インコが野菜で食べていいものは?野菜を与える際の注意点

インコは野菜が大好き。栄養面を考えても野菜を与えるのはとても適していますが、野菜で食べていいもの、与えすぎると良くない野菜、絶対に与えてはいけない野菜があります。

それぞれどのような野菜なのでしょうか。野菜の与え方は?

インコによっては野菜嫌いの子もいます。
様子をみながら無理しない程度に与えていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玉ねぎを干す必要とその方法を紹介!こんないい効果があった!

玉ねぎは色んな料理の名バイプレイヤーとして大活躍です。また家庭菜園で育てている人もいますね。...

舞茸の天ぷらをサクサクに揚げるためのコツを徹底解説!

レストランなどで舞茸の天ぷらを食べると、サクサクしておいしいですよね。でも自分で実際に揚げて...

卵と砂糖だけで作れる簡単おいしいスイーツをご紹介します

ケーキなどのスイーツを作ろうを思っても、バターや小麦粉など材料を用意することも面倒だし、カロリーも気...

キャベツのみじん切りはフードプロセッサーで!コツを教えます

離乳食のために、と買ったフードプロセッサー。でもその後しまったままになっていませんか?フード...

メダカの赤ちゃんの飼い方!育ちやすい環境と与える餌について

これからメダカの赤ちゃんを飼育しようと思っている人もいますよね。メダカの赤ちゃんを飼育するときは、ど...

冷やし中華の具に豚肉はアリ。茹で豚、カリカリ豚、挽肉のレシピ

夏がやってくると食べたくなる冷やし中華。具のハムがない、冷蔵庫には豚肉が。そんな場合は豚肉を使っ...

犬は扇風機が好きでも涼しくない理由と暑さを快適にする対策とは

扇風機が好きで、扇風機の前から離れないという犬もいるかもしれませんが、それはどうやら涼しいからではな...

一輪車は子供の発育に効果的!選び方や一輪車の効果を解説

小学校低学年くらいになると、一輪車を欲しがるお子さんもいますよね。子供が一輪車に乗ることは、子供の発...

猫の捕獲器の使い方について設置のポイントや猫のための注意点

猫の捕獲器の使い方については注意したいポイントがあります。捕獲器は迷子になってしまった猫や保護を猫を...

重曹で臭い靴のニオイを退治するやり方は2つ!好きな方法で!

色んな場面で大活躍の重曹ですが、皆さん上手に使っていますか?靴の臭い消しにもオススメなんです...

カナヘビの卵の色とは?卵の育て方や注意点について

カナヘビの卵は何色なのでしょうか?また、どのような状態であれば元気な卵で、どのような状態だとよくない...

缶詰の賞味期限は1年過ぎても問題ない?ポイントは缶詰の状態

非常食用などで缶詰を買っても、使う機会がなく気が付くと賞味期限が1年過ぎていたってことありませんか?...

法事の香典袋で黄色の水引を使うのは関西地区!水引について解説

法事や葬儀の際は香典を用意しますが、地域によっては法事の香典袋で黄色の水引を使用する地域があります。...

バレエのリフトのコツを紹介!上達するために大切なポイント

バレエのリフトのコツははじめて男性ダンサーを踊る人には難しいかもしれません。しかし、男性ダンサーと踊...

卵と片栗粉で簡単おやつ、サクサククッキーやもっちりスイーツ

手作りのおやつは安心してお子様に食べさせられますよね。手作りのクッキーを作ることもあると思います...

スポンサーリンク

インコが野菜で食べていいもの、与えすぎると良くない野菜

インコにおすすめの野菜、食べられる野菜

家庭で飼育されるインコに食べさせる定番として、小松菜があります。

小松菜はビタミンAや鉄分、カルシウムなどが多く含まれることと、パリパリとした食感もインコが喜んで食べる野菜です。

耐寒性・耐暑性に優れているため家庭でも育てやすく、プランターを使って通年栽培が可能です。外で栽培すると害虫が付きやすいことがあるため、部屋の中で栽培するといいでしょう。

ほかに家庭で簡単に栽培できる野菜としては豆苗があります。インコが好んで食べますし栄養も豊富です。

葉物野菜では、この他にもチンゲンサイや水菜・パセリ・サラダ菜などもいいでしょう。
そのほか、普段家庭でよく食べられる野菜の中にもインコが好んで食べるものがあり、、カボチャ・ニンジン・ピーマン、大根の葉も与えても大丈夫です。

与えてはいけない、おすすめできない野菜

ほうれん草に含まれるシュウ酸はカルシウムの吸収を妨げます。少しくらい与えても影響はありませんが、あまり食べさせないほうがいい野菜と言えるでしょう。キャベツも同様ですが、月に1~2回程度に少し与える程度なら問題ありません。

レタスやきゅうりなどの水分が多い野菜は、食べ過ぎるとお腹を壊す可能性があります。頻繁に食べさせず、あげるときも量は控えめにしましょう。

ブロッコリーや芽キャベツのつぼみに含まれる成分には、甲状腺腫を引き起こしやすくする可能性があるため、おすすめしません。

食べなれない野菜を与えた場合は、その後お腹を壊していないかなど体調の変化に注意しておきましょう。

インコが野菜で食べていいものの中でも、特におすすめの野菜

インコに与える野菜としてベストとしておすすめなのが、豆苗、チンゲンサイ、ニンジンです。

【豆苗】

インコが喜んで食べる野菜ですし、経済的な価格も嬉しいところ。一度食べてもまた生えてくるという家計を預かる主婦としてもありがたい野菜です。

もちろん、人間にもいえることですが「食べ過ぎ」は禁物。豆苗を与えておけば大丈夫…ということではありません。

一説では豆類には女性ホルモンと関係するエストロゲンが含まれるため、インコにも与えすぎは良くないと言われています。

【チンゲンサイ】

中華素材として定番のチンゲンサイ。小鳥に与える青菜としては小松菜よりも安全性が高い一押し野菜なのです。

【ニンジン】

固いものをかじることも大好きなインコにとって、ニンジンの歯ごたえは楽しんで食べられます。与える場合は葉に近い部分は避けて与えましょう。

もし食べにくそうにしていたら、小さく切って与えてみましょう。普段与える青菜とは違う栄養を補給することができます。

食べてもいい野菜をインコにあげるコツは?

セキセイインコをヒナから育てる場合、野菜も与えていないと成長してからも野菜を食べ物だと認識できない可能性があると言われています。

そんなときはパウダー状のパセリや小松菜を通常のエサに混ぜて与える方法や、野菜をミキサーでジュース状にして水に混ぜたものを与える方法があります。

こうして野菜の味を知ると、その後野菜が食べられるようになるケースがあります。

りんごやニンジンなどをあまり食べない場合も、ミキサーにかけたり摩り下ろして与えると食べるようになるかもしれません。ただし、果物の場合は糖質が多く、基本的には与える必要がないものです。

野菜のペーストをその都度作るのが面倒な場合は、多めに作ったものを冷凍用の保存袋に薄く延ばして入れて凍らせると、必要な分だけ手で折って解凍することができて便利です。

インコに絶対にあげてはいけない野菜

人間は当たり前に食べている野菜や、体に良いとされる野菜の中には、インコに与えてはいけないものもあります。

タマネギや長ネギ、ニラやニンニクなどのネギの仲間。アボカド、ショウガ、モロヘイヤ、生や未成熟のトマト、ジャガイモなど身近な野菜は注意が必要です。

野菜を与える場合は、飼育本やインターネットなどで情報を確認してから与えるようにしてください。

中には、情報によって「与えても良いもの」とされている場合がありますが、「与えてはいけない」中に入っているものは食べさせないのが確実でしょう。

特にネギ類は、インコだけでなくほとんどの動物にとっては毒のようなものです。食べる量によっては命にかかわりますので絶対に与えないようにしましょう。

インコが野菜を食べないときはどうしたらいい?

インコにも個々に好みや正確があり、野菜を食べたがらないこともあります。

ヒナから育てた場合に、野菜を細かくしたりペーストにして与えていた場合は大人になっても野菜が食べられることが多いようですが、食べ慣れないまま成長すると野菜嫌いになることがあります。

小松菜などの食べら野菜をケージの中に入れておくと、興味を持って遊びながら食べてくれるかもしれません。

よく懐いているインコなら、飼い主が美味しく食べているふりをすると自分も欲しいとアピールしてくることがあります。

普段のエサにペレットを与えている場合は、総合的な栄養が摂れているので「野菜を食べなくても大丈夫」という意見もありますが、できれば新鮮な野菜からも栄養を摂ることで健康管理やストレス発散にも繋がります。

シード類が中心のインコはビタミン不足の心配もあるので、積極的に野菜を与えましょう。どうしても野菜を食べない場合は、ビタミン剤などで補いながら少しずつ野菜嫌いを直すように努力してください。