イカの鮮度の見分け方!鮮度の良い新鮮なイカは色でチェック!

せっかく購入するのであれば、鮮度の良い新鮮なイカを購入したいと思いますよね!新鮮なイカは、刺身で食べても煮付けや炒めもので食べてもとっても美味しいです。では鮮度の良いイカを見分ける方法は一体どんなものなのでしょうか?

鮮度の良いイカを見分ける時はイカの色をチェックすると良いのだとか。新鮮なイカを見分けるポイントを抑えておきましょう。
そこで今回は、イカの鮮度の見分け方についての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小姑と同居することに!【必見】出戻りの小姑と同居する時のコツ

夫の実家で義両親と同居生活をしているところに小姑が出戻りをして同居することになったら、ただでさえ大変...

野菜の水やりのタイミングはいつ?基本のやり方と季節ごとの時間

家庭菜園をはじめたばかりの人は、野菜の水やりはいつ行うのがベストなタイミングなのかイマイチよくわから...

シチューのカロリーが高いのはなぜ?高くする意外な原因とは

クリームシチューはカロリーが高いというイメージありませんか?作った翌日に鍋を見ると脂がたくさん浮...

【卵のおかず】お弁当におすすめシリコンカップで簡単おかず

毎日のお弁当作りにシリコンカップを使っている方も多いと思います。カラフルなシリコンカップはお弁当をか...

唐揚げはレンジでチンしてから揚げる!ジューシー唐揚げのコツ

お店で食べるようなジューシーな唐揚げを家庭でも食べたいと思いますよね?唐揚げを油で揚げる前に...

バナナで作るおやつ!簡単・ヘルシーなバナナを使ったおやつ

自宅にあるバナナが気がついたら完熟して黒くなっていた・ヘルシーなおやつを作りたいという人は、バナナを...

彼氏をキープしつつ結婚相手を探すという考え方。リアル婚活事情

今の彼氏と将来が見えないとか、自分と結婚する気がさなそうな彼氏とは、付き合っていても不安が付き物です...

コバエ対策にはアロマが効く!アロマが効果的な理由と効くアロマ

コバエ対策にアロマが有効という話を聞いたことがある人もいますよね!家の中に発生してしまうと嫌...

防音部屋の作り方を簡単に自作出来るものから本格派までご紹介

「市販されている防音部屋は高価だし、自分でも簡単にできる作り方があれば…」と思っていませんか?...

体重が減らない時の「見た目痩せた」を狙う服装選びやポイント

体重が減らないけど見た目痩せたと周りから思われたいというあなた。見た目痩せを狙うなら、服装の選び方を...

塩で清める。自分や部屋を?運勢を?その方法と注意点とは

塩は調味料。塩がなければ食材の美味しさは生かされません。それと一緒で、人間にも塩は欠かせない...

部活を辞めると内申に響く?内申書に書かれる内容と部活の関係

部活を辞めたいと思っているけど、辞めると内申に悪いことが書かれてしまうのではないかと心配している人も...

納豆のネバネバをスッキリ洗う方法!コレでネバネバが消えます

日本人の食卓に欠かせない食べ物の一つが「納豆」ですよね。納豆は独特のネバネバがありますが、この粘り気...

電話での迷惑な勧誘を撃退する方法!迷惑電話対応マニュアル

自宅でくつろいでいる時に、知らない番号からの電話。誰だろうと不審に思いながら電話に出ると、住宅メ...

鶏肉を使った弁当を簡単に作りたい。市販の物を使うと便利です

忙し朝にぴったりの鶏肉を使ったお弁当の簡単レシピを紹介します。鶏肉は色々な料理に使える便利な食材...

スポンサーリンク

イカの鮮度の見分け方!鮮度の良いイカってどんな状態?

イカは火の通りが早いので、手早く料理することができます。また、刺身やフライ、炒め物や酢の物など、料理の幅が広く色々な味を楽しめるのも魅力のひとつではないでしょうか。

スーパーや市場でイカを選ぶ時に気をつけたいのは、鮮度の良いイカを選ぶことです。日本ではほぼ1年を通して市場に出回っている食材なので、美味しいイカの見分け方は知っておいて損はありません。

イカの注目ポイント

まずはエンペラの透明度を見ましょう。透明感のあるイカは新鮮であることが多いです。エンペラとはいわゆるイカの耳の部分のことです。より透明感のあるイカを見分けて買うようにしましょう。

また、胴体と目にも注目してみてください。目はまだ生きているかのように黒々としたものが良いでしょう。鮮度の落ちたイカは内臓が萎んできますから。胴体のふっくらしたイカを見分けることも重要です。内蔵は捨てるという人も多いと思いますが、内蔵が傷むと内臓に触れている部分から傷んでしまうので無関係ではありません。

イカの鮮度の見分け方!色で見分ける

新鮮なイカは茶色い

イカは海から水揚げされて空気に触れると段階を追って色が変化していきます。海にいて生き生きしている状態のイカは透明です。それが水揚げと共に段々赤く、茶色く変化していきます。この状態のイカは鮮度が良いといえるでしょう。

更に時間が経過すると足の先のあたりから白っぽく濁ってきます。体の弾力も失われ、徐々に鮮度が落ちてきます。

最終的には全体が濁った白色に変化し、ところどころ黒っぽくなります。こうなると新鮮さは期待できません。スーパーや市場でこのようなイカを目にしても買わないほうが得策です。買う場合は、生ではなく火を通して食べるのが良いでしょう。

新鮮なイカを見分けたいなら、赤や茶色っぽいイカを見分けて買うのがおすすめです。

鮮度の良いイカの見分け方・近海で捕れた旬のイカは鮮度が良い!

ここで話は少し逸れますが、日本のスーパーなどで売られている、日本産のイカのほとんどが1年ほどの寿命しかありません。卵から生まれ、成長して産卵すると寿命が尽きてしまいます。

つまり、イカの旬を考えた時、イカが最も美味しいのは産卵前の成熟した状態のときということです。旬で新鮮なイカを楽しみたいなら、イカの旬の時期を覚えておくことが大切です。また、産地にも注目しましょう。日本近海で獲れたイカなら輸送時間が短い分、新鮮さがあるはずです。

日本近海で通年でコンスタントに獲れるのはスルメイカです。それでもスルメイカにも旬があります。日本近海で獲れるイカの種類ごとにそれぞれの旬の時期をまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

イカの種類別旬の時期

  • スルメイカ 7~10月頃
  • アオリイカ 3~6月頃 10~12月頃
  • ヤリイカ 2~6月頃
  • モンゴウイカ 8~1月頃

刺身を購入する時の鮮度の見分け方

イカの美味しい食べ方

刺身です。刺身で食べるなら、イカの鮮度の見分け方は絶対に知っておきたいところ。イカの刺身は鮮度がそのまま美味しさに直結します。

基本的にはイカの身体にツヤがあり、皮の色が赤や茶色のものが新鮮です。皮の薄いエンペラの部分で、身の透明感が高いことをチェックし、身のふくらみが十分あって内蔵が傷んでいないことが確認できればそれは間違いなく新鮮なイカと言って良いでしょう。

また、産地が日本近海であること、そのイカの旬の時期であることが分かれば完璧で文句なしの最高のイカです。もはやそんなイカは刺身にして食べる以外に選択肢はありません。

新鮮なイカを見分けることができたらいざ購入です。

購入後のイカの正しい保存

たった数時間でイカの状態が変わってしまうということも珍しくありません。

薄手のキッチンペーパーなどを敷いた容器にイカを入れて冷蔵庫で保存しましょう。時間と共にイカから流れ出るドリップがイカの身につくと臭みが出てしまいます。

次の章では最後にイカの正しい保存方法について詳しくご紹介したいと思います。

イカの冷蔵保存・冷凍保存について

新鮮なイカを見分けて買ってきたら。常温に放置せず必ず一旦は冷蔵庫に入れましょう。それからなるべく早く内臓を取り出すための下ごしらえの準備をします。イカは内臓から痛んでいくので、新鮮で美味しい状態を保つためになるべく早く内臓を取り出すことが大切です。

イカの正しい保存方法を、冷蔵、冷凍別に詳しくご紹介します。

イカの正しい冷蔵方法

  1. ドリップの染み込んだペーパーから早めに取り出します。
  2. イカを通常通り捌きます。
  3. 内臓も食べる人は、内臓や足など部位ごとに分けてラップでぴったり包みます。
  4. 手早く冷蔵庫に入れて完了です。

イカの正しい冷凍方法

  1. ドリップの染み込んだペーパーから早めに取り出します。
  2. イカを通常通り捌きます。
  3. 冷凍の場合は軟骨やくちばしも今のうちに取り除いてしまいましょう。
  4. 流水でよく洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  5. 内臓も食べる人は、内臓や足など部位ごとに分けてラップでぴったり包みます。
  6. 冷凍用のチャック付き保存袋に入れ冷凍庫に入れて完了です。