カレーの隠し味に入れるヨーグルトの使い方とおすすめ隠し味

カレーを作る時には、各家庭で隠し味として加える調味料や食材があると思います。
ルーだけの味よりも、隠し味を入れることによって、「うちのカレー」の味になりますよね。

隠し味におすすめのものはいくつかありますが、ヨーグルトを加えるとさっぱりとしながらも、まろやかな味わいになります。
しかも、ヨーグルトを入れるタイミングもいろいろと楽しめて、違った味わいが楽しめます。

また、ヨーグルト以外にもおすすめの隠し味をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

修学旅行のお小遣いについて中学校の相場や使い道とは

修学旅行のお小遣いは、中学校の場合だと相場でどのくらいなのでしょうか?では、中学生の修学旅行...

水筒のお茶が変色してしまう原因と変色しにくくさせる作り方

最近は水筒に自分の好きな飲み物を入れて持ち歩く人も増えてきました。お茶を入れて持ち歩く方も多いと思い...

ブリーチを失敗して染め直しをするときのコツやポイント

ブリーチで失敗した後、染め直しができるのはどのくらい経ってからなのでしょうか?色ムラや明るす...

ハムスターのヒーターは水槽のものでもいい?ヒーターの取り扱い

ハムスターが過ごしやすい温度は20〜26℃となります。寒くなってきたとき役立つのはヒーターですが、水...

たこ焼きを家庭でもっとお店の味に!美味しい作り方のポイント

家でたこ焼きを作る時には、市販のたこ焼き粉を買って、裏の調理方法の作り方通りに作りますよね。しか...

肌のキメを取り戻すには?美肌ケアはできることから始めよう

肌のキメが年々減ってきている、取り戻すにはやはりお金や時間をかけなければいけないの?肌の衰え...

アイシングクッキーの基本の作り方【100均アイテム活用】

カラフルでぷっくりとしたアイシングクッキーはとてもかわいいですよね。作ったことがない人も、一度は...

セキセイインコの飼い方!つがいで飼う場合のお世話の方法

セキセイインコは鳥の中でもペットとして一番人気があり、人間にもなつきやすくおしゃべりが上手なところも...

トンネルが怖い理由と対処法!運転するときのポイント

トンネルが怖いという人は多いのではないでしょうか。では、どうしてトンネルを怖いと感じるのでし...

花束のラッピングのおしゃれな素材や包み方を紹介します

花束を送る時には、花はもちろんラッピングにもこだわりたいですね。ラッピング一つで同じ花束が一層お...

ポリエステル100%の服はどの季節に着るもの?おすすめは夏

ポリエステルの100%素材は季節によって着心地がよくない?ポリエステル素材は、スポーツウェアによく使...

クラブのダンスがよくわからない女性必見!ダンスのポイント

「クラブに誘われたけどどんなダンスをすればいいの?」と悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。踊...

体重が減らない時の「見た目痩せた」を狙う服装選びやポイント

体重が減らないけど見た目痩せたと周りから思われたいというあなた。見た目痩せを狙うなら、服装の選び方を...

ほうじ茶の茶葉は再利用しよう!ニオイ消しや料理や驚きの使い方

ホットでもアイスでも飲みたくなるほうじ茶ですが、お茶を入れた後の茶葉はどうしていますか?捨て...

タコとイカにはこんなに違いとは?吸盤やスミなどその生態に迫る

タコとイカは外見を見たり実際に食べたりすればその違いはわかりますが、生態についてはよくわからないです...

スポンサーリンク

カレーに入れる隠し味のヨーグルトの入れ方は?

カレーに入れる隠し味のヨーグルトの入れ方は、どのような量とタイミングにしたら良いのでしょうか?

カレーを作る時に、市販のルーそのままでも美味しいですが、何かをプラスして、さらに味わい深いものにしてみましょう。
その中でもおすすめは、ヨーグルトです。
カレーにヨーグルトを入れることは、カレーの本場のインドでもおなじみの調理方法なんです。
味がまろやかになりますから、お子様がいる家庭にも安心のアレンジです。

そのヨーグルトを入れる量ですが、1人あたり、スプーン1杯を基本に入れましょう。
次に入れるタイミングですが、最後の仕上げがおすすめです。
ですので、お鍋に作ったカレーの量が4人分でしたら、ヨーグルトの量をスプーン4杯にして、最後に入れると美味しいカレーが出来上がります。
また、少し固いタイプのヨーグルトですと、カレーの中に白いブツブツとして残ってしまいますので、入れる分のヨーグルトを一旦、小鉢などの中に入れて、スプーンで混ぜて滑らかにしてから入れると、混ざりやすくなります。

カレーに入れるヨーグルトは隠し味としてもトッピングとしても

カレーに入れるヨーグルトは、隠し味としてもトッピングとしても役立ちます。
その他にも、お肉の下準備に使う事もおすすめです。

切ったお肉をポリ袋や、ボウルの中に、ヨーグルトと一緒に入れて漬け込めば、お肉が柔らかくなります。
時間は、長く漬けても良いですが、時間がないという人は、30分ほどでもOKです。
お肉についたヨーグルトを軽くキッチンペーパーなどで拭き取ってから使いましょう。

また、カレーが出来上がってお皿に盛りつけた時に、カレーの上にさらにヨーグルトをかけても、おしゃれなトッピングになります。
かけすぎると、ヨーグルトの味が勝ってしまいますので、注意が必要ですが、適量なら福神漬けのような、さっぱりとしたアクセントになります。

この時使うヨーグルトはそのままでも良いですが、水切りをしたヨーグルトの方が、カレーも水っぽくならなくて済みます。

ヨーグルト以外でもカレーの隠し味におすすめの調味料

ヨーグルト以外でもカレーの隠し味におすすめの調味料は、いくつかあります。

家でカレーを作る時には色々な隠し味を試してみよう

  • チョコレート
    これをお鍋に2~3カケラほど入れると、甘みとコクがプラスされますので、カレー愛好家のなかでは定番の隠し味の一つです。
    入れる種類は、なんでもOKですが、ビターやブラックチョコがおすすめです。
  • インスタントコーヒー
    これもカレーにコクが出る隠し味のひとつですが、チョコレートと比べて甘みがありませんので、大人な味に仕上げたい人におすすめの隠し味です。
    入れすぎると苦くなってしまいますので、最初はスプーン1杯を入れて、味見をしながら加減していきましょう。
  • 味噌
    これは、かなり驚きの隠し味ですが、コクと深みが出るため、意外と好評な隠し味です。
    入れすぎると、味噌の味が前面に出された不思議なカレーになってしまいますので、これもスプーン1杯程度から、試してみましょう。

隠し味におすすめの食材は他にも

隠し味におすすめの食材は他にもあります。

  • 砂糖
    カレーの隠し味と言えば、はちみつを思い浮かべる方も多いと思いますが、砂糖もおすすめです。
    味に甘みとコクが出るだけではなく、とろみも付きますので、出来立てのカレーがシャバシャバしてしまうと言う人は、砂糖を足してみることをおすすめします。
    お鍋に大さじ2~4杯くらいが目安です
  • 生姜
    スパイシーさをプラスしたい人は、すりおろした生姜がおすすめです。
    食べると、体も温まるので、冷え性の人にも嬉しい隠し味です。
    生の生姜がおすすめですが、すりおろすのが面倒だという人は、チューブタイプでもOKです。
  • めんつゆ
    お蕎麦屋さんのカレーが美味しい訳は、実は、めんつゆが入っていることにあります。
    カレーの仕上げにめんつゆを入れると、和風のだしの旨味もプラスされたカレーが出来上がります。

ヨーグルトをたっぷり使った本格的カレー

ヨーグルトをたっぷり使った本格的カレーをご紹介します。

ヨーグルトたっぷりのバターチキンカレーの作り方

ヨーグルトをたっぷりのバターチキンカレーの材料(4人分)

  • 鶏むね肉 2枚
  • カレー粉 大さじ2杯(漬け込む用)
  • プレーンヨーグルト 150g(漬け込む用)
  • バター 50g
  • にんにく 1かけら
  • しょうが 1かけら(にんにくと同じか少し多いくらい)
  • カレー粉 大さじ4杯
  • トマト缶 1缶(カットタイプ)
  • 塩 適量
  • 砂糖 大さじ2杯

ヨーグルトをたっぷりのバターチキンカレーの作り方

  1. 一口サイズに切ったむね肉をポリ袋かボウルに入れたら、漬け込む用のカレー粉とヨーグルトとよく混ぜ合わせて、2時間ほど漬け込みます。
  2. にんにくとしょうがを細かくみじん切りにするか、すりおろします。※チューブに入ったものでも代用OKです。
  3. 熱したフライパンにバターを溶かし、にんにくとしょうがを入れ、焦がさないように軽く炒め、香りを出します。
  4. そのフライパンにトマト缶のトマトを入れ、フタを閉めたら、弱火で5分ほど煮詰め、余分な酸味を飛ばします。
  5. 5分経ったら、カレー粉を入れて混ぜ合わせます。
  6. フライパンに漬けておいたむね肉をそのままヨーグルトごと投入して、鍋の中身とよく混ぜます。
  7. 一旦中火にして温度を上げて、軽くフツフツしてきたら、また弱火にしてさらに5分煮込みます。
  8. 煮込んだカレーに塩と砂糖を加えて、軽くひと煮立ちしたら完成です。

味見をして、物足りなさを感じたら、塩やカレー粉を足してみてください。

野菜は入れなくても充分美味しいですが、野菜が欲しい時は、たまねぎやしめじなどをシンプルに足すくらにしておけば、面倒くさくなくてラクチンです。