を入れるタイミングは、カレールーを入れる2分から3分くらい前に入れています。入れる肉は薄切りの肉を使っています。

肉を入れるタイミングで肉の違いや味の違いはあるのか

薄切りの肉をよく使うので、このほうが肉は柔らかいまま食べることができます。
そこで調べてみました。
やはり薄切りの肉の場合は、この方法が柔らかい肉が味わえるようです。

ブロックを使用する場合は、肉を軽く焼いくことで肉汁を閉じ込めることができ、柔らかい肉になるそうです。
ですが、ブロック肉を炒めないと肉が硬くなったり、煮る時にアクが大量に出ることになるそうです。

薄切り肉が好きか、ブロック肉が好きかで入れるというか焼くタイミングは違うようです。
タイミングが違ったからといって、味に大きな差はないようです。
神の舌を持っているなら別ですが。

カレーのお肉が固くなってしまう理由は入れるタイミングにある?

今日のカレーの肉硬くない?といわれてショックを受けたことはないでしょうか。

カレーの中の具で、一番好きなのは「肉」と言う男性や子供も多いのです。

なぜ肉が硬くなってしまうのでしょうか。

肉のタンパク質は熱が加わることで硬くなっていきます。
硬くなると同時に、肉の旨味成分も流れだしていきます。ですが更に煮込んでいくと柔らかくなっていきます。

煮込む時間がない時でも柔らかい肉になる方法を紹介します

肉と肉を入れるタイミングにポイントがあります。
いつものようにカレーを作ります。

最初に野菜たちを煮込んでいきます。ここで肉は入れません。
野菜に火が通ったら、コマ肉を入れます。
後はいつも通りに作るだけです。

ここがポイントなのです。肉はコマ切りを使い、最後にいれること。

コマ肉なら火の通りも早いですね。最後に入れることで火にかけられている時間も短いので硬くならずにすみますね。

お肉を入れるタイミングは最後にして、実際にカレーを作ってみよう

お肉が柔らかいというカレーのレシピ【4人分】

【材料】

  • カレールー・・・4人前
  • 豚ロース肉・・・150g
  • じゃがいも・・・1個
  • にんじん・・・1本
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 南瓜・・・1/8個
  • ニンニク・・・1かけら
  • 冷凍枝豆・・・20粒くらい

【作り方】

  1. 肉は3センチの角切りのします。かぼちゃ・じゃがいもは2センチの角切りのします。にんじん・玉ねぎ・ニンニクは薄切りです。
  2. フライパンに枝豆以外の野菜を入れて炒めます。
  3. 野菜に火が通ったら水4カップ入れて煮込みます。
  4. 沸騰してきたらアクをとり弱火にします。
  5. 肉を入れて色が変わってきたら火を止めてルーを入れてフタをします。
  6. 10分たったら弱火にしてかき混ぜ、枝豆をいれて完成です。

より美味しいカレーを作るための秘訣を教えます

より美味しいカレーを求めて、裏ワザを紹介します

ポイント1・・・福神漬けの汁を加える
カレーに欠かせないものといえば福神漬けですね。福神漬けの汁を少ーしだけカレーにいれます。
入れるタイミングはカレーが仕上がったあとでいいです。
たったこれだけで、いつもとは違ったカレーになるから驚きです。

ポイント2・・・赤ワインを入れる
赤ワインを入れて煮込みます。コンビニなどの安物のワインで十分美味しくなります。

ポイント3・・・かつおだしを入れる
ダシのきいた和風なカレーになりますよ。

ポイント4・・・キムチを入れる
福神漬けの代わりにキムチいかがでしょう。ピリッとした辛さが意外に美味しいです。

入れるものや工夫しだいで様々な味に変化しますよ。

カレーに一番合うお肉は何?

カレーに入れる肉はなんですか?
牛肉、豚肉、鶏肉が代表的なところでしょうか。
中でも一番多いのは豚肉だそうです。

豚肉はお値段が安いこともありますが、他にもメリットがあります。
ある程度の脂肪分がついているので柔らかく日本のカレーにマッチするそうです。
豚肉カレーが定番という家庭も多いですね。

鶏肉のカレーも人気がありますよね。ヘルシーですし、あっさりとした仕上がりのカレーになりますね。チキンカレーは女性にも人気です。
また鶏肉は価格的にもお財布に優しいのが嬉しいポイントです。
チキンはバターとの相性も抜群です。

では牛肉があうカレーはなんでしょう。牛肉は欧風カレーがあいます。
欧風カレーの作り方は、小麦粉を使いシチューに似ているといいます。
インドでは宗教上の問題から牛肉は食べないので、牛肉のインドカレーはあまり見かけませんね。