アメリカの医療費が高い理由!アメリカでの治療は要注意

アメリカの医療費は、他の諸外国に比べても高いことで有名です。
何も知らずにアメリカへ行き、日本と同じ感覚で受診をしてしまうと、高額な医療費を請求されることでしょう。

アメリカの医療費はなぜそこまで高いのでしょうか。その高い理由とは?

アメリカは医療費だけでなく、医師の給料までもが高額だそうです。
その理由についてもご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が喜ぶ100均アイテムを活用したケージの作り方をご紹介!

猫の飼育にはケージが欠かせませんが、市販は値段が高いですし、不要になった時の処分にも困ります。そ...

30万貯金箱に100円を入れた時の総金額と無理なく貯めるコツ

30万が貯まる貯金箱の多くは、本来500円玉を入れることを想定した金額です。確かに500円玉を入...

タコとイカにはこんなに違いとは?吸盤やスミなどその生態に迫る

タコとイカは外見を見たり実際に食べたりすればその違いはわかりますが、生態についてはよくわからないです...

蒸し器の代用品を紹介!蒸しパンをフワフワに!他の料理も出来る

昔はどこの家庭にもあった蒸し器ですが、お家にありますか?大きくて保管場所もとるので蒸し器がご...

シチューが玉ねぎなしでも美味しく出来るアイテムや代用品とは

シチューを作ろうと思ってたら、玉ねぎを買い忘れちゃった。玉ねぎなしでも美味しく作れるか心配、...

猫の捕獲器の使い方について設置のポイントや猫のための注意点

猫の捕獲器の使い方については注意したいポイントがあります。捕獲器は迷子になってしまった猫や保護を猫を...

旦那と相性が合わないと感じるポイントは?相性を見抜く方法

結婚をして一緒に住み始めてから、もしかして旦那と相性が合わないのかも…、と感じたことはありませんか?...

子猫と母猫を離すベストな時期は?子猫を引き取る時のタイミング

子猫を引き取る時、または飼っている子猫を里猫に出す時、母猫と離す時期でベストなのは子猫の月齢がどのく...

魚焼きグリルの掃除方法!内部のベタベタ汚れを綺麗にする掃除法

お魚を焼いた後の魚焼きグリルの内部には、ベタベタ汚れや頑固な焦げ付き汚れが残っていますよね。油断して...

風呂場の排水口のぬめりを綺麗に!掃除の方法とぬめり対策!

掃除をするのが面倒な場所の一つに、「お風呂場の排水口」がありますよね!ただでさえ水回りのお掃除は大変...

浴室の換気扇で洗濯物を上手に乾かすには?ポイントやコツを紹介

浴室の換気扇で洗濯物を乾かすにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?室内に湿気を出...

キラキラネームを後悔している。名前を改名する方法とは

キラキラネーム。今や、定番にもなりつつあるキラキラネーム。ちょっとやそっとのキラキラ具合...

胡蝶蘭の植え替え方法とは?失敗しない植え替え方法

胡蝶蘭の植え替えで失敗してしまうのは、どんなことが原因なのでしょうか?胡蝶蘭の植え替えをする...

小麦粉で作る簡単お菓子!バターなしでも美味しいレシピ

お菓子作りによく使う材料はいくつかありますが、小麦粉やバター、卵などは多くのレシピに使われますよね。...

旦那が子育てに非協力な場合はこうして協力してもらおう

旦那さんが子育てに非協力な場合は、どのようにしたら変わってくれるのでしょうか?協力的な旦那さ...

スポンサーリンク

アメリカの医療費が高い理由とは?

アメリカは日本と医療制度が全く違います。日本では、医療機関でかかる医療費について一定のルールがありますが、アメリカでは各病院・医療機関が独自に医療価格を設定できるようになっています。

そのため、同じ診療内容を受けたとしても病院によって請求額が全く違うことが珍しくありません。時には法外とも言える価格を提示されることもあるのです。

ある事例では、ごく簡易的な血液検査を受けた場合、平均的な価格は30,000~50,000円。日本に住む私達にとってはこれでも高く感じますが、悪徳病院にかかってしまうと10万円から100万円もの金額を請求されるといったこともあり、問題になっています。

アメリカでは「PPO保険」に加入する人も多いのですが、これは月額の保険料が安いものの、医師や病院が多の医療を受けさせようとするため、100万円を超える医療費になることもあります。時には1,000万円以上になることもあり、保険で一部負担とはいえ金額が大きいとしてアメリカ社会でも度々問題にされています。

アメリカは医療費だけじゃなく医師の給料までもが高い理由

アメリカの医師は日本に比べて医師の給料が高額です。この理由は、そもそも大学の医学部の学費が高額であるためで、多くの医学生は数千万円に登る学費を借金で賄っています。

その学費を返して行く必要があるために、医師の給料は高く設定されているのです。医師の中でも専門分野に進むと、より給与が高くなることから、そちらに進む学生も多いといいます。

贅沢品の物価が高いアメリカでは、医師が豪華なプール付きの邸宅に住み、何台もの自家用車を所有することが当たり前という感覚があります。

そんな生活を維持することができる給料が、医師にとっては当たり前ということも高い理由です。

こうしてみると、日本の医師たちの中には、アメリカの医師と比べてずいぶん安い給与で働いてくれている人もいるのですね。

アメリカの医療費が高い理由、それもどんどん高くなるのはなぜか

私達が日本国内で病院にかかるとしても、治療や検査の費用がわかりにくいと感じることがありますが、アメリカの場合はもっと複雑。

たとえば出産のために一泊入院したとしましょう。(アメリカでは出産時に何日も入院することは稀です。)

病院・産婦人科医・麻酔医、そして血液など各種検査をするラボなどの請求がバラバラ。しかも、そのどれもが高額です。

その仕組みも複雑なため、病院や保険会社に説明を求めても素人が理解するには複雑過ぎるといいます。

アメリカの医療費は、国が管理するのではなく市場原理に任されているため、その医療費は高くなる一方。

また、訴訟社会問われるアメリカでは医療機関に対して損害賠償などの訴訟も多く、その対応のための費用確保もあって保険料や医療費が上がってしまうのです。

アメリカは家も広く、仕事のキャリアも尊重され育児もしやすい…など、生活の上で良い面もたくさんあるように見えますが、医療費に関しては日本のほうが断然優れていると言えるのではないでしょうか。

アメリカの医療費は具体的にどのくらい高いの?病気になったら?

アメリカの医療費が高い理由を説明して来ましたが、具体的にはどれくらいか見ていきます。ただ、ここで紹介するものは一例であり、各病院・医療機関によっても大きく違うことを念頭に置いておいてください。

アメリカでの一般的な診察費について

  1. 診察…200ドル~
  2. 処方箋…100ドル~。薬局で更に50~100ドル
  3. 入院(1泊)…1,000ドル~
  4. 歯科治療…1,000ドル~

アメリカでの外科手術費用について

  1. 一般的な外科手術で1,000ドル~
  2. 盲腸…8,000ドル~+最低3日入院(3,000ドル~)

歯の治療をするだけで日本円で10万円以上が必要になる計算になります。

このような事情からアメリカ人は病気になった場合でも、すぐには病院に行かなかったり行くことができず、まずは個人で薬局に行き薬を買います。

このため、日本では認められていない効果の強い薬品の販売も許可されています。

その他、基本的には軽い症状を相談できるホームドクターに診察を受け、必要な場合は大きな病院を紹介してもらうことになります。

もし、アメリカで病気や怪我をした場合、日本での数倍から数十倍の医療費を自己負担することになるので注意してください。

アメリカの高い医療費、その高額な医療費の支払い方法は?

このようにアメリカの医療費は高額なため、基本的に後払いとなります。その場で現金などがなくても、請求書を出され後日支払うことになります。

しかし、未払いになることも少なくないため問題視されている実情があります。

高額な医療費は、たとえ後払いであっても経済的な負担が大きいものです。アメリカでは分割して支払うことも多く、すぐに一括での支払いを求められるわけではないので安心です。

それでも高額な医療費と、支払い困難な人がいることが問題になるため、病院によっては先にクレジットカードの提示を求められたという話も聞きます。

アメリカ社会は何かと合理的でシビア。医療の面にもそれは現れているようです。

日本で暮らしていても病気や怪我になりたくはないものですが、旅行やビジネスでアメリカを訪れる際は、特に病院にかかるような事態は避けたいものですね。