バスケのシュートフォーム、女子選手のチェックポイントを解説

バスケのシュート率をアップさせるには何が必要か。それはシュートフォームの見直しです。
特に飛距離に悩む女子選手の場合は、シュートフォームを見直し改善することで、必ずシュート率はアップします。
では、どのような点に注意すべきなのでしょうか。チェックポイントとは?
ワンハンドシュート、ツーハンドシュートそれぞれのシュートフォームについて解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンバーグをパン粉なし牛乳なしで美味しく作るコツを教えます

ハンバーグを作る時、つなぎとしてパン粉と牛乳を使うとだいたいのレシピに書いてありますよね。で...

革の手袋はクリーニングに出せる?革手袋のお手入れ方法

革の手袋をクリーニングに出すときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?クリーニング屋...

天ぷらとフライの違いは何?特徴とおすすめの調理法

夕食のおかずに、お弁当の1品に揚げ物をよくするというご家庭も多いと思います。ボリュームもあり食べ...

卵と片栗粉で簡単おやつ、サクサククッキーやもっちりスイーツ

手作りのおやつは安心してお子様に食べさせられますよね。手作りのクッキーを作ることもあると思います...

炊飯器が臭い気がする…。その原因について

お家で炊きたてのご飯を食べるのは、日本人にとって幸せな瞬間のひとつなのではないでしょうか。しかし...

鶏肉を使った弁当を簡単に作りたい。市販の物を使うと便利です

忙し朝にぴったりの鶏肉を使ったお弁当の簡単レシピを紹介します。鶏肉は色々な料理に使える便利な食材...

法事の香典袋で黄色の水引を使うのは関西地区!水引について解説

法事や葬儀の際は香典を用意しますが、地域によっては法事の香典袋で黄色の水引を使用する地域があります。...

家で作るラーメンのトッピング!定番具材や人気の食材を調査

お店で食べるラーメンはさまざまなトッピングがあり、家庭で食べるラーメンとはやはり違いますよね。家...

文鳥の水浴びは冬でもするのか。冬の温度管理や気をつけたいこと

文鳥は水浴びが大好きな鳥で、豪快な水浴びは見ていても楽しいですよね。そんな文鳥ですが、寒い冬...

お腹のぽっこりを隠す着こなし・コーデのポイントで女子力アップ

年齢を重ねるごとに、体型の崩れが気になる女性は多くいます。出産経験がある女性は特に、お腹のぽっこりを...

防音部屋の作り方を簡単に自作出来るものから本格派までご紹介

「市販されている防音部屋は高価だし、自分でも簡単にできる作り方があれば…」と思っていませんか?...

ウーパールーパーの水槽に発生した虫の原因と対策について

ウーパールーパーが元気に育っていると思っていたら、水槽の中に小さな虫が発生しているのを見つけたことは...

犬が怖いと思う気持ちを克服したい!自分でできる犬嫌い克服方法

犬が怖いから触ることができない・犬に近づくことができないという人もいますよね。でも、なんとか犬が怖い...

修学旅行の費用が払えない時の対処法。相談先や捻出方法について

修学旅行の費用が払えない。高校の修学旅行は宿泊数も増え、旅行先も遠くになりますから、費用も多くなりま...

中年でも出来るダイエット!楽ちんな運動と毎日出来る事とは

大体40歳頃から中年と呼ばれるようになっていきますが、そのくらいを境に中年太りを感じていることも多い...

スポンサーリンク

バスケのシュートフォーム、日本女子で多いのはツーハンドシュートだが、世界的にはワンハンドシュートが当たり前となっている

バスケのツーハンドからワンハンドへの移行に苦戦する人も多い

バスケットボールは、チームがシュートを決めた得点によって試合の勝敗が決まります。

シュートを決めるためには、チーム全体のまとまりや守備、攻撃も大切ですが、シュートを決めるためには個人の技術も重要です。

そのため、バスケをしている人の中には個人でシュート練習に余念がないという人も多いでしょう。

シュートスタイルは、女子と男子では違いがあり、特に小学校~中学校というジュニア世代においてはその違いは顕著です。

女子の場合、両手でボールを持ってシュートを打つツーハンドスタイルが多い傾向にあります。

これは、両手でボールを持つことで、ボールにかかる力がワンハンドよりもかかり、安定するためです。

シュートスタイルの主流と言えば、「ワンハンド」ですが、長く両手でボールをシュートしてきた人がワンハンドに移行しようとする時、慣れないスタイルにシュート率が下がってしまうということも多いようです。

この問題は、世界中でバスケをしている人に共通していると思いきや、実は日本特有であるとも言われています。

なぜなら、バスケ大国のアメリカやその他の外国では、バスケをやり始めた小さい時から、女子も男子もワンハンドで練習することが当たり前です。

ワンハンドは、ツーハンドに比べると、シュートを打つ時に打点が高く、邪魔されにくいことや、ワンハンドなので狙いを定めやすいなど、メリットが多く、自分の技術としてモノに出来れば、強みにもなります。日本のプロバスケ界も、選手の技術が年々上がるなど、日本でも盛り上がりを見せるスポーツになりつつあります。そう考えると、男子と女子でシュートフォームを変えるのではなく、ずっと使えてメリットのある「ワンハンド」で技術を磨くのがベストなのではないかと個人的には思います。

女子バスケで注意したいシュートフォームのチェックポイント

バスケのシュートフォームを意識することでシュート率は上がる

シュートスタイルはワンハンドやツーハンド等様々ですが、シュートが決まるシュートスタイルには、共通のポイントがあります。

それは、「ボールの持ち方」です。

ボールは、手の平に空間を作るように持つことで、ボールに適切な力が加えられ、コントロールもしやすくなります。

そもそも、シュートとは、ゴールにボールを入れることです。

シュート体勢に入った時のゴールからの位置、ボールの持ち方、肘の開き具合、それぞれのちょっとした違いで、ボールに伝わる力も変わってきます。

特に女子にありがちな肘の開き過ぎは、ボールに必要のない力がかかってしまうので、注意しましょう。

女子バスケで身に付けたい、ワンハンドシュートのシュートフォームのコツ

バスケットボールの持ち方、肘の角度

ずっとツーハンドのシュートスタイルで来て、ワンハンドへ移行する時、ボールのコントロールが不安定になったり、上手く思ったところへ投げられないということもあります。
誰でも、慣れたフォームから新しいフォームへ変えるのは最初はなかなかスムーズにはいかないものです。

形だけワンハンドに変えても、しっかりボールをコントロール出来ていなければ、当然シュートは決まりません。

大切なことは、自分に合ったフォームを見つけるということです。

ワンハンドシュートは、片方の手を中心に使うため、ボールをしっかりとミートすることもポイントです。

利き手にボールを置く時、正面から見て手の平の形がアルファベットの「Y」のようになるようにしましょう。

手の平全体がボールにベタッと付いているフォームでは、ボールのコントロールが思うようにいきません。

そして、構え方も重要です。

ボールを持った手の肘は、顔の前にくるようにし、肘が広がらないようにします。男子に比べて力が弱い女子は、腕に力が入ることによって肘が開き気味になってしまうこともあります。肘が開いている状態でボールを放っても、思った位置にボールが投げられないので、注意しましょう。

女子バスケで多いツーハンドシュートのシュートフォームのポイント

バスケ女子のシュートフォーム、肘の開きすぎにも注意

スリーポイントシュートなどのロングシュートを打つ時、ボールの飛距離が必要なので、ツーハンドシュートを使う人もいると思います。

ツーハンドシュートでは、両方の手の力がボールにかかるので、まっすぐボールを投げるためには、2本の手にかかる力を同じにすることが大切です。

どちらか片方に力が偏っていると、力がかかっている方向にボールが曲がって飛んでしまうからです。

さらに、ボールを持った時に、両肘が開かないようにすることもポイントです。

バスケ初心者の女子特有の、いかにも女子っぽいフォームになってしまいます。

よく、”脇をしめる”とも言われることもありますが、とにかく肘が開かないように、そしてシュートを打ちやすい位置にボールを構えましょう。

バスケはシュートフォームを見直し反復練習を行うことでシュート率は必ずアップする

バスケのシュートフォームは諦めないで、何度も練習をする

私も、小学校から中学まで女子バスケ部に入って練習に明け暮れていたので、バスケと言えば、試合よりも、練習の時の事を思い出します。小学校まではツーハンドでシュートしていたので、中学に入り、ワンハンドでシュートを決めている先輩の姿を見て、「カッコイイ!!」とワンハンドシュートの練習を始めました。
先輩の姿を真似しながら練習していましたが、最初はまったくシュートが思うように決まらず、やっぱり元のツーハンドでもいいか…と諦めかけもしましたが、もう少しだけ頑張ろうと、コーチや先輩に見てもらってシュートフォームを修正してもらったり、シュート練習を繰り返すうちに、ある日突然シュートが決まるようになったのです。
自分だけの錯覚かな?とも思ったのですが、一緒にプレイしていた同級生も「急に上手くなったね!」と言ってくれたので、気のせいではないということを確信しました。たぶん、この日がワンハンドのシュートスタイルをやっと自分のモノに出来た日で、私にとっては変革の日だったということでしょう。試合で勝利したことや負けたことより、この日のことを今でも鮮明に覚えているくらい、私にとっては印象深い出来事です。
何が言いたいのかと言うと、慣れないシュートフォームでも練習を何度も繰り返すことで、いつか自分のモノになり、シュート率も上がるようになるということです。