【簡単お菓子作り】材料少ない手軽で美味しいスイーツ

お菓子作りを始めるには、まず材料があるか確認しますよね。しかし、急に何か作りたいと思っても、材料が足りないからと諦めてしまうこともあると思います。

そんな時には、少ない材料でも作れるお菓子がおすすめです。

材料少ないと味も物足りないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、その美味しさはぜひ食べて確かめて下さい。

少ない材料で作れる簡単スイーツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゆで卵の賞味期限は1週間もない?卵についてもっと理解しよう

卵をたくさん買って賞味期限中に全部食べきれない場合、ゆで卵にして冷蔵保存する人も多いといいます。...

メダカの赤ちゃんの飼い方!育ちやすい環境と与える餌について

これからメダカの赤ちゃんを飼育しようと思っている人もいますよね。メダカの赤ちゃんを飼育するときは、ど...

ダブルスのテニスのコツ!勝つために大切な戦略のポイント

ダブルスのテニスにコツとは基本的なスキルももちろんですが、勝つためにはパートナーと協力し合うことが大...

ミニトマトの剪定に適した時期と葉のかき方!トマトの育て方

ミニトマトは家庭菜園初心者でも作りやすい野菜です。それほど大きくない畑でも作れますし、プランター...

中学生が勉強しない時『放っておく』という距離のとり方は間違え

中学生の子供。ダラダラと勉強しない。親として『勉強しなさい!』と強く言っても効き目がない。...

夫が無関心で辛い時に、妻であるあなたが今すべきこと

新婚当時はただ無口な夫ぐらいの認識だったのが、長く結婚生活を続けるうちに単なる無関心だと気付く。...

小学校の担任に不信感!理由と対処法は?学校に行くのは子供です

子供の小学校の担任の先生に対して、不信感を抱いてしまうという親御さんもいることでしょう。子供に対して...

腹筋のやり方は呼吸が大切!正しい呼吸法をマスターしましょう

お腹周りが気になってきたことが原因で「腹筋を始めよう」と思う人も多いでしょう。しかし、正しい...

ハムスターのオスとメスの性格の違いと特徴・見分け方を解説

これからハムスターを飼おうと思っている人の中には、オスのハムスターとメスのハムスターのどちらを飼おう...

カナヘビのエサとなるミルワームは、おやつ感覚であげよう

カナヘビのエサとして定番なのはコオロギですが、鳥用のエサとして販売しているミルワームもおすすめです。...

肉のミンチをミキサーで作る事は出来る!コツがあります!

ミキサーがあるけれど、最近あまり使っていない・・・。何かに活用出来ないかしら?と思っていませんか?...

朝の支度が遅い子供が自分から動けるようになる方法

小さなお子様がいるご家庭の朝は、毎朝ドタバタというお宅が多いと思います。朝起きても、ボーッとして準備...

車とのすれ違いのコツと注意点を掴んで安全運転しよう

初心者や運転が慣れないペーパードライバーの場合、狭い道で対向車とすれ違いをするときって、ぶつからない...

バレエの子供メイクのコツ!舞台にも汗にも強く可愛らしく

バレエのときの子供用メイクは、舞台でも顔立ちがハッキリと見えるようにメイクするのがポイントです。また...

大学の入学手続きの写真はどんなものがオススメ?撮り方を紹介

大学の入学手続きの写真を、適当なものにしてしまうとのちのち困ることに?学生証や免許証など自分の顔が載...

スポンサーリンク

お菓子作り初心者でもできる材料少ない簡単スコーン

スコーンを作りたいと思っても、お菓子作りの初心者だと難しそうだと敬遠してしまいますよね。

今回はそんな人のために、ホットケーキミックスとココナッツオイルだけで作れるスコーンの作り方をご紹介します。

【材料】

  • ホットケーキミックス 100g
  • ココナッツオイル 20g
  • 水 15cc(大さじ1)

【作り方】

  1. 耐熱容器にココナッツオイル(20g)を入れて、電子レンジ(600W)で温めます。透明になるように溶かして下さい。
  2. ホットケーキミックスをボウルに入れて、そこに温めたココナッツオイルを入れてヘラで混ぜて下さい。
  3. 混ざってきたら、水(15cc)を入れさらに混ぜてまとめます。お好みでレーズンやチョコ入れてもOKですが、必ず生地がまとまってから入れて下さい。
  4. 生地がまとまったらラップに包みます。手の腹の部分を使って大きさ約約12cm、厚さ約1.5cmになるように形を整えて下さい。それをナイフなとを使って6等分又は8等分にして下さい。
  5. オーブンを170度で予熱します。
  6. 予熱が終わったら、15~20分焼きます。焼き終わったら冷まします。

トースターを使って焼くこともできますが、その場合は予熱時間は3分、焼き色がついてからホイルに乗せて10分焼くようにして下さい。

材料少ない簡単お菓子作り!レンジで作るマグカッププリン

プリンは市販の素も販売されていますが、卵と砂糖と牛乳があれば簡単に作ることができます。

【材料】(1人分)

  • 卵 1個
  • 砂糖 大さじ2
  • 牛乳 125cc
  • あればバニラエッセンス 数滴

○カラメルソース用材料

  • 砂糖 大さじ1
  • 水 大さじ1/2
  • 熱湯 大さじ1/2

【作り方】

  1. マグカップを用意し、水と砂糖を入れて軽く混ぜます。そして電子レンジ(600W)に入れてラップなしで1分間温め、一度取り出して混ぜます。その後再度電子レンジ(600W)で1分間温めて下さい。
  2. 焦げ目がついたら、熱湯を加えて混ぜて下さい。熱湯を加えた時に飛び跳ねることがあるので、注意しましょう。
  3. これがカラメルソースになります。固めるために冷蔵庫の入れて下さい。
  4. 今度はプリンを作ります。ボウルに卵と砂糖を入れて、泡立て器で砂糖がすべて溶けるまで混ぜて下さい。
  5. ④に牛乳を入れて混ぜます(バニラエッセンスがある場合は、一緒に加えて下さい)。
    冷蔵庫の中からマグカップを取り出します。そこにこし器でこしながら⑤を入れて下さい(こし器でこした方が、舌触りがなめらかになります)。
  6. ⑥を電子レンジ(600W)で約2分30秒加熱して下さい。この時プリンの様子を見ていましょう。加熱の途中でプリンの表面が盛り上がってグツグツしてきたらストップして下さい。
  7. マグカップの上にアルミホイルをかぶせます。さらにふきんなどで包んで約10分おいて下さい。時間がたったら出来上がりです。

お菓子作りの定番チョコを使った材料少ない簡単スイーツ

チョコを使ったお菓子が食べたくなったら、チョコレートムースを作ってみませんか?
とても簡単なので、出来上がりが待ち遠しくなりますよ。

【材料】(1人分)

  • マシュマロ 100g
  • ビターチョコレート(板チョコ) 100g
  • 牛乳 240ml
  • あればホイップクリーム

【作り方】

  1. ビターチョコレート(板チョコ)は細かく刻んでおきます。鍋にマシュマロと牛乳を入れて、中火にして泡立て器で混ぜながら溶かしていきます。
  2. マシュマロが溶けてきたら弱火にします。細かくしたビターチョコレートも加え、同じように泡立て器で混ぜながら溶かして下さい。
  3. 全部溶けたら、そのまま耐熱容器に流し入れます。常温に冷ましてから冷蔵庫に入れます(約4~5時間冷やして固めて下さい)。
  4. ホイップクリームがあれば飾り付けてから食べましょう。

アレンジもできる簡単さくさくクッキー

さくさくクッキーを簡単に作ってみませんか?

【材料】(天板2枚分は作れます)

  • 薄力粉 200g
  • 砂糖 80g
  • 卵 1個
  • バター 50g

【作り方】

  1. レンジにバター(50g)を入れて溶かします。そこに砂糖を入れてよく混ぜて下さい。
  2. 卵を割って①に加えます。しっかりと混ぜて下さい。
  3. 薄力粉(200g)をふるって②に加えます。ゴムベラを使ってさっくりと混ぜるようにして下さい。その後手でしっかりとこねます。
  4. ここで生地を伸ばして型抜きしてもよいのですが、時間があったら冷蔵庫で少し固めてから好きな形にしてもOKです。
  5. オーブンは170度に予熱しておきます。天板に成形したクッキーを並べて約20分焼けば完成です。

また、ココアや抹茶などを入れてアレンジする場合は、薄力粉と一緒に入れて下さい。量の目安は約8gです。

食べきれなかったヨーグルトで簡単ヨーグルトケーキ

プレーンヨーグルトが食べきれなくて余ってしまったら、ホットケーキミックスを使ってヨーグルトケーキを作ってみましょう。

【材料】(4人分)

  • ホットケーキミックス 150g
  • 卵 1個
  • プレーンヨーグルト 150g(加糖タイプでも作れます)
  • 砂糖 大さじ1(甘さを抑えたい場合は少なめして下さい)
  • あればレモン汁 小さじ1/2
  • お好みでジャム、はちみつなど

【作り方】

  1. オーブンは180度に予熱しておきます。
  2. ボウルに卵をいれて、よく溶きほぐして下さい。そこにホットケーキミックスとプレーンヨーグルトを入れてムラができないように混ぜ合わせます。レモン汁があれば、一緒に入れて下さい。なめらかになるまで混ぜたら、ふたなしのシリコンケースに流し入れて下さい。
  3. 予熱したオーブンで約20分(180度)焼きます。焼いている途中で表面が焦げてきたら160度に下げて下さい。そのまま約10分焼きます。
  4. 中央に竹串を刺してみて、生の生地がつかなかったら出来上がりです。もし生の生地がつくようだったら、さらに約5分焼いて下さい。